Bluetoothスピーカーは、これ買っとけば間違いない!B&O PLAY Beoplay A2 Activeの半年間使用レビュー

こんにちは。シュンスケです。

今回はここ半年ほど愛用しているBluetoothスピーカー、B&O PLAY Beoplay A2 Activeをレビューします。オシャレで音も良い、しかも防塵防滴でステキなやつです。

B&Oについて

ご存知B&O(Bang & Olufsen)はデンマークのオーディオブランドの老舗です。設立は1925年まで遡ります。当初は家具調デザインの製品を製作していました。

1960年代に、B&Oはデンマークを代表するデザイナー、ヤコブ・イェンセンを起用します。以後B&Oは、斬新なデザインと先進的なテクノロジーを融合した魅力的な製品を次々と世に送り出し、世界的なブランドに成長していきます。

そして2012年、現代のスマホとの親和性を高めたカジュアルラインのB&O PLAYがスタートしました。

今回紹介するBluetoothスピーカーは、このB&O PLAYラインのものです。比較的安価ながら、テクノロジーとデザインを融合したB&Oのスピリットを持つ製品です。

B&O PLAY Beoplay A2 Activeのデザイナーは?

B&O PLAY Beoplay A2のデザイナーはデンマーク、コペンハーゲンを拠点として活動する、セシリエ・マンツ

セシリエ・マンツもまた世界的デザイナーで、彼女の作品はMoMA(ニューヨーク近代美術館)に常設展示されているほど。

ちなみに幼少期に日本に住んでいた経験もあるとのこと。親近感。

外観を見る

B&O Beoplay A2 Activeの外観です。

360度オムニサウンドを謳うB&O Beoplay A2 Active。前面、後面にそれぞれスピーカーを備えています。

端子は、ライン入力と、USB-C入力のふたつだけの潔さ。

サイズは幅25.6cm x 高さ14.2cm x 厚み4.4cm。

スピーカーのグリルの、不規則な所々空いてない穴は、B&Oのサウンドデザイナーのチューニングによるもの。

上面にはコントロールのための物理ボタンがあります。

左から順に、電源ボタン、ボリューム、Bluetoothボタンです。

持ち手はファブリック素材。付け替えが可能で、2種類が付属しています。

別売りで本革の持ち手もあります。

持ち運ぶのが苦にならない1.1kgの重量。

立てて使うこともできます。

優秀なアプリ

B&O PLAYシリーズはスマホアプリで操作することができますが、このアプリが秀逸で使いやすいです。

音質を変える機能も、タップするだけ。

寝る前はウォームかつリラックスな音質へ。家事をするなら元気が出るエキサイトに。そんなことがワンタップでできるんです。

音質

B&O Beoplay A2 Activeは、いくらでも聴き続けれるし、楽しめる音です。

低音、中音、高音ともにとにかくバランスが良い音です。BGMとして聴き続けても楽しいだけ。いわゆる聴き疲れとは無縁です。

このへんの音造りの上手さは、さすが老舗オーディオメーカーのB&Oだと感じます。

360度広がる音で、スピーカーの周りにいる人たちと同じ音楽を囲めます。

スピーカーを中心として、友人や家族と同じ音を聞くのは一度経験すると他のタイプのスピーカーに乗り換えたくなくなるかも。

良いところと、悪いところを挙げてみる

B&O PLAY Beoplay A2 Activeの良いところ、悪いところを箇条書きで挙げます。

いいところ

  • 見た目がかっこいいから、いつもいいなーって思える
  • 音が基本癒される感じ、しかも楽しい
  • 音質を選べる
  • バッテリーが本当によく持つ
  • 防塵防滴

わるいところ

  • 薄い形状だから、ちょっと押すだけでパタンと倒れる

気になるライバル

B&O A2 Activeに対して、気になるライバル機を挙げます。

個人的にデンマークブームが来ているので、デンマークのメーカー限定です。

DALI KATCH

デンマークDALIから、BluetoothスピーカーKATCHです。

防水機能は無し。

持ち手は本革、スピーカーグリルはアルミ製です。A2 Activeと見た目が似てますね。

LIBRATONE ONE

デンマークLIBRATONEから、ONEという名前のBluetoothスピーカーです。

防水はIPX4。

これも見た目が似てる気がします。

まとめ

ということで、この半年、日常的に愛用しているB&O PLAY Beoplay A2 Activeをレビューしました。

本当に満足です。いつも気軽に使えて、音が高いクオリティながら、癒し系なんですよ。老舗メーカーの音造りと、すごいデザイナーのコラボって普通に考えて最強です。

ちなみにこのスピーカー、海外だと広い部屋で爆音で聴く人が多いからか、バッテリーが持たないなんてレビューを見かけるんですけど、私の使い方(6〜10畳の部屋で会話に困らないボリュームで聞く)だとスペック通り24時間近くは持ってる感じです。最後いつ充電したか忘れるレベルです。

Bluetoothスピーカーは色々あるけど、とりあえずこれ買っておけば間違い無いのでは?と思います。B&Oなので、すこしお高いですけど、確実にその価値と満足感があります。本当におすすめ。

1世代前のB&O Beoplay A2もレビューしたのでどうぞ。

このスピーカーに興味があるなら、ぜひこちらのレビューもご覧ください。今回よりすこし詳しく書いてます。

フォローで更新情報をお届け!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です