フォートナイトのために自作PCを2台組んでみた【ゲーミングPC】

こんにちは。シュンスケです。

最近、フォートナイトというゲームに家族でハマっています

フォートナイトは、流行りの100人で同時に遊んでひとりだけが生き残れるバトルロイヤルゲーム。なんですけど、このフォートナイト、独特の建築しながら戦うというパズル要素があるため、中毒性がとても高いゲームになっているんです。

私ははじめニンテンドースイッチや、iMacで遊んでいたんですけど、どうせならゲーミングPCで遊びたい、って思いが強くなり、今回、自作PCを組んでみました。しかも家族と一緒に遊びたいので同時に2台

ということで、今回組んだ自作PCを紹介させてください

フォートナイトのために必要なスペックは?

フォートナイトは、2017年に公開されたゲームです。当時から動作が軽快な(PCの性能を必要としない)ゲームの部類なので、2021年の今となれば尚更スです。 

私はYouTubeの比較動画などを参考にしながら以下の構成で組むことにしました。

  • CPU AMD Ryzen 5 3500
  • M/B AsRock B450M Pro4
  • VGA GeForce GTX 1080
  • Mem Crucial DDR4 3200 8GB x 2
  • SSD M.2 SSD 512GB
  • 電源 Antec NeoEco Gold 650W
  • ケース CoolerMaster Q300L

今回は、240Hzという1秒間に240回の書き換えが行われるモニターを使ってフォートナイトを有利に楽しみたい(&できるだけ安価にしたい)という目的もあるので、こんな感じになりました。

全く同じスペックで2台組んだのですが、価格はグラフィックボード(VGA)を中古にすることで、OSを含めても1台あたり9万円位で済みました。

(ちなみにですけど、グラフィックボードの中古は当たり外れがあるので、よく鍛えられているシュンスケ以外にはあまりお勧めできません。)

↑自作めんどくさそうって人は、この辺りを買っておけばフォートナイトは余裕です。

ゲーミングデバイスにも拘りたい

PC本体だけだと、ゲームはできません。なのでこだわりのゲーミングモニター、マウス、キーボード、そしてヘッドホンも揃えました。

  • モニター Zowie XL2546K と Alienware AW2521HF
  • マウス Logicool G502h と G703h
  • キーボード Ducky One 2 mini 静音赤軸 と 銀軸
  • ヘッドホン beyerdynamics DT990Pro
  • オーディオIF Audient EVO4
このキーボードかわいいよねわかる。ふもっふのお店で買えます。

モニター、マウス、キーボードは、好みがあると思うので少しだけ変えてみました。2セット作って、好みの方を選べるようにしたいという気持ちです。

ヘッドホンは2台とも一緒にしました。

なおこのあたりは詳しく書くと長くなるので、また別の記事で…。

そしてこれらゲーミングデバイスの気になる価格は、2台分で20万円ほどでした。

本体と合わせると1台あたり20万円、計40万円です。これで楽しくフォートナイトができると思うと、格安と言わざるを得ません。

実際にこのゲーミングPCで遊んでみた感想は?

実際にこのスペックで組んだゲーミングPCで、フォートナイトを240Hzモニターで遊んでみた感想ですけど…もうかなり満足です。

大抵の場所では200FPS以上は出ますし、特に近距離の撃ち合いでは、上限値の240FPS(フレーム・パー・セコンド)に張り付くので勝率がかなり上がりました。(画質の設定はLOWの状態で3Dと距離をEPICにする競技用設定)

特にXL2546Kというプロが使う残像感が一番少ないモニターを使うと、明らかに相手よりも自分の方がよく見えてる、という印象でズルいくらいです。

また、2人でチームを組んで遊ぶモードのデュオというのがあるんですけど、これを2台並べたゲーミングPCで妻と楽しむともう最高の体験です。もう子育てなんてやってられないです(嘘)。

実はこれまでもスイッチライトの妻と、iMacの私という組み合わせでデュオをしたりはしていたのですが、全く見えているものが違うのでコミュニケーションがとても取りにくかったんです。

それが今はお互いほぼ同じスペックのゲーミングPCで遊ぶので、同じ景色が見えて、同じ世界を共有できます。前は勝たないと楽しくなかったんですけど、今は負けても楽しいという状態です。正直、最高。

↑これ以外使う気がなくなる、ZOWIEのゲーミングモニター。

まとめ 自粛期間は、フォートナイトとゲーミングPCで乗り切れる

ということで、フォートナイトというゲームのために自作PCを作ってみたって紹介と、実際に使った感想を書いてみました。

家族で、家の中で、思う存分フォートナイトを遊べる環境を手に入れたので、このコロナ禍の自粛期間も乗り越えれそうです。

ちなみに今回私が組んだ自作PCは3年前のハイスペック、くらいの性能なんですけど、3年前のゲームであるフォートナイトで遊ぶためのものなので、必要十分でした。(でももっと良いパーツ欲しい、早速)

自作PC本体の価格が控えめだったおかげで、モニターなどのゲーミングデバイスにこだわることが出来たのも、楽しく遊べるというところに繋がったのかな、という感じです。

最近はゲーム需要で自作PCが盛り上がってるらしいんですけど、実際に家にあるとかなり楽しいので、興味ある方は早めに組んでみるのをぜひおすすめしたいです。

そしてもし家庭内に同じゲームを楽しむ人もいるなら、2台、3台と組めば楽しさが何十倍にもなるのでマジおすすめです。

↑本当はこのCPU欲しい(なぜか転売価格のものしかない)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です