まったく新しいカメラ。FUJIFILM X100Fのブラック購入レビュー!

こんにちは。シュンスケです。

先日から「X100Fが欲しい」だとか「X100Fが安いから買うべき」だとか言ってた私。

ようやく買いました。私にとってまったく新しいカメラである、FUJIFILM X100Fのブラックを。

開封の様子と、しばらく使った感想を書いていきます。

FUJIFILM X100Fってどんなカメラ?

こんなカメラ

FUJIFILM X100Fは、フィルムカメラのようなプレミアムな外観と、手に馴染むサイズの、レンズ一体型のコンパクトデジタルカメラ。

大きな特徴は素通しのファインダーと、アナログな操作感のダイヤルです。これはフィルム世代にはとっつきやすく、デジタル世代には逆に新しい、魅力的な構造です。

そんな珍しい特徴を持ちながらも、X100Fは撮れる写真の美しさが一級品で、ユーザーを虜にして離しません。

価格は10〜12万円ほど。その価値は間違いなくあります。

FUJIFILM X100Fは、みんなが買うべきカメラ。

開封

ということで、私の元にまったく新しいブラックのX100Fが届きましたので開封します。新品の開封はいつもワクワクしますね。

Black Noirの文字。Noirはフランス語で、暗黒、正体不明の、というような意味らしいです。

箱の中には、もちろん箱です。

Xの文字型の切れ込み。

X-H1の箱にはこの切れ込みが無くて寂しかったなぁ。)

保証書と説明書。

そしてこの下に…。

本体です。

袋入り。

チラッ。

あ、産まれた…。

外観

ブラック渋い。

渋いぞこれ。

渋っ!

↓写真のX100Fは、これ装着済みです。

↓詳しくはこちら

X100Fの使用感

左手は他のことができる

まるでいままで使ったことがあるカメラのように、しっくりと手に馴染みます。右手だけで操作できるボタンの位置も適切で、まったく迷いません。

これだよこれの画角35mm

換算35mmの画角も、広すぎず、狭すぎない、これだよこれ!という感じ。

X100F, ISO200, F8, 1/125, PROVIA

10cmまで寄れるのも使いやすい。

X-Pro2と比べても一通り小さく、小型のバッグにも楽々収まります。

でも、初期不良っぽい

私のまったく新しいX100Fブラックですけども、どうがんばっても電子水準器が出せなかったり、縦構図で撮っても縦横自動回転再生も効かないし、横向きで記録されたりと、ジャイロ周りに不具合がある個体のようです…。大当たりです。

しかも、早まってレリーズボタンをネジ止め剤で取れない(取れにくい)感じでくっ付けちゃったから、販売店じゃ交換できなそう。かなしい。(みんなもこれには注意だ!)

明日、富士フイルムのサポートに問い合わせて、修理をお願いしようと思います。

追記: レリーズボタン、取れました!販売店で交換することになりました!

まとめ

ということで、X100Fのブラックを購入しました。

このサイズ感とこの使い勝手が欲しかった!そんな感じでお気に入りです。

ここまでしっくりくるカメラが、この世にあることにびっくりしました。

初期不良に当たったけどね!

SDカードやストラップなどの、オススメのアクセサリーまとめました。

→X100Fと一緒に揃えたいアクセサリーです。

去年のX100F開封レビューはこちら

今回買ったブラックとは全く違うカメラ、シルバーのX100Fを開封レビューした記事です。

→胸熱カメラ、X100Fの開封レビューとファーストインプレッション!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!