【レビュー】FUJIFILM X-T30を買ってしばらく使ってみた

こんにちは。シュンスケです。

X-T30をキャッシュバック前の駆け込みに購入してみました。

小型で、X-T3並みの性能を持つX-T30。実際に使ってみてどうだったのかを書いていきます。

まずは開封から…

しばし開封にお付き合いください。

レンズ、XF16mmF2.8も一緒に購入しました。

ということでX-T30を開けていきます。

一番上には保証書など。

カメラと対面です

いつものヴェール(袋)に入ってますね。

ほほう。今回のカメラも綺麗だな。

え、ちっちゃ!

つまめるくらいのサイズだし軽い。

この掌サイズで最新のセンサーなの?

かわいい。

外観をじっくり

黒背景で撮ってみた。かっこいいやん。

右サイド。

左サイド。マイク出力とかUSB-C端子。一番下はミニHDMIですかね?

十字キーがなくなってすっきり。操作性は犠牲になったけど持ちやすさは向上。

軍艦部。オートレバーが特徴的。

軍幹部左側にはモードダイヤルセレクト。

あとフラッシュレバーを倒すと…。

フラッシュがパカっと登場。

小さいながらも高画素なEVF。

AFモードの切り替えはボディ前側下部に。

 軽く使ってみた

ということで軽くて小さい、しかも最新の性能を持つX-T30とこれまた小さいレンズXF16mmF2.8の組み合わせで軽く使ってみました。

庭の花を軽く撮ってみました。XF16mmF2.8、意外と寄れるしボケます。小さいしこれは使いやすいレンズかも。 

カメラ好きの友人たちと遊びに行った時も、X-T30だと軽いのでいつもよりカメラを意識せずに使えました。これは大きなメリットです。

しかも写りはいつもと変わらないって言う安心感もありますからね。お出かけには最強かも。

こんな人におすすめ

X-T30がおすすめな人は…。

  • 普通にいいカメラを使ってみたい初心者
  • 小型高性能なサブカメラを探している方

X-T30はX-T3やX-T4、X-Pro3などに搭載されている最新の高性能センサーが載ったカメラですので、性能は上位機と全く遜色ありません。

ですので、「いいカメラ」がほしい今からカメラをはじめたい初心者の方には本当にお勧めです。

もちろん中級者以上の方でも、この高性能さは重宝すると思うのでぜひ一度試していただきたいです。私の周りで言うと、メインがフィルム機の方がこのX-T30を持っているパターンはよくありました。

逆にお勧めじゃ無い人は…

X-T30以外が良さそうな人を考えてみました。

  • カメラに質感や所有満足感を求める方→ X-Pro3がおすすめ!
  • 手振れ補正や高い機能が欲しい方→ X-T4がおすすめ!

性能だけでなくかっこいいデザイン、日本製だったりのプラスアルファを求めるなら、X-Pro3を検討してみてください。きっと満足が待っています。

X-T30は、メカニカルシャッターが1/4000までだったり、4K60Pに対応していなかったり、防塵防滴でないなど上位機種に及ばない部分はいくつかあります。ボディ内手ぶれ補正もないです。そういった高機能な最強のカメラがほしい方は、2020年4月発売のX-T4がきっと満足させてくれます!

まとめ

ということでFUJIFILM X-T30を使ってみたレビューでした。

  • 小さい、軽い、高性能
  • 機動性抜群で気軽なお出かけに最適
  • 操作性は上位機に比べ若干簡易的

小さなボディに最高の性能がまとまったカメラということで、とても魅力あるカメラです。

これでお出かけは本当にストレスフリーでしたね。家のリビングなんかに置いて、家族の日常を撮るにも適したカメラだと思います。

ダイヤルやボタンが上位機に比べ少ないため、凝った撮影には少し向いていない部分もありますが、カメラをこれからはじめたくて探してるっていう初心者さんや、フジの高性能の小型機がほしいって人には、まさにこのX-T30はぴったりだと思いました。

X-T3と、X-T30を比較しました

X-T30を上位機X-T3と比較したらこんな結果に…。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です