FUJIFILM X-T3 レビュー!高速AFで撮れる写真が変わる!高感度、カラークロームエフェクトの作例もあり!

発売日にFUJIFILM X-T3を購入しました。

X-T3は新しいセンサーとプロセッサーで、とにかくAFが高速になっています。画質も低感度(ISO160)で少し良くなった印象を受けました。

進化したX-T3のレビューです。

FUJIFILM X-T3について簡単に説明

FUJIFILM X-T3は、2018年9月20日に発売された富士フイルムのXマウントミラーレス一眼。

絞り、シャッター速度、ISO感度、露出補正がそれぞれ独立したアナログダイヤルで操作できる、フィルムカメラのような操作感が特徴です。

X-T3に搭載されている独自配列のTrans CMOSセンサーは、ローパスレスでモアレを抑えつつ、色の良さでも定評があります。これが今回、第四世代に”深化”しています。

Xマウントに対応する交換レンズは、映画製作用でも知られる世界のフジノンレンズ。

まとめると、フィルムカメラに似たサイズ感で、写真を撮る楽しみ高画質さを両立したかっこいいカメラ、それがFUJIFILM X-T3です。

画像引用元: 富士フイルム公式サイト

開封の様子をシェアさせてほしい

X-T3 Box

ということで、開封をじっくりさせてください。

箱からです。

X-T3 Box and Finger

X-T3 Unboxing

開けました。(ここ、大事なとこです。わかりますよね?)

X-T3 Unboxing 2

保証書と説明書。

X-T3 Unboxing 3

その下にはBluetoothとアプリ。

X-T3 Unboxing 4

あ。

X-T3 Unboxing 5

これは。

X-T3 Unboxing 6

X-T3の…。

X-T3 Unboxing 7

シルバー!

アラ、いいですね

X-T3チラリ

チラ見。

X-T3チラリ2

今回はこんな感じなんだ…。

X-T3チラ3

いいですねぇ…。

外観

X-T3外観

シルバー、かっこいいです。店頭で見た印象より、いぶし銀、のような色味。

レトロな雰囲気がビンビン出ています。

X-T3外観

マウント部の強度が上がっています。レンズを装着する時も、ガッチリハマります。(X-H1のような感じ。)

重いレンズを使う時も安心。

X-T3外観

底部も1枚のカバーが被せられ、強度と美観を手に入れています。

X-T3外観

正面。

X-T3外観

背面。

X-T3外観

上から。

※これらの写真は、ONA THE KYOTOというリストストラップと、クライネというレリーズボタン、X-T2グラファイトシルバーのシューカバーを着けた状態です。

関連記事

こちらの2つの記事も併せてご覧ください。

→X-T3と一緒に使いたいおすすめのアクセサリーのまとめ

→X-T3のブラッシュアップされた外観について、細かく書いています

使用感

X-T3は、センサーとプロセッサーも一新され、処理能力旧モデルのX-T2比で3倍に向上した新しいカメラです。

見た目がそっくりなのでX-T2と全くと言っていいほど同じ感覚で使えますが、恐ろしいほどの性能アップです。

瞳AFの進化が凄まじい

瞳AFの進化っぷりが驚異的です。子供の撮影、ポートレートで圧倒的な力を発揮します。

AF速度もすごい

X-T3と組み合わせると、AFが遅いと言われていたレンズ、例えばXF35mmF1.4でも全く遅いと思えなくなりました。ほとんどのシーンでAFが迷いなく合います。

AF-Cの追従性能もとても良くなり、アクティブな子供のシーンが余裕で撮れるようになりました。

暗い場所でもAFが合う

スペック上で-3EVまで位相差AFが使えるということになっています。実際の使用感としては、肉眼では見えないほど暗くてもAFがしっかり合ってしまいます。

EVFと液晶の切り替えが超速

EVFを覗いたと同時に切り替わり、液晶を見たら既に切り替わってます。DIOのザ・ワールド並みです。(言いすぎた)

USB-Cが便利

最近増えてきたUSB-Cの機材。X-T3もUSB-Cに対応しているのでMacBook Proの充電ケーブルを兼用できたりします。便利だし速い!

→富士フイルム推奨のモバイルバッテリーについてはこちらきに書きました。

作例

X-T3, XF35mmF1.4 R, 1/40, f/1.4, ISO 12800

X-T3が届いたのが夜だったので、夜スナップです。気になる高感度性能ですが、ISOが12800まで上がってもノイズはあまり気になりません。

X-T3, XF35mmF1.4 R, 1/30, f/2.8, ISO 12800

こちらもISO 12800を。(夜外に出ると蚊に噛まれる)

X-T3, XF35mmF1.4 R, 1/40, f/1.4, ISO 12800

ISO 12800で、明るさを持ち上げました。普通に高感度も使えそうです。

X-T3, XF35mmF1.4 R, 1/52, f/1.4, ISO 640

お部屋で。X-Trans CMOS 4は、階調性が一段と綺麗になった印象です。ガラスの感じが美しい。

X-T3, XF35mmF1.4 R, 1/420, f/2, ISO 160

反射も美しい。お家の前のマンホールの水たまりです。

X-T3, XF35mmF1.4 R, 1/10000, f/1.4, ISO 160

ガラスに描かれた楽しい絵。クラシッククロームで。

歪みねえ電子シャッターは、シャッター速度1/32000まで使えます。日中でも絞り開放しまくれます。

X-T3, XF35mmF1.4 R, 1/8000, f/1.4, ISO 160

絞り開放で蜘蛛にAFを合わせて撮ってみました。ソフトフィルター使用。

子供撮りにも最高

X-T3, XF35mmF1.4 R, 1/52, f/1.4, ISO 500

瞳AFの食いつく能力でノーファインダーの片手持ちでも良い感じに撮れます。(手ブレしました。)ソフトフィルター使用。

X-T3, XF35mmF1.4 R, 1/640, f/1.4, ISO 160

AFサクサクなので、XF35mmF1.4付けっ放しで子供撮りが捗ります。

最近ハマってるソフトフィルター使用。

カラークロームエフェクト

X-T3, XF35mmF1.4 R, 1/200, f/1.4, ISO 160

X-T3で追加されたカラークロームエフェクトは、彩度が高く階調表現が出にくい部分に深みのある階調性を加える機能です。

X-T3, XF35mmF1.4 R, 1/52, f/1.4, ISO 800

左がオフ、右がカラークロームエフェクト強です。鮮やかな被写体が、より目で見たイメージに近くなる印象です。

モノクロ調整(温・冷黒調)

X-T3で新たに加わった機能、モノクロ調整は、印画紙と現像液の選択によって表現していた温黒調・冷黒調をデジタルで忠実に再現しています。シンプルな操作で、上の写真のようなクールトーン、ウォームトーンのモノクロ写真が作れます。

まとめ

ということで、FUJIFILM X-T3が届いたよのファーストインプレッションでした

ルックスはいいし、画質も最高。高速AFで子供撮りにも最高。全体的に性能がアップしていて快適です。

何より、写真を撮るのが超楽しいカメラです。

本当に良いカメラだとしみじみ思います。おかげで毎日楽しみがいっぱいです。

X-T3と一緒に揃えたいアクセサリーをまとめました

→X-T3を購入された方、または検討されている方必見の記事です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!

FUJIFILM X-T3 レビュー!高速AFで撮れる写真が変わる!高感度、カラークロームエフェクトの作例もあり!” に対して1件のコメントがあります。

  1. T90 より:

    ブログの記事いつも楽しく拝見させていただいてます。
    X-T3の購入おめでとうございます。自分は最近T2購入したばかりなのでT3を買う事は出来ないのですが、カラークロームエフェクトいいですね。これ本当にいいですね。ぶっちゃけカラークロームエフェクトだけでも買いなんじゃないかと思っちゃいました。
    ここまでくると花や果物など静物撮りに関しては現像処理でも追いつけないんじゃないかって気がします。
    いいなあカラークロームエフェクト。

    T2にファームアップしませんかね(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です