Amazon Echoを、音楽を聴くBluetoothスピーカーとして使ったらどんな感じなのか?

Pocket

こんばんは。シュンスケ(@shunsuke333)です。

世間で話題のAIスピーカー、Amazon EchoやGoogle Home。なんでも、これからは全てのモノがインターネットにつながって、それらを喋るだけでコントロールできるようになるらしいんですけど、その中心をAIスピーカーが担うとか。

なんかすごい、けど大変そう。よくわからん。お金かかりそう。

ってことで、私はAmazon Echoを音楽を聴くためのBluetoothスピーカーとして使ってみた、というレビューしてみます。

本体の外観

私が買ったAmazon Echoはこちら。色はヘザーグレイです。

サイズは縦約15cm、直径約9cm。重量は800gちょいでずっしりしてます。いい音しそう。

下部にはおなじみ、アマゾンのロゴ。

 

上から見ると、操作ボタンが4つ。

ミュートボタンと、●のアレクサ呼び出しボタン。

プラスマイナスはボリュームコントロールです。

入出力はAC入力、オーディオアウトのみ。

そういえば私、Amazon Echoはバッテリー内蔵だと思ってましたけど違いました。常に電源供給する必要があります。

下部はゴムになっています。全然滑りません。(ゴミついててすみません。取れない)

Bluetoothスピーカーとして使ってみた

ということで、早速使ってみました。

私はスマートホームに対応した家電は何一つ持っていないので、シンプルにBluetoothスピーカーとして使ってみます。

価格から考えると、すごく音が良いと感じた

Amazon Echoは、クラウドベースのAIスピーカーという、おじいちゃんやおばあちゃんに言うと狐につままれたような顔でびっくりされる位新しいスピーカーです。私もアラフォーなので正直この時点でびっくりします。

そんなびっくりスピーカーなので、どうせ音質は大したことないんだろ、なんて思ってました。ですが、私としてはかなり良い音だと感じました。

かなり低音寄りの聞きやすく楽しい音です。音は全方向で同じ感じで聞けますし、音量も十二分に出ます。しっかりした音で、これならいつもリビングの真ん中にあっても許せます。

ただ、Amazon Echoで音楽を聞いた後に、3倍くらいの価格のB&O A2 Activeで聞くと感動するくらい良い音に感じたってことは書いておきます。

音楽をみんなで聞くなら、みんなでコントロールできたほうがいいよね

これまでのBluetoothスピーカーって手元にスマホがある人が操作するのが当たり前でしたよね。たとえそのスピーカーがみんなで聞けるように設計された全方位型のスピーカーでも。

でも良く考えたら、みんなで聞くスピーカーをみんなが操作できないってすごく不便ですし、不満ですよ

誰かが流してる音を、その本人が楽しくても他の人にとっては雑音じゃないですか。そんな時、「アレクサ、音楽止めて」で止められる。平和ですよこれ。

だってたまに街歩いてると居るじゃないですか?みんなに大好きな音楽を聴かせたいみたいな変な人が。車や、時にはバイクや自転車から爆音で流してらっしゃる人。すっごいいい迷惑ですよね?あれも「アレクサ、音楽止めて」で止めれるようになったら、どれだけ世の中が生きやすくなるか…。

おっと話が逸れた気がする。

要するに、リビングに置いたAmazon Echoをみんなでコントロールできるんです。どうやって?って思ったかもしれませんけど、もう普通に喋ればいいだけです。「アレクサ、コールドプレイかけて」「アレクサ、アンパンマンの歌流して」とかで再生が始まるし、「アレクサ、音大きくして」みたいなので音量は変わる。「アレクサ、次の曲にして」「アレクサ、この曲何?」みたいなのもちゃんと反応してくれます。もし反応してくれない言葉があっても、それはAI(人工知能)なので知らないだけ。いずれ全ての言葉が通じるようになるはずです。

ちなみに現状だと2〜3割くらい聞き取ってもらえず無視されます…。滑舌悪いのかな?

あと、息子(3)の「ねえ、あれくつぁ」は99%反応してもらえません。息子もアレクサも頑張って欲しい。

使って見た感じをまとめると、コスパに優れた、操作が楽なBluetoothスピーカー

ということで、Amazon Echoを純粋に音楽を聴くBluetoothスピーカーとして使っても、価格の割に音は良いし、部屋の誰もが言葉で操作できるという素敵なスピーカーでした。

冒頭で書いた「全てのモノがインターネットにつながって、それらをコントロールできるようになる」みたなのをIoTっていうらしいんですけど、それを完全に横に置いといてもAmazon Echoは買いだと思います。

Amazon Echoの種類について

EchoにはEcho Dot (小)、Echo (中)、Echo Plus (大)の3つがあります。

私が買ったものは、Echo (中)となります。

 

それぞれのEchoの特徴をざっくり書くと…。

  • Echo Dot (小)はスピーカーがオマケ程度のもの。
  • Echo (中)はスピーカーがちゃんと聞けるやつ。
  • Echo Plus (大)はスマートホームハブ機能が内蔵。

という感じ。

Echo Dot (小)にそれなりのスピーカーを繋げはEcho (中)みたいになるし、Echo (中)に別売りのスマートホームハブを繋げばEcho Plus (大)相当になる、そんな感じ。

Amazon Echoを買うには?

そんなAmazon Echoですけども、実はすぐには買えずAmazonからの招待メールを待つ必要があります。周りの人を見ると、だいたい1ヶ月待ち位で買えてる感じです。私もそれくらいでした。

今ならお安く買えるし、なんならヤフオク行きにしても元が取れるので、使う使わないは置いといても今買うのはお得だと思われます。

まとめ

ということで、Amazon Echoの(主に)音楽スピーカーとしてのレビューでした。

私はなんとなく招待メールを希望して、なんとなく買ったんですけど、実際に使って見るとあっさりと我が家のリビングスピーカーの座に鎮座しました。つい最近買った、音とデザインは確実にいいB&O A2 Activeが別室に追いやられる羽目になりました。(これはこれで好き)

要る要らないは置いといても、とりあえず買えばいいと思います。私はもう1台買ってみようと思います。2台でステレオにすることもできるんですよこれ。

投稿者プロフィール

Shunsuke自称写真家

30代、熊本在住。カメラが趣味。最近、息子(3)にカメラを向けると顔を背けられるのが悩み。

詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です