FUJIFILM X-T3のセンサーは、サムスン製では無い

FUJIFILM X-T3に搭載されているセンサーについて、一部でサムスン製ではないか、という噂が出ていましたが、富士フイルムのマネージャーによって完全に否定されました。

FUJIFILM X-T3のセンサーはサムスン製では無い

FUJIFILM UKのマネージャー、Theo Georgiade氏へのインタビュー動画です。

こちらの動画の3分40秒付近から「X-T3のセンサーの噂」についてインタビュアーから質問が投げかけられますが、Theo Georgiade氏は明確に否定しています。

サムスンのセンサーでないことは間違いないです。X-T3は他の全てのX-Transセンサーのカメラと同じ製造プロセスです。」

なぜサムスン製の噂が出たのか?

X-T3のセンサーがサムスン製かも?この噂の元になったのは、2つの理由がありました。

一つは、サムスンがAPS-Cの裏面照射センサーを以前作っていたこと。(このセンサーはSamsung NX1というカメラに採用されています。)

もう一つは「サムスンと富士フイルムが協業して画像センサーを改良」というニュース(これは事実です)からの憶測で、X-T3にもサムスンのセンサーが載ったのでは?という噂になりました。

まとめ

X-T3のセンサーはサムスン製?という噂は富士フイルムによって否定されました。

ダイナミックレンジテストの傾向を見ても以前と同じなので以前と同じメーカーであることが推測されます。

将来的にどうなっていくかは誰もわかりませんが、より良いセンサーが採用されることは大歓迎ですね!

参考: FUJI RUMORS

→X-T3とX-T2のダイナミックレンジテストです。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です