X100Fを持って、熊本市の江津湖をひとりフォトウォーク

Pocket

こんばんは。シュンスケ(@shunsuke333)です。

先月12月3日の大阪フォトウォーク #たけさんぽから3日後、近所にある江津湖という湖をひとりフォトウォーク…お散歩してきました。

カメラはFUJIFILM X100Fです。

江津湖フォトウォーク

熊本市街地の近くにある江津湖。住民にとってはオアシスのような場所です。

今日はフィルムシミュレーションは使わずRAWで撮ります。カメラの設定は絞りを5.6〜8位にして、マニュアルフォーカスで3〜5mくらいにピントが合うようにして、あとは適当にシャッターを押すスタイルでいきます。

水が綺麗すぎて鳥だらけです。

この透明感わかります?

あ、鳥だ。

撮ります。

鳥がかっこいいので、タイトルは「神々しい鳥」です。

鳥を見つけ次第撮ります。

歩きます。

半円形に埋めてある石。

ベンチに座って、シャッターを押します。

鳥多いな。

鳥多いな。

空にも鳥。撮ります。

足元には枯れ葉。12月6日。

夕方4時ごろ。

江津湖は綺麗だから、走ったり、歩いたりする地元の人が結構います。

ススキって綺麗だなー。

ということで帰ります。

この江津湖を散歩するのは気持ちいい。

毎日でもいいくらい。

江津湖について

江津湖は、熊本市の中心部から南東に約5km。長さ2.5km、周囲6kmの湖です。その湖水面積は約50haで、上江津湖と下江津湖に分かれた『ひょうたん型』をしています。そして、人口70万人を超える大都市でこれだけの湖が市街地にあるのは珍しく、貴重な水生生物や野鳥を見ることもできる、まさにオアシスです。加えて、市民の水道水の100%を天然地下水でまかなう「日本一の地下水都市・熊本」のシンボル的存在でもあります。

公式サイト 水前寺江津湖公園について より

公式から引用してみました。要するに、かなり大きい湖です。私が今回散歩したのは、上江津湖の部分。全体からするとほんの一部です。

全部歩いて回るとしたら…。どれくらいかかるんだろう。2、3時間?

江津湖へのアクセス

水前寺江津湖公園

熊本中心部を走る市電に乗り、「私立体育館前」で降りてすぐ。詳しくは江津湖の公式サイトで。

まとめ

ということでX100Fを持って、熊本市の江津湖を散歩してきました。

マニュアルフォーカスでスナップをするのはテンポが良く、撮れる写真にもオートフォーカスのそれより意外性があったりしてとても楽しめました。あとRAWで撮って好きに編集するのも自由でほんと面白いです。

この江津湖、ホタルだったり、カワセミだったりと写真好きにも人気のスポットだったりします。行くたびに数人はカメラを構えてる人を見かけますね。

ただ歩くだけでも癒されるし、綺麗な場所なのでカメラを持って行っても楽しい。私もまた定期的に行きたいスポットです。

投稿者プロフィール

Shunsuke自称写真家

30代、熊本在住。カメラが趣味。最近、息子(3)にカメラを向けると顔を背けられるのが悩み。

詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です