ブラックミストNo.1をXF35mmF1.4に着けてポートレートを撮ってみた!

こんにちは。シュンスケです。

ポートレート撮影、好きですか?好きですよね!

今回は話題のソフトフィルター「ブラックミストNo.1」をXF35mF1.4 Rに装着して、人物を撮ってみました。

独特の描写が楽しいですよこれは!

ブラックミスト No.1とは?

テレビや映画の世界で使われていた「ブラックミスト」フィルターを写真用に転用

光の回折により、ハイライト部とシャドー部のコントラストを弱め、くせのないソフト効果をつくります。

ブラックミスト No.1 / ケンコートキナー

ブラックミスト No.1は、ケンコートキナーが出しているソフトフィルター。画面を白っぽくしないソフトフィルター、というのが他にない特徴です。

露出倍数は約1.25倍と、1/3絞り分暗くなります。また、フィルターの効果は焦点距離が長くなるほど効果が薄まります。

詳しくは公式サイトへ。

↓XF35mmF1.4のフィルター径は52mmです。

XF35mmF1.4と、ブラックミスト No.1の作例

さっそくブラックミストNo.1を、XF35mmF1.4に取り付けて人物を撮影しました。

※画像は、Litghtroomのクラシッククロームを適用しています。トリミングと露出以外は無加工です。WBは撮影時(オート)。カメラはX-T3です。

逆光でコントラストが低下しやすい感じ。

ふんわり感。

光にかかわらず、フィルターありだと、パキッとは写らない感じです。柔らかい。

木陰で撮ってもどこかソフトな雰囲気に。

YASHICA Y35を持ってもらいました。

ブラックミストNo.1は、メーカーの言う通り、コントラストが弱めのソフト描写になります。たのしい。

機会があれば光が柔らかい早朝、夕方にも撮ってみたいところ。

参考: フィルター無しだとこんな感じ

ブラックミストNo.1無しだとこんな感じです。

パッキリで見慣れた描写ですね。こっちもイイ!

model: kie

ソフトウェアフィルターのVSCOとの相性が良い

こちらのアイキャッチにも使った写真、ブラックミストNo.1と、VSCOを組み合わせたものです。

これがまた、良い感じの雰囲気が出ます。

物理的なフィルターは、VSCOのようなソフトウェアのフィルターと比べると画質の劣化が少ないため、こういった使い方で自分独自の”作風”を作ることも。たのしい(2回目)。

まとめ ブラックミストNo.1は、あそべる必携アイテム

ということで、ブラックミストNo.1で人物を撮ってみました。

撮って出しそのままでも雰囲気十分ですが、加工素材として使うとまた魅力的ですね。

ブラックミストNo.1人物の撮影にも適したソフトな描写でフィルムシミュレーションやVSCOとの相性も抜群、それでいて価格も安いのでカメラ好きには必携のアイテムです!

そもそも、あの保井さんが使ってるし、そりゃ買うよね。

ヤシカY35って小物として役に立つかも

カメラとしては正直どうかと思う部分があれど、今回、撮影の小物として使ってちょっとアリだと思いました。

投稿者プロフィール

シュンスケ自称写真家
熊本在住。お気に入りの富士フイルムのカメラで、息子の写真を撮っています。

詳しいプロフィールはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です