FUJIFILM X-H1は買いか?X-T2からの買い替えはアリ?

Pocket

こんにちは。シュンスケです。

新製品のFUJIFILM X-H1について、プレリリース情報がフライングで出ちゃいましたね〜。

とうとう富士フイルムXマウントも、ボディ内手ぶれ補正を搭載ですよ。外観の写真もGFX 50Sを思わせる大きいグリップや肩の液晶が目を引きます。

ああ、気になる…ということで今回は、X-H1の画像やスペックを並べつつ、これは買いなのか?を考えてみました。

X-H1の外観

Fuji Rumor より

Fuji Rumor より

Fuji Rumor より

Fuji Rumorから画像を持ってきました。小さいGFX 50Sですね。

X-H1のスペック

デジカメInfoにあったプレリリース情報です。

この中でもいくつか気になるポイントをピックアップしてみます。

5.5段分のボディ内手ぶれ補正

X-H1の大きな特徴はなんといってもボディ内手ぶれ補正でしょう。富士フイルムXマウントでは初の搭載です。これだけでも買いといえるのでは無いでしょうか。

手振れをしやすい望遠の単焦点でも、レッドバッジXF16-55でも手ぶれ補正が使えるようになります。

暗い場所でも手持ちでISO200(最低感度)の綺麗な写真が撮れるし、よく見たら微ブレなんて写真も無くなってパッキパキに写る…。あー、だめだ。欲しくなってきた。買いだ。

369万ドットのEVF

ファインダーが綺麗ってだけで、撮影にのめり込めるじゃないですか。X-H1、369万ドットのEVFですよ?現状最強のやつです。GFX 50Sと一緒ですよ。どうするよこれ。買いだ。もう買う。絶対買う。

フィルムシミュレーション ETERNA

キタコレですよ。

ETERNAって、ガチの映画用のフィルムですよ?いくらすると思ってるんですか!(知らんけどたぶん高かったはず)

ETERNAの名前を冠にするってことは、相当に気合入れた動画用のフィルムシミュレーションなんじゃないですかねー?かっこいい画が撮れそう。ワクワクしてきた!

2018年発売予定のXマウントのシネレンズ、MK18-55(40万円)なんかを使えば、もう完璧に映画クオリティなんだろうな…。(何百万もする動画用カメラ、REDやArriに迫るレベルだったり?!)

あ、これを読んだ人だけに大事なことを教えてあげましょう。ETERNAの読みは、エテルナです。エターナとか言わないでください。ETERNAについて語りたくなったら堂々と「フィルムシミュレーション、エテルナはね…」と言いましょう。よろしくお願いします。

4K60Pがない

4K動画では24P、30Pはあるけれど60Pがありません。

この点だけは不安。ハード的にできないのかな?それともファームで出来たり…?

そもそも映画フィルム見たく24Pで撮るもんなのかな?

バッテリー込みの重さが、X-T2比で173g重い

それなりに重くなってますね。

これも使ってみないとわからないね。買うしかないね。

価格は約2,000ドル

X-H1は2000ドルで登場するらしいです。

思ったより安い。(俺感覚がおかしい?)

日本では幾らで出てくるのかは気になるところですが…25万くらいかな…。ちょっと高いけど、買いでしょうこれは!

X-H1について考察してみた

X-H1は欲しい。買いだと思う。でもちょっと冷静になって考えてみます。

動画を撮るならX-H1一択

  • X-H1では4KでのF-Logの記録が、SDカード直でできるようになりました。(X-T2は不可)
  • 200Mbpsでの記録も可能に。(X-T2は100Mbpsまで)

フジXマウントでガチ動画を撮るとしたらX-H1一択になりそうです。

しかも動画用のフィルムシミュレーション、エテルナがあるし、タッチパネルでのフォーカス移動もシネレンズMKレンズと組み合わせたら最強な動画が撮れますね。

ちなみにシネレンズMK18-55がなんでこんなに高いか(40万円)について。それは無音でのフォーカシング、ズーミングの機構だったり、フォーカス時に物体が大きくなったり小さくなったりしなかったり、ズーミングでワイ端からテレ端まで中心点が一切ズレないみたいな、写真用とは違うちょっとややこしい作りになってるからみたいです。このへんは映画用レンズを作り続けてきたフジノンはすごいらしい。

YouTuberのガチ勢が使わないかな〜?

X-T2からの買い替えってあり?

X-T2からの買い替えはどうなんでしょうね!大きめのレンズや望遠レンズを主体に使われている方にとっては、大きなグリップを備えてボディ内手ぶれ補正が付いたX-H1はかなり使いやすくなるので買いだと思います。

逆に軽快なスナップ機としてのX-T2からの買い替えは、大きく重くなるX-H1はちょっと違うかもしれませんね。

今からX-T2を買うのもお買い得

X-H1は、X-T2とは同じセンサーとプロセッサーです。いわゆる同世代の機種になるので、写真を撮るだけで考えると、実質、ボディ内手ぶれ補正の有無くらいしか大きな差が無いとも言えます。

絶対にボディ内手ぶれ補正が必要か…?と言われると、そんなことはない、と既存のフジXマウントのユーザーは思ってる気もします。私も絶対手ぶれ補正が欲しいとまでは思ってない派です。

また、X-T2がX-H1に勝っている部分も実は少しだけあります。ひとつはバッテリー持ちで、X-T2の方がX-H1より良いとされています。EVFのサイズも0.77倍のX-T2の方がほんの少し大きいです(X-H1は0.75倍、ただし解像度は段違いに上)。それに、X-T2は軽く小さいという見逃せないポイントがあります。

手ぶれ補正はいらないよ派にとっては、価格がこなれてきたX-T2は確実にお買い得です。X-H1への買い替えで中古相場が落ちたら尚更…。

X-H1の発売予定は3月、より高画素なX-T3は秋に発売?

X-H1の発売予定はFuji Rumorsによると3月だとか。意外とスグですね…。(お金ないな)

で、X-T2の後継機のX-T3。こちらは秋に発売とのウワサです。X-T3は、X-T2より高画素になった新しいセンサーになるということなので、X-T2から明確なアップグレードをしたいならばこれを待つのもひとつかもしれませんね。こちらにはボディ内手ぶれ補正は無いらしいですけど。(悩ましい)

まとめ

ということで、新製品X-H1について書いてみました。

X-H1、動画用のカメラとしてはモチのロンですが、写真用としてもボディ内手ぶれ補正と、高精細EVF、深いグリップでより一層撮りがいのある楽しいカメラになっている様子です。

自分が使いたいっていうのもあるけど、これで撮られた高品質な動画や写真を見るのがまた楽しみ。

はやく実機に触れてみたいですねー!

次の記事は、正式発表されたX-H1についてです!

きました。X-H1の正式発表!かっこいいいー!発売日は3月1日です!

投稿者プロフィール

シュンスケ自称写真家
30代、熊本在住。カメラが趣味。最近、息子(4)にカメラを向けると顔を背けられるのが悩み。

詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です