ブラックミストNo.1をXF35mmF1.4に着けてポートレートを撮ってみた!

こんにちは。シュンスケです。

熊本の富士フイルムユーザーみきおさん(@ig_miiiikio)に誘われ、朝活(撮影会)に参加しました。

今回はソフトフィルター「ブラックミストNo.1」をXF35mF1.4 Rに装着して撮ってみました。

ブラックミスト No.1とは?

テレビや映画の世界で使われていた「ブラックミスト」フィルターを写真用に転用

光の回折により、ハイライト部とシャドー部のコントラストを弱め、くせのないソフト効果をつくります。

ブラックミスト No.1 / ケンコートキナー

ブラックミスト No.1は、ケンコートキナーが出しているソフトフィルター。画面を白っぽくしないソフトフィルター、というのが他にない特徴。

露出倍数は約1.25倍と、1/3絞り分暗くなります。また、フィルターの効果は焦点距離が長くなるほど効果が薄まります。

詳しくは公式サイトへ。

↓XF35mmF1.4のフィルター径は52mmです。

XF35mmF1.4と、ブラックミスト No.1の作例

さっそくブラックミストNo.1を、XF35mmF1.4に取り付けて女子を撮影しました。

※画像は、Litghtroomのクラシッククロームを適用しています。トリミングと露光以外は無加工です。WBは撮影時(オート)。カメラはX-T3です。

フィルターありだと、パキッとは写らない感じです。柔らかい。

YASHICA Y35を持ってもらいました。ありなカメラに見える。

ブラックミストNo.1は、メーカーの言う通り、コントラストが弱めのソフト描写になります。ポートレートに向いてる印象です。

機会があれば光が柔らかい早朝、夕方にも撮ってみたいところ。

参考: フィルター無しだとこんな感じ

光もレンズも違いますが、フィルター無しだとこんな感じです。

パッキリで見慣れた描写です。

追記: ブラックミストNo.1を使った作例

これ以降の作例は、クラシッククロームをベースにコントラスト・シャドウをいじってます。

みきおさん。

熊本富士フイルムユーザーの会(仮)

富士フイルムユーザー、Apple Watch大好き説

この日は朝7時に江津湖へ集合。

総勢6人で、ゆるく撮影会を行いました。

ちなみに私は人物を撮るのは家族や友人以外では初で、全く勝手がわかりませんでした。ブツ撮りとなにかが違う…。

みきおさんの使い込んだボノかっこいい…。

まとめ ブラックミストNo.1は、ハマると良い感じ

ということで、ブラックミストNo.1で人物を撮ってみました。

これを使った画像を、RAWで現像していて感じたことは、物理的なフィルターだと、RAWでの加工できる幅が大きいというものです。

このフィルターの効果を、デジタルの処理で作るとなるとかなり画質の劣化や不自然さがつきまといそうです。(そもそも出来るかあやしいw)

本記事ではフィルターの効果をわかりやすくするために、加工は最小限にしましたが、これをベースに幅広く、好きな雰囲気に編集するのは、正直かなり楽しいです。

フィルムシミュレーションとの相性も良く、人物の撮影にも適したソフトな描写なので、富士フイルムユーザーなら必携のアイテムだと思います。

そもそも、保井さんが使ってるし、買うよね。

ヤシカY35って小物として役に立つかも

カメラとしては正直どうかと思う部分があれど、撮影の小物としてアリだと思いました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です