富士フイルムX-T2は9月発売!X-T1からの進化ポイントは?

Pocket

img_main01

おはようございます。Shunsukeです。

先日、X-T2がとうとう発表されましたね。画質はもちろんですが、これまで弱点と言われていた動体AFや動画性能が圧倒的に向上したようです。

フラッグシップで初値165,000円!

X-T2の外観はX-T1と一見同じだが…

pic_04-1

外観においては、世界初の3軸のチルト液晶というのが一番のサプライズですね。これで縦構図でもチルト液晶が使えるようになりました。

pic_08

ダイレクトにAF位置を変更できるジョイスティックが追加され、グリップは形が調整されより持ちやすくなり、ダイヤルも高さが高くなってロック機構が加えられました。外観は一見するとX-T1とあまり変わっていませんが、地味ながら使い勝手を向上させるために細かく手が加えられているようです。この辺りは本気のプロ用としてX-Tシリーズをユーザーと共に育てていく意気込みが感じられます。

熱いなー、富士フイルム。

進化したセンサーX-Trans CMOS III

pic_02

富士フイルムが誇る、独自のカラーフィルター配列でモアレを防ぎローパスフィルターレスを可能にしたX-Trans CMOSも、バージョンがIIIになりました。

高画素化

画素数はこれまでの1600万から2400万へと、一気に50%も増えました。一般的に、画素数が増えると高感度ノイズが増えるといった話も聞きます。が、それによる弊害はほとんど無いことはX-Pro2で証明済みです。むしろ高精細化による画質向上のメリットは計り知れません。

ちなみにこのセンサーは、ミラーレス界最強の動体性能を持つα6300のものをベースにしたものだそう。なのでX-T2も動体に強いことは容易に想像できますね。

画像処理プロセッサX Proseccer Pro

pic_04

画像処理プロセッサも進化し処理速度が向上したことにより、これまでできなかった様々な処理が可能になりました。

  • AF速度と精度の向上を含む全ての動作が高速化
  • 質感豊かなモノクロフィルムシミュレーションAcross
  • 連射速度の向上と暗転時間の短縮
  • 動体AFの動作をシチュエーションによって変化、最適化が可能

などなど。メリットしかありません。

動画性能

動画性能も、明らかにこれまでとはレベルが違うものになってます…。このサンプル動画を見ると、今度の富士フイルムの動画はガチだって伝わってきます。

pic_03

X-T2は、ステレオマイク入力、HDMIでの4k出力、S-Log記録など一気にプロ仕様のレベルまで動画性能を向上させてきました。富士フイルムの動画は微妙…というのはもう過去の話になりそうです。

まとめ

もともとプロカメラマンも使うほどに高い完成度を誇っていたX-T1ですが、今回のX-T2はセンサーの高画素化、プロセッサーの高速化、そしてジョイスティックによる操作性の向上など、使い勝手が向上した完璧なアップグレードと言える内容になっています。確実に買いですね。

その上動画性能も期待以上。もう動画用に他社カメラを用意する必要はなさそうです。

ああ、9月までなんて待てない!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Pocket

おすすめ関連記事

富士フイルムX-T2は9月発売!X-T1からの進化ポイントは?” に対して 2 件のコメントがあります

  1. Damsel より:

    これ良さ気ですね。
    3軸のチルト液晶は縦構図の好きな私には持ってこいです。
    FUJIFILMは、今 最もやる気のあるメーカーではないでしょうか。

    1. shunsuke より:

      最もやる気のあるメーカー、同感です!
      新しいマウントなのに、カメラのスタイルが最初から全くブレないのが好感が持てます。富士フイルムなら安心してついていけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です