私のブログでやってるブツ撮りの方法はこれです!

Pocket

こんにちは。シュンスケ(@shunsuke333)です。

みなさん、私のブログを見てこう思ったことありません?「このブログのブツ撮りの写真ってキレイだな」と。

思ってますよね?でしょ?(思ってなくても思ってることにして)撮り方が知りたい?もう仕方ないな〜。全部教えますよ!

ということで、私のブツ撮りに使ってる道具と、撮り方をザッと書きます!

※あくまで素人の私がお気軽に試行錯誤したやり方なので、大いに間違ってると思います。それ込みで見てくださいね!

私のブツ撮りについての考え方

今回はあくまで私の撮り方の話なので、私のブツ撮りに対する考え方から大発表させてください。

実は私、ヤフオクで1000件以上の取引をしてきました。9割は販売側で、大体は海外から輸入したものを売ってました。そんな中で商品写真のクオリティが売れる数や価格に大きく影響することを学びました。

つまり私の写真は、そういった個人売買でできるだけ多く、高く買ってもらいたいっていうのの延長です。

写真にはいろんな考え方があると思いますが、私は商品の欠点も写すようなものが正直でいいのかな、と思ってます。ということで私はストロボ人口光バリバリな撮り方をしてます。

下に行くほど使う道具が増えて、少し凝った撮り方になっていきます。

撮り方その1 天井バウンス

ストロボを使った、一番楽な方法だと思います。バウンス撮影です。

  1. カメラ(X-T2)にストロボ(i60A、i40など)を載せる。ストロボは天井に向ける。
  2. カメラの設定をISO200、シャッター速度1/60〜1/250)、絞りはF5.6〜8。
  3. 手持ちで撮る

※これをやる場合は白い天井の部屋にしてください。

ストロボを使うと、なぜキレイに撮れるのか

画像のJPEG(無圧縮)はクリックで表示されます。

次の撮り方の説明をする前に、ストロボを使うとなぜ簡単にキレイに撮れるかを書きます。

  • ストロボ光は一瞬の閃光。それ以外の時間はカメラにとって真っ暗。ゆえに手ブレの心配がない。
  • 絞り値F5.6〜F8くらいが、レンズの性能が一番いい。
  • ISO200(X-T2の最低感度)が、一番画質がいい。

つまり、ストロボを使うだけで、屋内でもカメラやレンズにとって画質が一番いい状態で撮れます。

※感度については、カメラ各々の最低感度にしてください。

私の使ってるストロボは、ニッシンi40と、i60Aです。

 

撮り方その2 無線コマンダーを使って天井バウンス

ストロボって実は結構重いんです。なので、カメラに乗せたら手が疲れた〜ってなります。

そんな時は、無線コマンダーと対応ストロボを使うと楽できます。重いストロボをカメラに載せる必要がなくなるわけです。

私はこの無線コマンダー使ってます。

撮り方その3 ソフトボックスで柔らかい光を


ブツ撮りに凝りだすと、影のつき方や写りの自然さを求めてもっと柔らかい光が欲しくなります。こういう時は、ソフトボックスと呼ばれるものを使うと楽です。

ソフトボックスを使って撮ると、どこぞの業者みたいな全体に光が回り込んだ写真が撮れるようになります。

ちなみにソフトボックスは、大きければ大きいほど光が柔らかいです。

私の使ってるソフトボックスはこれです。60cm x 90cmのもの。2000円くらいで安い。

ソフトボックスを使うためには、ライトスタンドアンブレラホルダーも必要です。

撮り方その4 ブームアームでさらに柔らかく

光は、近ければ近いほど柔らかいという特性を持ちます。つまり、ソフトボックスを思いっきり被写体に近づけると柔らかくなっていくわけです。

ブームアームという道具を使うと簡単に被写体にソフトボックスを近づけることができます。

ブームアームはこれ使ってます。3000円。

で、実際どんな感じなのか

最後に撮影の様子を書きますね。

テーブルの上にPVCの背景紙をクリップでセットして、上で紹介したソフトボックス、ブームアームを使って光が被写体に好きな角度で当たるようにセット。

あとはレンズとボディにとって綺麗に撮れる設定でパシャパシャ撮るだけ!

すると、こんな感じでかっこよく撮れました!

まとめ

いかがだったでしょうか。

部屋が白い天井なら、ストロボを使ってバウンス撮影が一番楽に綺麗に撮れるんじゃないかなと思います。

ソフトボックスとブームアームを導入したら、たぶんこのブログのブツ撮り綺麗とか言われちゃいます。(俺言われたし〜)

今回はあくまで私のやってることを書きましたが、撮り方は100人いたら100通りあると思うので自由に楽しくやればいいんじゃないかなと思います。

Photograph(写真)は、Photon(光)のGraph(図)からの造語で、ストロボを使った撮影はこの光の図を楽しむ近道だって誰かが言ってました。とりあえずストロボ持ってると楽しいので買いましょう。

富士フイルムのストロボの記事は以下に書きました。参考にしてみてください。

投稿者プロフィール

Shunsuke自称写真家

30代、熊本在住。カメラが趣味。最近、息子(3)にカメラを向けると顔を背けられるのが悩み。

詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です