Ibanez Artwood AW3000というギターについて語ってみる

IbanezのAW3000というアコースティックギターを購入しました。

出来るだけ低予算で、トップ、サイドバック共に単板のものを探して見つかったのがこのギターでした。

約3年ほど使用した感想を書いてみます。

外観

トップ材はスプルース単板。購入から3年、トップは日焼けしていますね。

サイドとバックはマホガニー単板です。

マホガニーのネック。サテンフィニッシュです。

指板、ブリッジ共にローズウッドです。

ナットとサドルは牛骨。

グローバーのゴールドペグ。

サウンドホール周りには、アバロン貝のインレイ。

スペック表

モデル名AW3000
ボディシェイプドレッドノート
トップ材シトカスプルース単板
サイド&バック材マホガニー単板
ネック(仕上げ)マホガニー(サテン)
指板ローズウッド
ブリッジローズウッド
ナット&サドル牛骨
ロゼッタ・インレイアバロン貝
バインディングローズウッド
ペググローバー
カラーナチュラル
付属品ギグバッグ

使用感

このギターは、定価で10万円しないオールソリッド(単板)のアコースティックギター ということで、中国の工場生産することで人件費を抑えてあります。

なので日本製やアメリカ製のアコースティックギターと比べると、所々で作りは荒いです。でもこれは仕方がないことですよね。

プレイアビリティは、届いた状態は少し「?」でしたが、弦高を調整したり、好みの弦を使うといい感じにできました。

サウンドも、ボディ全体が響くオールソリッドの良さがあります。これだけでも価格の価値はあると感じます。

演奏動画

私の買ったAW3000とは少し違う、カッタウェイタイプですが、演奏の動画があったのでご紹介。

とてもいいギターに聞こえます。ある程度きっちりしたギターだと、奏者の腕次第ですね。笑

Ibanez ArtWood AW3000の現行モデルはある?

Ibanezのアコースティックギターで、オールソリッドのものは全て販売終了になった様子です。

AW3000の在庫品が一応売られてはいます。約6万円です。

現行のArtWoodシリーズは、オールマホモデル2つ

現行のArtWoodシリーズでは、オールマホの2モデルがラインナップされているので、ついでにご紹介。

AW54JR

スケール607mmが短く、ボディも一般的なドレッドノートの90%ほどのドレッドノートジュニアサイズ。

トップがマホガニー単板で、サイドバックはラミネートマホガニー。

フィンガーボードとブリッジの素材がオバンコール。珍しいですね。

塗装はオープンポア仕上げ。ギアペグ採用。

AC240

スケール635mm、グランドコンサートボディ。Martinの00-15Mのような渋い外観をしたギターです。

全体的な仕様は上のAW54JRと似た感じ。あ、ギヤペグではないですね。

オールマホで小ぶりなギターという、サブギターとして持ちたいスペックを備えてて、ちょっと欲しいです。

ところで…Ibanezってアコースティックギター も出してたんだ?

アイバニーズって、エレキギターで有名ですよね。実はかなりの種類のエレアコも出しています。そして一部、アコギもあります。ごく一部ですけどね。

アコギの今回紹介したArtWoodは、トラディショナル(伝統的)な製法を大切に作られているシリーズです。

ちなみにエレアコの中には、AE800、AE900という日本製のモデルがあります。製造はフジゲンが行なっているので、品質は折り紙付きですね。気になる。

まとめ いいギターだったな

私はこのIbanez ArtWood AW3000を買う前は、サウンドハウスの5千円ほどのものや、S.Yairiのミニギターといったものしか使っていませんでした。

なのでこのギターが、初めて買った本格的なギターです。

Ibanez AW3000の購入価格は5万円を切っていましたが、とてもいいギターでした。というのも、このギターの弾きやすさや音に慣れてから、たまに行く島村楽器で10〜20万円くらいのギターを弾いてもそんなに欲しくならなかったからです。家のギターと大差ないやん、と思ってました。

…結局、Taylor 314ceという定価で30万円くらいのギターを買いました。これくらいになるとちゃんと差を感じますね。

とにかく、3年使ったIbanez ArtWood AW3000はいいギターでした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です