フォートナイトを240FPSで遊ぶために自作PC組んでみた!【ゲーミングPC】【240Hz】

こんにちは。シュンスケです。

最近、フォートナイトというゲームに家族でハマっています

フォートナイトは、流行りの100人で同時に遊んでひとりだけが生き残れるバトルロイヤルゲーム。なんですけど、このフォートナイト、独特の建築しながら戦うというパズル要素があるため、中毒性がとても高いゲームになっているんです。

私は息子に誘われて、はじめニンテンドースイッチや、iMacで遊んでいたんですけど、だんだんハマってきてしまいました。

そして、どうせならゲーミングPCで遊びたいという思い強くなり、とうとう自作PCを組んでしまいました。しかも家族と一緒に遊びたいので同時に2台も…。

ということで、今回私が組んだ自作PCを紹介させてください

フォートナイトのために必要なスペックは?

フォートナイトは、2017年に公開されたゲームです。当時から動作が軽快な(PCの性能を必要としない)部類なので、2021年の今となれば尚更、そこそこのスペックでいけます。

今回の目標としては、FortniteをフルHDの競技用設定で240FPSを出せて、できるだけ安価な自作PCというところです。

つまり綺麗な描写にしたいわけではないので、グラボの性能はそこそこで大丈夫です。ただ、CPU(シングルコア性能)はあまり妥協できません。

私はYouTubeにあるCPUやグラボの比較動画などを参考にしながら、以下の構成で組むことにしました。

  • CPU AMD Ryzen 5 5600
  • M/B AsRock B450M Pro4
  • VGA GeForce GTX 1080
  • Mem Crucial DDR4 3200 16GB
  • SSD M.2 SSD 512GB
  • Wi-Fi & Bluetooth Intel AX200
  • 電源 Antec NeoEco Gold 650W
  • ケース CoolerMaster Q300L

なお家族と一緒に遊びたかったので、ほぼ同じスペックで2台組みました。

CPU

CPUは、AMD Ryzenの一番新しい世代であるZen3の、Ryzen 5 5600Xにしました。Zen3は、シングルコア性能が非常に高く、ゲームに特に向いています。

私はこのRyzen 5 5600Xの前にRyzen 5 3500というCPUを使っていましたが、それだと240FPSで遊ぶには性能不足でした。

繰り返しますが、240FPSなどのハイフレームレートゲーミングの場合は、CPU性能、特にシングルコア性能が超重要なのでここは妥協しないようにしましょう。

おすすめは5600X、5900XといったZen3のモデルです。

Zen3は発熱もそれなりにあります。私の5600Xは付属の空冷クーラーでも十分使えますがファンの音が大きいので、簡易水冷を追加で購入しました。

しっかり冷えつつ、静かになりました。

マザーボード

M/Bは、私はコスパ優先でAsRock B450M Pro4を選びました。最新のモデルではありませんが、BIOSアップデートをすることで、Zen3も使えます。

6コアのCPUである5600Xは安定して動作しているので私はこれを選んでも問題ないと思いますが、よりコア数の多い上位のCPUを使う場合はB550で電源の設計がより強力なものを選ぶ方が安心だと思います。

グラフィックボード

グラボはnVidia GeForce GTX 1080にしました。

これもまたちょっと前の製品ではありますけど、レイトレーシングやDLSSといった機能を使わない場合は、RTX2060と比較しても性能は上で、RTX3060とも差は10%程度でほとんど変わらないのでおすすめできます。

メモリ

メモリはMicron製造のDDR4-3200ネイティブのものにしました。

ハイフレームレートゲーミングでは、実はメモリで結構FPSが変わってきます。こだわるならもっとレイテンシが早いゲーミングメモリを使うのもいいかも。

SSD

SSDは家にあったものを使っちゃいました。リード2500MB/s位のモデルです。

ゲームのロード時間に直結するパーツです。

無線LANカード

ネットワークアダプタはインテルAX200のものを取り付けました。とはいえゲーム用PCなので当然有線LANで繋ぐため、無線LAN機能は不要です。もしかしたらBluetoothでなにか繋ぐかも、って感じでつけました。

電源

電源はAntecのGoldで650Wにしました。

製造はSeaSonicなので安心です。

なお650Wは、RTX3070や6700XTの推奨電源容量です。

ケース

ケースはCoolerMaster Q300L。作業性も作りも良く、グラボも36cmまで入るので良い感じでした。

日本国内ではあまり評判は良くありませんが、米国Amazonなんかを見ると普通に高評価です。問題ないと思います。

こんな感じになった

1台目。赤く光らせてみた。

2台目。RGBファンにしてみた。

光ることにはこだわりが無かったけど、いざやると楽しいので次組む時ははARGBとかにして凝ってみたいかも。

かかった金額は…

種類名前金額
CPURyzen 5 5600X35,000
CPUクーラーML240 RGB9,000
マザーボードAsRock B450M Pro49,000
メモリCrucial 16GB (8GBx2)8,000
グラフィックボードGeForce GTX 1080 (中古)25,000
SSDM. 2 NVMe SSD 512GB8,000
無線LANカードAX2003,000
電源Antec Gold 650W8,000
ケースQ300L5,000
OSWindows 10 Home15,000
総額125,000

かかった金額はこんな感じです。1台で125,000円ってところ。コスパ重視でパーツを選んだのでかなり安価に仕上がりました。

ゲーミングデバイスにも拘りたい

どうせゲーム用にPCを組むなら、マウスやキーボードもゲーム用にしたいところです。

私は以下のものを買いました。

  • モニター Zowie XL2546K と Alienware AW2521HF
  • マウス Logicool G502WL と G703h
  • キーボード Ducky One 2 mini 銀軸
  • ヘッドホン beyerdynamic DT990Pro、Sennheiser PC38X
  • マイク Shure MV7
  • オーディオIF Audient iD4 MkII

モニター

モニターの1台はXL2546Kにしました。240Hz/TNというスペックです。プロゲーマーの大会によく使われるガチの競技用で、とにかく残像感が少ないのが特徴です。使用感は言うなればCRTモニターと言ったところ。アジアでの定番品のようです。

もう1台のモニターはDELLのAW2521HFにしました。240Hz/IPSです。

こちらも大会での使用実績があるハイクラスのものです。IPSで非常に美しい映像が240Hzで滑らかさで動くので、ゲームへの没入感が凄いです。米国での人気が高いモデルです。

マウス

マウスは一つ目がLogicool G502h WL。

比較的重めのマウスで、ハイセンシに向いています。私がミドル〜ハイセンシが好みなので、テフロンソールと、テフロンのマウスパッド(AirPad ProIII)と組み合わせて使っています。

もう一つはLogicool G703です。

軽量で高コスパの定番マウスです。こちらはローセンシで遊ぶ感じのセットにしてみました。クロスのマウスパッド、G640tとの組み合わせは非常に快適です。

キーボード

キーボードはDucky One 2 miniの銀軸にしました。

ルックスが好みです。ゲーミングキーボードの中でも作りがしっかりしていて、13000円〜14000円という価格が安く感じるほどに出来が良いです。

ただこのサイズのキーボード、慣れの問題ですけど、間違ってゲーム中にESCキー押しちゃう…。

もう一つも同じ銀軸ですが、カラーを白にしました。

ヘッドホンとマイクと、オーディオインターフェース

ヘッドホンはbeyerdynamicのDT990Proです。

音楽スタジオで使われるドイツ製のモニターヘッドホンですが、人気のストリーマー、Ninjaが使っていたことでも有名です。

高音にちょっとした強調感があり、フォートナイトのプレイ中でも敵の足音がわかりやすい印象です。

軽量でつけ心地が良いのも嬉しいポイントです。

マイクはShure MV7。

温かみがある、かつ聞きやすい音声で配信できます。

AudientのiD4MkIIです。

ゲームというよりDTM向けの製品ですが、ゲームに使うと定位が良いので敵の足音の方向が分かりやすいです。

またヘッドホンの駆動力が高く、マイクプリもディスクリートで組んであるため、音質にはとても満足できます。

上で紹介したbeyerdynamic DT990ProとShure MV7を組み合わせて使用中です。

ヘッドセット

ヘッドセットはSennheiser PC38Xを使用中。

Dropというサイトで購入できる、完全にゲームにフォーカスされたデバイスです。実際に使うとゲームも音楽も、マイク性能も、そして付け心地も、さすがSennheiserといったクオリティです。とても$169で買えるとは思えないパフォーマンスです。

上のヘッドセットとの組み合わせは、EPOS GSX1000にしました。

7.1chソースを内蔵DSPでバイノーラル再生してくれます。空間を感じるサウンドで楽しく遊べます。

ゲーミングデバイスの価格は…

種類名前購入価格
ディスプレイAW2521HF38,000
マウスG502WL15,000
マウスパッドAirPad Pro III 超大5,000
キーボードDucky One 2 mini 銀軸14,000
パームレストFILCO3,000
オーディオIFEPOS GSX30030,000
ヘッドセットDrop PC38X20,000
総額125,000

かかった金額は大体125,000円。

自作PC本体とあわせて1台あたり25万円くらいです。

実際にこのゲーミングPCで遊んでみた感想は?

実際に上の方で書いたスペックで組んだゲーミングPCで、フォートナイトを240Hzモニターで遊んでみた感想は、かなり満足です。

上のグラフはゲーム中のFPSですが、最初のバスでの移動や画面切り替えで大きなFPSの落ち込みが見られますが、肝心のゲーム中はほぼ240FPS付近は出ている状態です。なお、画質の設定は競技用設定と言われているものにしています。

もし完全に240FPS張り付きにしたいなら、グラボをアップグレードしたほうが良いようです。

またゲーミングマウス、ゲーミングモニター、あとルーター(後述)と良いものを揃えることで、近距離の打ち合いで勝ちやすくなったように思います。

後日、パーツをグレードアップしました

種類名前価格
CPURyzen 5 5600X
CPUクーラーML240 RGB
マザーボードB550 Steel Legend15,000
メモリBallistix DDR4 3200 8GB x 212,000
グラフィックボードTUF Radeon 6700XT95,000
ストレージCrucial P5 Plus 500GB13,000
電源Antec NeoEco 650W Gold
ケースSilencio S600 TG10,000
145,000

後日、全体的にPCのグレードを上げてみました。元々快適でしたが、さらに動作が滑らかになった感触です。改めて、価格を考えると最初の構成は正解だったと感じています。

また、ケースを静音使用のものにしたので、ヘッドセット使用時にもPCの動作音が気にならなくなりました。

他にゲーム用に使っているもの

ここではゲームで使っているデスク、チェア、ルーター。ゲーミングノートと言ったものを紹介します。

チェア

チェアはハーマンミラーのエンボディチェアです。

元々は在宅ワーク用に購入したものですが、ゲームでも活躍しています。近頃ロジクールが同じモデルのゲーミング用を出したので、実質ゲーミングチェアですし。

これ、いいお値段しますけども、結構調整方法と座り方に癖があるので試座じゃわからない良さがあります。自宅でしっかり調整して座ると感動ものです。おすすめ。

もう一つはハーマンミラーのセイルチェアです。同社ラインナップの中では価格は抑えてありますが、座り心地は快適そのものです。

デスク用のチェアは調整機能が大事ですが、このセイルチェアも座面の昇降、アームレストの昇降といった一般的な機能のほかに座面を前後できたりするので、自分の体型にぴったり合わせることができます。

余談ですけど、私のようにフローリングでハーマンミラーのチェアを使うなら、ウレタンキャスターにすると超滑らかに動くようになります。

私が使っているのは↓のものですが、バッチリ適合しました。

デスク

デスクはFantoni GTです。

最近は天然木デスクが人気ですが、個人的にはこういうガッチリした重量級のデスクも好きです。傷と無縁なメラミン化粧板仕上げも頼もしいです。

ルーターも大事かも?!

フォートナイトのような対戦ゲームは回線が大事ですよね。同じスキルならPing(サーバーとの遅延)の差で勝敗が決まるかもしれません。

私は現在、TP-LinkのDECO X60というメッシュWi-Fiのルーターを使用しています。このX60を使うと、以前の同社M5よりもPingが改善されたように思います。有線での接続にも関わらずです。

まとめ 自粛期間は、フォートナイトとゲーミングPCで乗り切れる

ということで、フォートナイトというゲームのために自作PCを作ってみたって紹介と、実際に使った感想を書いてみました。

家族で、家の中で、思う存分フォートナイトを遊べる環境を手に入れたので、このコロナ禍の自粛期間も乗り越えれそうです。

2台組みましたけど、自作PC本体の価格を控えめにしたおかげで、モニターなどのゲーミングデバイスにこだわることが出来たのも、楽しく遊べるというところに繋がったのかな、という感じです。

最近はゲーム需要で自作PCが盛り上がってるらしいです。確かに実際に家にあると毎日が楽しいので、興味ある方は早めに組んでみるのをぜひおすすめしたいです。

そしてもし家庭内に同じゲームを楽しむ人もいるなら、2台、3台と組めば楽しさが何十倍にもなるのでマジおすすめ!

組むのめんどい人はLenovoなどの信頼できるショップがおすすめ。グラボが高騰している今、下手に組むより安いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です