かっこよすぎるカメラバッグ、ONA THE LEATHER CLIFTON(クリフトン)のレビュー

レザークリフトン最高だから買おう

こんばんは。シュンスケです。

ずっと欲しかったやつが手に入りましたよ。生きてると良い事があります!

今回はかっこよすぎるカメラバッグ、ONAのTHE LEATHER CLIFTONをレビューします。

外観

今回購入したのは、THE LEATHER CLIFTON(レザークリフトン)のブラックカラー。

深みのある黒で、フルグレインレザーの質感が映えます。端的に言って、カッコイイです。

背面はメッシュ。ベルトもレザー素材です。

長さ調整のところはなめらなかナイロン素材。

ブラックレザーに、真鍮の鋲がステキ。

前面にはジッパーがついたポケットあり。

両サイドには浅いポケット。

収納

中身を取り出すには、一度寝かせる必要があります。

というか寝かせた方が取り出しやすい。

バッグの中にはバッグが2つ入ってます。

取り出すとこんな感じ。

大きい方のバッグにカメラとレンズを入れました。

FUJIFILM X-H1にXF16-55mmを装着した状態がそのまま収まります。さらにXF56mmと、XF10-24mmも追加できました。

X-H1をX-Pro2とXF35mmにすると、もう1本レンズを入れるスペースが空きます。

小さい方のバッグの収納力はこんな感じ。こちらにはX-Pro2+XF35mmF2と追加のレンズ1本がぴったり。

こちらにはX-H1とXF16-55mmの組み合わせは、かなり無理やりじゃないと入らない感じです。

奥には13インチまでのラップトップが入るポケットもあり。

ここの出し入れは少ししにくい感じです。大きな問題ではないですけども。

使用感

実際にカメラバッグとして使用した感想です。まだ持ち出したのは3回ほどなので軽めに書きます。(もっと使ったら詳しく書き直します)

とりあえず、見た目が好みすぎるのでテンションが上がりまくりです。

そして意外と収納力があるのがポイントで、X-H1とXF16-55、XF50-140も余裕で入ります。バックパックタイプで両肩に重量がかかるので、体感では軽く感じるというのも嬉しいところ。

 

前面のポケットにも結構たくさん入るので、あれやこれやと詰め込めます。

マイナス点を挙げるとすると、私は普段中身をさっと取り出せるメッセンジャータイプのバッグを使っていたので、このバックパックタイプのカメラバッグの、中身を取り出す際に一旦バッグを置く必要がある点が、ちょっと面倒に感じました。

とはいえ、バックパックタイプの両手がフリーで荷物が邪魔に感じないことや、軽く感じることは大きなメリットですね。

みんな使うわけだ…。

まとめ

ということで、ONAのTHE LEATHER CLIFTONのレビューでした。

今回のまとめは、

  • さいこう
  • かっこいい
  • 意外とカメラやレンズが入る

という感じです。

これ、半年以上欲しくて、やっと買ったので喜びもひとしおって感じです。ほんとにかっこいいんですよねえ〜〜〜。ただ、アニリンカーフクリーム塗りすぎて若干テカってる感あるんですけどね。まあ時間とともに落ち着くと思うんで、これから大事に使っていこうと思います。

次の記事は、ONAのメッセンジャーバッグのレビューです

半年以上使った、ONAのTHE LEATHER BRIXTONという、カメラ本体にレンズ3本と、13インチのラップトップが入るサイズのカメラバッグ。これも相当かっちょいいです。しかもカメラやレンズの交換も簡単。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!