FUJIFILM X-H1とX-T2の実機比較。画質編。エテルナ、高感度、手ぶれ補正など。

こんにちは。シュンスケです。

前回書いたX-H1とX-T2の比較の続編です。今回は画質編です。

細かく比較してみました。

X-H1とX-T2で高感度撮影

55mm, 1/4, F8, ISO200, Eterna

X-H1とX-T2の高感度撮影を比較してみました。明るい時間帯です。

レンズはXF16-55mmで55mm、F8。三脚はマンフロットのBeFree、セルフタイマー2秒。

フィルムシミュレーションはPROVIA。

被写体は庭の石です。

拡大した画像で比べてみます。

ISO6400

シャッター速度1/180、ISO6400。

左側がX-H1、右側がX-T2です。

ISO25600

シャッター速度1/750、ISO25600。

ISO25600 RAW

シャッター速度1/750、ISO25600。RAW。

左側がX-H1、右側がX-T2です。

印象 X-H1の方がちょっとだけ良い?

僅差ですけど、X-H1の方がパリッと写ってる気がしました。

ボディ内手ぶれ補正のお陰もありそうです。

↓X-H1でどれくらいのクオリティの写真が撮れるかは、こちらを見てください。

ボディ内手ぶれ補正を、手持ち撮影でチェック

X-H1とX-T2で手持ち撮影しました。被写体は庭の石の横の草です。

レンズはXF35mmF1.4。絞りは5.6。ISOはオート。

シャッター速度1/60

左がX-H1。右はX-T2です。シャッター速度1/60。

シャッター速度1/30

シャッター速度1/30。X-H1の露出補正ミスってた。

シャッター速度1/15

シャッター速度1/15。X-T2ブレてる。

シャッター速度1/8

シャッター速度1/8。X-H1は余裕。

シャッター速度1/4

シャッター速度1/4。X-H1はまだいけるの…?

シャッター速度1/2

シャッター速度1/2。ブレました。

ボディ内手ぶれ補正、最高

手ぶれ補正の差は顕著でした。というかX-T2では1/60でも手持ちは微妙にブレてる気がしてショック…。こんなん見ちゃうと手ぶれ補正無しに戻れないかも…。

X-H1とXF35mmF1.4なら、落ち着けば1/4までなら簡単に止められる印象です。

ボディ内手ぶれ補正があると、色々と楽ができる

X-H1のボディ内手ぶれ補正は本来は動画用。

ですが写真でも様々な面で便利です。例えば上の写真は、手持ちでストロボを使って、液晶面を持つ物を撮りました。シャッター速度は1/8です。

これは手ぶれ補正がないカメラで、手ブレしない程度にシャッター速度を早くすると、液晶面は真っ暗になる場面です。

ですので本来なら、三脚が必要になるのですが、X-H1なら手持ちでラクできます。素晴らしいです。

X-H1のボディ内手ぶれ補正があれば、写真で動きを出すのも楽勝です。

これは右手でカメラを持ちながら、左手で全力で歯ブラシを動かしました。ブレは少しで済みました。シャッター速度1/4。

普通はこんな撮影しませんよね…笑

新フィルムシミュレーションエテルナ

X-H1ではじめて採用された、フィルムシミュレーションのエテルナ。

元々は映画用のフィルムの名前で、あくまで動画用のフィルムシミュレーションとして登場しました。

今回の比較はあえて写真でやっています。

エテルナと他のフィルムシミュレーションを比較してみました。

レンズはXF60mmです。

エテルナ vs プロビア

エテルナ vs ベルビア

エテルナ vs クラシッククローム

エテルナは動画用というだけあって、彩度が低い印象です。写真として使うと、飽きないけれど印象的な不思議な雰囲気があります。

X-H1とXF16-55で、フィルムシミュレーションエテルナを試した記事です。

エテルナで動画撮ってみた

フィルムシミュレーションのエテルナで、いくつかの動画を撮ってみました。

助手席に乗って撮ってみた

手持ちです。ラジオ音声入ってます。XF16-55mm。

手振れ補正がよく効いてます。

ハイスピード動画

ハイスピード動画です。XF60mm。

24p、5倍速。

ハイスピードでもノイズが少なめな印象です。

子供が生まれたので撮りました

生後1週間の子供撮りました。XF35mmF1.4。

かわいいです。(なぞのBGMあり)

まとめ

X-H1とX-T2のの、主に画質を比較してみました。エテルナについても。

今回のまとめとしては、

  • X-H1の方がX-T2よりちょいパリッと写る…気がする
  • X-H1の手振れ補正を経験すると戻れない
  • エテルナ、写真でも雰囲気がある

こんな感じです。

X-T2、改めて優秀だなと思いましたが、X-H1の手ぶれ補正やばいな、と感じましたね…。飼いならされそう。

 

次の記事で、X-H1は結局買いなのかをまとめてみました

結局X-H1はX-T2から買い替えはありなのか?使い勝手や画質から考えてみました。

X-H1の記事をまとめました。

こちらの記事もおすすめ!

FUJIFILM X-H1とX-T2の実機比較。画質編。エテルナ、高感度、手ぶれ補正など。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 有澤J太郎 より:

    「X-H1」のボディ内手ぶれ補正は、かなり優秀ですね!
    特に「アウトドアとカメラが好き」という人には、「三脚は持っていかない!」という選択もできそうです。

    「X-H1」と「X-T2」の撮り比べでは、「三脚」「手持ち」「ISO」「シャッタースピード」など、様々な条件で行ってくださっていることに”愛”を感じました。

    ありがとうございます!

  2. シュンスケ より:

    有澤さんこんにちは!!
    コメントありがとうございます!

    私も三脚は出来る限り持ち出したくないので、手振れ補正はありがたかったです。
    動画も手持ち撮影も全然イケるしで、X-T2からの重量増以上の恩恵を感じています。

    X-H1、実際に使うまではこんなに気にいると思ってませんでしたw丁寧に作られた、良いカメラだと感じてます!

この投稿はコメントできません。