4K144Hzゲーミングモニター、DELL G3223Qを使ってみたのでレビュー

DELLの32インチ4K144Hzモニターというハイクラスなゲーミングモニター、DELL G3223Q。

同クラスの製品が10万円以上という中、このG3223Qだけなんと発売当初6.8万円という破格で売られていました。私もこの価格を見てついポチっちゃいました。

実際はどんなモニターだったか?感想を軽くレビューしてみます。

このスペックで7万円以下って…。だいぶ未来を行ってるね。
DELL
¥116,160 2022/05/02 01:35:52時点 デル公式サイト
目次

DELL G3223Qはどんなディスプレイ?

DELL G3223QS2421HGF
※一般的なゲーミングモニター
S2721QS
※一般的な4Kモニター
サイズ32インチ24インチ27インチ
パネルタイプIPSTNIPS
解像度3840×2160(4K)1920×1080(フルHD)3840×2160(4K)
リフレッシュレート144Hz144Hz60Hz
HDRHDR600非対応非対応
応答速度1ms(GtG)1ms(GtG)4ms(GtG)
最大輝度600 cd/m²350cd/㎡350cd/㎡
色域95% DCI-P3, 99% sRGB99% sRGB99% sRGB
比較対象は低価格モデル。どう違うかの参考に。

G3223Qは、ハイエンドなゲーミングモニター。一般的なゲーミングモニターや4Kモニターと比べると、あらゆる面で優れています。

32インチの大きめな画面サイズ、4Kの高解像度で144Hzという滑らかな表示が可能です。しかも、DCI-P3 95%とクリエイターの使用にも耐えうる広い色域を持っています。HDR600にも対応しているので、動画やゲームで、”太陽光の眩しさ”を実際に感じれるような表現も可能です。

これが6万円台で買えたので驚きです。

なお現在は価格が戻っており、デル直販の販売価格は154,880円でした。(2022/4/12現在)

使用しているパネル

G3223Qのパネルは、AUOのM320QAN02.Cというものです。

AUOはBenQグループで、型番の最後のCはDELLのカスタムモデルを意味しています。パネルの特性から、KSF LED、LGで言うところのNano IPSにあたる製品です。

なお、ライバル機のASUS PG32UQのパネルはAUO M320QAN02.6で、こちらはQLED、いわゆる量子ドットが採用されています。

外観

外観です。スタンドの足元が比較的小さめで、デスクを広く使えます。優秀です。

モニターアームのエルゴトロンLXに装着してみました。

背面は、DELLのゲーミングモニターらしいデザインです。

DELLの24.5インチのゲーミングモニターS2522HGと並べると、親子みたいです。

背面のLEDは動作時に光ります。消すためにはスリープにするか、電源をオフにする必要があります。

下部にDELLのロゴがあります。控えめです。

機能

OSDの操作ボタンは右下背面に並んでいます。押しやすい方だと思います。

本体にはUSBハブとしての機能も備わっています。ダウンストリームポートは本体下部でUSB-Aのみとはいえ、あると便利です。

Windows OS上からDisplay Managerというアプリで本体の制御が可能です。モニターのアップデートもこのアプリから行います。

表示品質

かなり綺麗です。さすが4Kの解像度とDCI-P3 95%という広い色域を持つモニターだけあります。(測定する機材が無いので主観)

なおG3223Qは初期設定のままでは全体的に黄色く、色温度が低めの様子。プリセットで「作成者」にすることでニュートラルな色調にできます。色域もsRGBと、DCI-P3とを選べます。

ゲームに使ってみた

まずはゲームに使ってみました。

元々使っていたのは、BenQのXL2546Kです。XL2546Kは、TN、240Hzの低遅延モニターです。これとの比較になります。

G3223QでフォートナイトというTPSで遊んでみると、遠くの敵に対するAIMがしやすい印象でした。とはいえ、やはり240Hzに慣れた身からすると144Hzはカクカクに感じます。特に振り向きや近距離で敵を見失うことが多いです。

次にモンハンライズというゲームで使ってみると、こちらはシンプルに楽しいです。サイズが広く、美しく、高精細、しかも滑らかに動く画面はまるで没入感が違います。最高。

Macで使ってみた

G3223QをMacで使ってみました。

ちゃんと動けばMacでのゲームもそれなりに快適なのですが、私のMacBook Pro 14インチ(M1 Pro)との相性なのか、設定か、G3223QをMacに接続すると画面の表示ができないことが頻繁にありました。正直なところ微妙です。

どうやら、Mac側がG3223Qを可変フレームレートと認識するのに、その信号をG3223Qは表示できない様子。バグでしょうか。

ちなみにTB3ドック経由のDP接続しか試していないので、他のパターンだと安定する可能性はあります。

公式のDELLのディスプレイ操作アプリも、現状はG3223QはMacに非対応となっているところを見ても、Macで安定して使うまでには、まだ時間がかかるのかもしれません。

こんな人におすすめ

私が使ってみた感想ですが、こんな人に合ってそう、こんな人には合わなそう、というものを書きます。

G3223Q、こんな人におすすめ

  • Windowsで使う
  • ゲームは他人との競争ではなく、ライトに楽しむ
  • 色再現性にそこまでこだわりは無いけど、綺麗だと嬉しい
  • PS5、Xbox Series Xなどで使う

G3223Q、こんな人にはおすすめではない

  • Macで使う
  • ゲームは勝たないとダメ、FPS/TPSガチ勢
  • 色再現性はDCI-P3 98%以上が必須、拘りのクリエイター
  • ゲーム機と接続する予定無し

G3223QはWindowユーザーなら、よっぽどの拘りがある人を除いて、9割以上の人は満足しそうなクオリティです。

まとめ

DELL G3223Qの簡単なレビューでした。

32インチの、デスクに置くと大きいサイズでの4K144Hzは、一度使うと離れられない魅力を感じます。

特にWindowsでのゲームは、これまで使ってきた24.5インチフルHDと比べて、視力が良くなったかのような見えやすさと、世界への没入感がマシマシで感動モノでした。

ちなみに、ゲーム以外でのWindowsでの作業においても、4Kかつ144Hzで低遅延な表示は、クリックひとつとっても全体的にサクサクしたレスポンスで、60Hz環境よりも快適だと感じました。

G3223Q、Macでの動作があやしい以外、かなりの万能選手だと思います。迷ってるなら買いだと思います。(Dell製品なので安いタイミングを狙うとより良いです。)

DELL
¥116,160 2022/05/02 01:35:52時点 デル公式サイト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる