YASHICA digiFilm Camera Y35 レビュー!質感×、割高、初期不良の豪華3点盛り!おすすめはできない!

こんにちは。シュンスケです。

去年の10月、キックスターターで話題になったYASHICA digiFilm Camera Y35。私も出資しました。

1年待って、ようやく届きました。使ってみたレビューです。

YASHICAブランドについて

YASHICA ELECTRO 35 (1973年) Wikipediaより

YASHICA(ヤシカ)というブランドは、1949年から1983年の間、カメラ、レンズを作っていた日本の光学メーカー。京セラに吸収合併された後、2007年に商標権を香港の会社に売却しています。

何がいいたいかと言うと、今回紹介するYASHICA digiFilm Camera Y35は、日本のYASHICAとは関係の無い商品名前だけYASHICAということです。

Y35は微妙だけど、YASHICAは悪くない。

digiFilm Camera Y35はどんなカメラ?開封から

YASHICA名が光るパッケージ。

digiFilm Camera Y35は、いくつかのフィルムカメラのようなギミックが付いたデジタルカメラ。

外観は往年のYASHICA エレクトロ 35を模したものになっています。

残念ながら樹脂製で安っぽく、トイカメラのようです。

digiFILMと呼ばれるフィルム風のなにかを付け替えて、様々な絵作りを楽しむことができます。

背面には液晶はありません。

カバーを開けて、digiFILMと、電池を取り付けます。

巻き上げレバーを巻き上げないとシャッターが切れないという仕組みです。(本来は…)

digiFilm Camera Y35で撮った写真

YASHICA – digiFilm 200

YASHICA – digiFilm 200

YASHICA – digiFilm B&W

YASHICA – digiFilm 200

写りははっきり言って良くありません。歪みはひどいし、iPhoneよりも圧倒的に劣っています。

ただ、使ってみたら意外と楽しいです。何が撮れてるかわからないのでワクワクです。

digiFilm Camera Y35を女子が持ってるところの写真

digiFilm Camera Y35を女子に持ってもらいました。(かわいい)

※X-T3で撮りました。

digiFilm Camera Y35、初期不良だった…

私のdigiFilm Camera Y35ですが、巻き上げレバーが壊れていました。

本来は、シャッターを押す→巻き上げ→シャッターを押す→巻き上げ→…といった動作になるはずですが、私に届いたものはレバーが途中で止まった状態でのみシャッターが切れます。

返品を申し込んでみた

故障ということでFacebookのページから連絡しました。すると、交換するから住所等を送れという返事が。レンポンスは迅速です。

ただ、不安なのはまだ届かないという人が大勢居る状況なので、返品したら二度と届かない気がしないでもない…。

※交換対応がどうなったかは追記します。

11/1 FedEXで返送

11/15 音沙汰なし

まとめ

ということで、digiFilm Camera Y35が届いたという話でした。

このカメラ、キックスターターのコメント欄や、YouTubeなど、色んなところでものすごく酷評をされています。

コンセプトはすごくイイ感じだったんです。でも実物を見ると2万円は高すぎる5千円ならギリ許せるかな…。

とかいいつつ、実際使ってみたらちょっと楽しいです

  • フィルムカメラのようなギミックの楽しさ
  • 女子ウケがいい
  • 壊れてても対応は迅速

思ったよりありかも…。

ただ、何度も言うけど2万円の価値は無いし、返品できるなら秒で返品します

もしあなたが購入を検討されているなら、悪いことはいいません、やめとけ

やっぱりフィルムカメラが欲しい

本物が欲しい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です