Cola Blogについて

Cola Blogって?

Cola Blogは私シュンスケが大好きなカメラやガジェットなどについて書く個人ブログです。不定期更新ですが、もしよかったら朝昼晩と1日3回見てください。どうぞよろしくお願いします。

Cola Blogの目標

ブログの収益でカメラ代を賄うこと。

Cola Blogの特徴

  • カメラブログなのに作例がほとんどない
  • カメラでカメラ撮ってるだけ
  • あとで更新します←更新しない

なんでCola Blog(コーラブログ)って名前なの?

名前つけるとき、コカコーラ飲んでたから。

Cola Blogのワードプレスのテーマ

Lightningです。

プロフィール

昭和レトロな俺

こんにちは。シュンスケ(@shunsuke333)です。

熊本生まれ、熊本育ちの現在39歳。4歳、0歳の2人の息子を持つパパです。

中学生時代から遊びをお金に変えて生きてきました。

今はカメラで遊ぶお金欲しさにブログやりました系ブロガーです。

メインの仕事はクリーンルーム関連。副業でウェブサイトも作ってます。趣味はブログ、ギター、ゴルフです。愛する人は妻(若い、可愛い)と息子。

ツイッターやってます (@shunsuke333) ←お願いだからフォローしてください。本当にお願いします。富士フイルムのことを語りましょう!

カメラ歴

突然ですが、カメラマニアなのでカメラ歴を語ります。全部読んでください。

ざっくり書くと、ニコン → ソニー → 富士フイルムです。

NIKON D40

最初に買った一眼レフはNIKON D40でした。流行ってたよねこれ。

2007年に、確か4万円とか。今考えてもお得でいい買い物だった!

NIKON D7000

子供が生まれて、D40をNIKON D7000に買い替えました。中級一眼レフです。

正直画質に差がなかった。この頃は平和だった。

NIKON D600

画質に飽き足らなくなって、D600にも手を出しました。フルサイズの入門機です。

画質ぱねー!

けど今度は大きいカメラを使うのが億劫になって、小型の高級コンデジに手を出しました。

SONY RX1とRX100M3

手に入れたコンデジが、ソニーのRX1とRX100M3です。合わせて30万近くした気がする。

そしたら、驚くべき事実が。

  • RX1の目を見張るような画質は、一眼レフより上。
  • RX100M3のどこにでも持って行けて何でも撮れる性能は、一眼レフより上。

画質も持ち運びも、一眼レフよりコンデジが上。子育て中なら、コンデジ最強説。

そんな流れで、このブログにコンデジと、カメラネタをたくさん書くようになりました。

富士フイルムにどっぷり

いろんなカメラを使った結果、いまでは富士フイルムばかり使ってます。

この富士フイルムX70を使いだしてから、びっくりするくらい他のメーカーが気にならなくなりましたね…。

なぜ富士フイルムが好きなのか

デザイン、サイズ、価格、使い勝手、画質、なにもかもが自分のライフスタイルに合ってるんですよ。

  • デザインは、ただそのへんに置いておくだけでも雰囲気があるし。
  • サイズはこれ以上大きいと引くけど、これ以上小さいとそれはそれで持ちにくくなる絶妙さ。
  • 価格は、庶民の私でも頑張れば一通りは揃えられる位のもの。
  • 使い勝手は、アナログダイヤルをカチカチ回して機械を操る感覚が最高だし。
  • 写真の画質は、手軽さからは想像できないくらい独特の味のある、グッとくるものが撮れちゃう。特に自分の妻や、息子。そして家族。エモい。←これが書きたかった。

もちろん、不満を上げればキリがないですよ!例えばボディ内手ぶれ補正が(X-H1以外に)無いとか、遠景で解像感が足りない気がするとか、大センサーと比べると画質が落ちるとか…。でもそういうの含めて、OK!って感じです。

今使ってるカメラとレンズ

カメラは富士フイルムのミラーレス、X-H1とX-Pro2を使用しています。妻がX100Fを愛用中です。

レンズはXF18mmF2、XF23mmF1.4、XF35mmF1.4、XF35mmF2、XF56mmF1.2、XF60mmF2.4、XF10-24、XF18-55、XF16-55、XF50-140。

ミラーレス FUJIFILM X-H1

富士フイルムのミラーレス、X-H1です。

手ぶれ補正と動画性能で、同社の他のカメラから頭一つ抜けた存在です。

失敗したくないシーンでは一番頼りになります。

ミラーレス FUJIFILM X-Pro2

X-Pro2。かっこいいカメラです。

これを持つと、写真を撮ることが楽しくなります。

コンパクトカメラ FUJIFILM X100F

X100F。これだけは、まじでみんな買うべきだから。

単焦点レンズ FUJIFILM XF35mm F1.4 R

換算50mmの標準レンズです。

使いやすいサイズ感と、ハッとする描写が魅力的なレンズです。屋内で自然光で、息子を、モノを魅力的に撮りたいと思ったら真っ先に手が伸びるレンズです。

単焦点レンズ FUJIFILM XF60mm F2.4  R Macro

換算90mm、フジノンXFで唯一の(ハーフ)マクロレンズ。

これ、XFの中ではそんなに人気のないレンズですけど、ストロボ使って物撮りしたらほんとに雰囲気のある写真になるんですよ。大好きです。

ズームレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR(とX-H1)

XF16-55mmF2.8。大口径標準ズームレンズ。

単焦点に負けない描写で、これ1本あれば大丈夫な最高に頼れるパートナーです。

また、XF16-55mmはX-H1と組み合わせると最強です。大きなグリップで持ちやすく、ボディ内手ぶれ補正で手振れによる失敗とも無縁になります。おすすめ。

アバターの絵について

staro

この絵、実ははがきからスキャンしたものなんです。なので、世界で一つしか無い絵です。

おそらく(*1)、漫☆画太郎先生直筆です。

これを手に入れたのは中学1年か2年だったと思います。(今から4半世紀前ですね…。)私は当時漫☆画太郎先生のファンで、長文でファンレターを送ったんです。

その数か月後、突然1枚のはがきが料金不足で届きました。ハガキ50円の時代に、41円で送ってくる奴が居るなんて、また(*2)イタズラか?!と思ったのですが、裏面を見たところ、なんと直筆の私の絵が描かれていました。

これは9円の価値があると思い、郵便局の方へ支払いました。

こうして晴れてこの絵は私のものになったのでした。

 

(*1)差出人に何も書いてないから。

(*2)中学生の頃料金不足でラブレターが届いたから。もちろんイタズラ

 

以上。プロフィールでした。

もし当ブログの記事が役に立ったら、アフィリエイトリンク(Amazon楽天ヤフーショッピング)から購入してください。購入代金の一部が紹介料として当ブログに支払われ、また新しくカメラが買えます。ありがとうございます。

ご質問やご要望などがありましたら、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

プライバシーポリシー

総則

当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

著作権について

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。引用の範囲を超えるものについては、法的処置を行います。転載する際には、お問い合わせフォームよりご連絡お願いします。

広告とアフィリエイトについて

当サイトはGoogle を含む第三者配信事業者が Cookie を使用して、当ウェブサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信しています。これらの第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)。このプロセスの詳細や、第三者配信事業者にこれらの情報が使用されないようにする方法については、「広告サービスのプライバシーについて」をご覧ください。

当ブログAmazon.co.jpを宣伝し、商品にリンクをすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、アフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラムの参加者」です。

アクセス解析について

当サイトは、ご訪問いただいたた時間、お客様のアクセス元のホスト名、OSとブラウザのバージョン、リンク元のURL、モニターの情報等のパソコン環境情報を収集し、アクセス解析をしております。この目的はお客様が検索サイトからご訪問いただいた場合、どのような検索で当サイトに来訪いただいたかの解析にのみ使用しており、第3者に公開はいたしません。

引用、転載などについて

引用について

このブログは、以下の条件のもと、引用を承諾します。

1 引用部分を「blockquoteタグ」で挟むこと

2 エントリーのタイトルを併記してリンクすること

3 引用部分が従であり、全体の2〜3割程度に抑えること
※文化庁の見解による

転載について

まるまる転載するのは、事前承諾がない場合は許可しません。
無断転載の場合、原稿料として10万円を請求させていただきます。

文章を加筆しての転載、つまりパクリについて

著作権法違反のため、絶対に許可しません。

写真転載について

当ブログでは、撮り下ろした写真も多く使用しております。写真は1枚5万円にて販売しております。無断転載の場合は5万円に5万円の損害金を加えた10万円を請求いたします。

絶対リンクでの写真使用は、こちらのサーバに負荷を掛けますので許諾しません。された場合は威力業務妨害として法的措置を採らせていただき、損害賠償を請求いたします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!