小型で粋な本革カメラバッグ!ONA The Leather Bond Streetのレビュー!

ONAボンドストリートをAmazonで見る

こんにちは。シュンスケです。

またまた、ONA(オーナ)のかっこいいカメラバッグを手に入れました。

ONAのカメラバッグの中でも最小サイズで、カメラをいつも持ち歩きたい人の普段使いにもぴったりなThe Leather Bond Street(レザーボンドストリート)。

もう、完全にマストバイなバッグのレビューです。

ONA The Leather Bond Streetの外観

名前は、レザーボンドストリート。色はアンティークコニャック。

分厚いフルグレインレザーと真鍮という、実に素敵な素材で造られているので、所有する満足感はもう100点、いや120点です。

それぞれ両サイドにはポケットが。私はここによくバッテリーやSDカードを入れます。

背面にもジッパー付きのポケットがあります。

カチャリと心地よい音で付け外せるフラップを開くと…。

中はカメラを守ってくれるしっかりとしたクッションと、1枚のディバイダーがあります。

表側にもポケットがあります。

ストラップには、肩当てがついています。

裏地はスウェードで、滑りにくく快適です。

カメラや財布を入れてみる

この小さめのバッグにはどれくらい入るのか?まずはX-Pro2の場合。

XF18mmを着けたX-Pro2と、XF35mmF2が収まります。

X-H1の場合…。

ディバイダー(仕切り)を取り外して、XF16-55mmとX-H1が、縦にすれば一応は入ります。

パンパンですね。笑。

X100Fの場合。(右に写ってるDAMUEの写ルンですのケース最高でしょ?)

かなり余裕があります。スペースが空くので、財布なども余裕を持って入れることができます。

The Bowery(バワリー)の内容量

ボンドストリート(左)と、同社のバワリー(右)とサイズ感はこんな感じ。

バワリーはより収納力があるので、カメラボディと、レンズ3本が入ります。

X-Pro2と、XF35mmF2、XF56mmF1.2、XF10-24mmの3本を入れました。※付属のディバイダーは1枚のみなので、追加で買う必要があります。

The Leather Bowery(レザーバワリー)の詳細レビューはこちら。

The Leather Bond Streetの使用感

ボンドストリートはかなり小型なので、レザーバッグとはいえかなり軽く感じます。

肩パッドがあるのが地味に嬉しく、長時間の使用で効いてきます。楽。

カメラの取り出しやすさは、やはりメッセンジャーバッグの形状が最高だと思います。

モデル: 最近むちむちしてるあいちゃん

まとめ 小型でかっこいい、普段使いにもおすすめなバッグ

ということで、ONAのThe Leather Bond Street(レザーボンドストリート)のレビューでした。

私はこのバッグを、X100Fを入れて普段使いに使っていこうと思っています。

ONAのバッグって、目で見てもかっこいいですけども、触り心地もいいし、カチャリなんていう留め具の音も心地いいし、革の匂いもまた良いし、味は…まだ食べてませんが、五感が心地いいんですよね。

私はカメラは富士フイルムですけど、バッグはONAですね。バッグもカメラも、五感で満足を感じるお気に入りが見つかると幸せです。

是非みなさんも、ONAかまになりましょう!

セールで安く買えるかも…

ONAのバッグのセール、まだ少し在庫があるかも。よかった見てみて。

ONAのセール情報と、それぞれのバッグについての説明をまとめました。

フォローで更新情報をお届け!

質問待ってます!

富士フイルムのカメラ関連で知りたいことがあれば、記事でお答えしますのでぜひお気軽に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です