富士フイルム フジノンレンズ XF18-55mm F2.8-4 R LM OISのレビュー

こんにちは。シュンスケ(@shunsuke333)です。

フジノンレンズ、XF18-55 F2.8-4 R LM OISのレビューをします!X-T10の付属レンズとして入手しました。

XF18-55 F2.8-4 R LM OISの特徴

XF18-55は、35mm判換算で27mmから84mmをカバーした標準ズームレンズ。

F2.8スタート、テレ端でもF4と他社同クラスより明るいのが特徴です。4段分の手ぶれ補正を内蔵しているのも利点です。長さが約7〜10cmで、重量は310gとやや大きい&重め。

レンズには数字は刻まれていませんが、絞りリングがあります。

外観

dscf1699

外装は金属製です。

dscf1698-2

鏡胴の内側の部分はハイグレードな樹脂製。

dscf1697-1

XFレンズ全般に言えることですが、スリットが細かいのでホコリが詰まりがちです(笑)

レンズ本体に手ぶれ補正のオンオフと、絞りのオートとマニュアルの切り替えスイッチがあります。

フード

dscf1701

フードは花形です。

dscf1703

フードを装着した状態はこれ。

XF18−55をXF16−55とサイズ比較

dscf1718

XF18-55(左)とXF16−55(右)。ワイド端。

dscf1720

テレ端。

比べるとXF18−55は小型です。…いや、XF16−55が大きいかも。

カメラに装着

X-T10

dscf1714dscf1715

dscf1770-1

X-T2

dscf9773dscf9774

dscf9779-1

どちらにも問題ないサイズ感ですが、X-T2により似合うかもと言う印象です。

使用感

F2.8スタートで、しっかり効く手ぶれ補正があり、小型。非常に重宝するレンズです。

風景に向いた28mm広角から、ポートレート域の84mmまで幅広く使える画角も嬉しいところです。

ズームリング、絞りリング共にレッドバッジなどと比べる軽い感触です。

スペック

  • 定価81,000円
  • 発売日: 2012年11月17日
  • 焦点距離: 18−55mm (27-84mm相当)
  • 最大撮影倍率: 0.15倍
  • 最小撮影距離: 30cm
  • 最大径: ø65.0mm
  • 長さ: 70.4mm(ワイド端)/ 97.9mm(テレ端)
  • 重量: 310g
  • フィルター径: 58mm

dscf1748-1

 

作例

阿蘇をスナップしました。雲の表情が良い日でした。

フィルムシミュレーションはベルビアを元にしています。よく写るレンズです。というか色が良いです。

自然光が入る屋内で撮りました。プロビアで編集なしです。肌が感じが最高です。

まとめ 期待に答える標準ズーム

ということで、XF18-55mmのレビューでした。

キットレンズというと、一般的には廉価なレンズのイメージですが、XF18-55mmは違います。

外観も金属製で重量もあり、高級感がありますし、写りにも満足です。単焦点レンズのような味こそありませんが、常に期待に答えてくれる印象です。

サイズも価格も手頃で、手振れ補正もあり、写りまで良い。富士フイルムのカメラの画質が良いと言う評判は、魅力的な単焦点レンズと、このXF18-55が作ったと言っても過言じゃないのではないでしょうか。持っておいて損は無いレンズです。

望遠ズームのXF55-200mmはいかがでしょう?

実は一番売れているズームレンズが、このXF55-200mmです。運動会にももってこいなテレ側が換算300mmの高性能レンズです。

XF55-200mmの詳細レビューはこちら。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!