FUJIFILM X-T30と、X-T3を比較。どっちを選ぶ?

FUJIFILM X-T30は、2019年3月下旬に発売される、上位モデルの性能を持ったコスパ抜群のカメラ。

先日もX-T30のことを書いたのですが、この記事では、上位モデルX-T3とX-T30をより掘り下げて、詳しく比較してみました。

X-T30と、X-T3の違い

外観を比べながら、気になる点をチェックしていきます。

正面

 X-T30X-T3
いいところ内蔵フラッシュフロントのボタン
シンクロ接点
マグネシウムボディ
防塵防滴・耐低温
サイズ 118.4 x 82.8 × 46.8mm132.5 × 92.8 × 58.8 mm
重さ383g539g

正面です。

X-T30はシンプルで小型。X-T3は上級モデルらしく、しっかりした造りで防塵防滴、耐低温仕様です。

X-T30には内蔵フラッシュがあります。X-T3は、フロントのボタン、シンクロ接点があります。

背面

 X-T30X-T3
いいところかるい
ちいさい
かわいい
Dパッド(十字キー)
視度調整ダイヤルのロック
測光レバー
ISOダイヤル
液晶モニター3インチ
104万ドット
2方向チルト
3インチ
104万ドット
3方向チルト
ファインダー236万ドット OLED
0.62倍
369万ドット OLED
0.75倍

背面。X-T30はすっきりしてますね。

X-T30はファインダーが小さめです。

X-T3は、高精細なファインダーと3方向チルト液晶を搭載。

X-T30は、うれしいフォーカスレバー付き

X-T30は、Dボタン(十字キー)がなくなりました。そのかわり前モデルX-T20にはなかったフォーカスレバーを搭載

上部

 X-T30X-T3
いいところオートレバーISOダイヤル

上部から。

X-T30はISOダイヤルが省略されていますが、初心者には嬉しいオートモードへの切り替えレバーがあります。

中身は多少違うね

 X-T30X-T3
SDカードスロットシングルデュアル
動画4K30P(全画素読み出し)4K30P(全画素読み出し)
4K60P(クロップ)
F-Log内部記録4:2:0 8bit4:2:0 10bit
連写時の連続記録枚数少なめ多め

上で書いた以外でも、X-T30は、X-T3からいくつかの機能が簡略化されています。(まだ他にもあるかも)

ここはフラッグシップモデルの面目躍如!…とはいえ、これらの機能を使わない人にとっては、単純にX-T30がお得ですね。

X-T30とX-T3、性能は大体同じ

性能は大体同じです。

まず、心臓部のセンサーとプロセッサーが同じ。X-T30とX-T3の、写真画質、全画素読み出しの動画画質、オートフォーカス性能は同じです。

また、今回のX-T30は、X-T3と同じブーストモードも使えるので、AF速度の底上げやファインダーを100FPSにもできたりします。連写の枚数も、最大30枚/秒で同じです。(電子シャッター、スポーツファインダーモード)

もちろんフィルムシミュレーションのエテルナ(映画のような色味で動画が撮れる)や、カラークロームエフェクト(彩度が高い色の被写体でも深みのある色を再現)などの機能も、X-T3と同じく搭載。

今回のX-Trans 4では、センサーとプロセッサーをモジュール化、ファームウェアを共通化できるようにしたとのこと。←これまでは別々にファームウェアを開発してたらしい。

従来以上に同世代のモデル格差がなくなりそうで、ファンとしては嬉しいですね!

価格は?どっちを選んだらいい?

X-T3の約16万円に対し、X-T30は約10万円

なかなかの価格差です。

ですが、X-T30は基本的にX-T3の性能を持っている上に、フォーカスレバー、ブーストモード、全画素読み出しの4K動画撮影機能といった上位モデルの美味しい機能をしっかり引き継いでいます

しかも小型軽量で、オートモードもあります。

なので、X-T30とX-T3のどっちを選んだらいいか?というと、気軽に趣味で写真を楽しむほとんどの人にとってはX-T30で十分なのでは?と思います。

あと、なにか他のカメラ持ってて、サブ機として使うならX-T30が良さそう。

あえて高いお金を出してX-T3を選ぶべき人は、拘って撮影したい人でしょうか。ISOダイヤルをよく使ったり、望遠ズームなどの大きめのグリップが欲しいレンズを多用する人。キレイなファインダーが良い人。防塵防滴が必要な人も。また、連写でずっと撮影をするなら、バッファが多く連続記録枚数が多いX-T3でしょう。あとはフルマグネシウムボディ最高!って人も。

こだわりたいときに、快適なのはX-T3です。

失敗したくない撮影ならX-H1もおすすめ

まとめ X-T30はまじでおすすめというか、ほしい

ということで、X-T30をX-T3と比較してみました。

上位モデルX-T3も最高に素晴らしいカメラなことは変わりありませんが、X-T30は本当にお得です。

最新のセンサーとプロセッサーのモデルが安価に買えるというだけでもお得なのに、フォーカスレバーもあるし、細かいところまで本当に出し惜しみなしです。

写りも富士フイルムなので、撮って出しでいわゆるエモいし、第4世代になって、また一段といい感じになってます。

とにかくおすすめのカメラです。他社カメラをお使いの人も、X-T30でフジを試すといいかも?なんて思います。

ぜひ店頭でもX-T30をチェックしてみてください!

ちなみに私はX-T3に凝った撮影を任せて、X-T30を普段使いのサブに使いたいです。どっちもほしい。

追記: 実機を触れた印象は…

X-T30を実際に触れてみました。(写真撮り忘れた…)

レンズがXF16mmF2.8だったこともあり、非常に軽い印象です。手に持っても、つまむという言葉がピッタリ。

フォーカスレバーが追加されたことで十字キーが消えたのも仕方ないほどにグリップ部にはスペースがありません。

もし私がX-T30を使うなら、別売りのメタルグリップが欲しいと感じました。小型の単焦点なら必要なさそうですが、標準ズームのXF18-55mmと使うとしても、メタルグリップがあったほうがしっかりと持てそうです。

要するに、X-T3に慣れた手にはX-T30は小さすぎると感じました。(使ってみたいことには変わりないけど)

X-T3の購入レビューはこちら

X-T3を購入してレビューしました。X-T30と同じ性能のこれ、いいんですよ〜。AF速いし画質も良い。お気に入り!

投稿者プロフィール

シュンスケ自称写真家
熊本在住。お気に入りの富士フイルムのカメラで、息子の写真を撮っています。

詳しいプロフィールはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です