2017年版!初心者におすすめ!コスパ抜群の安いミラーレス一眼&レンズ5選!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。シュンスケ(@shunsuke333)です。

いまから新しくカメラを趣味にしたい!かっこいいミラーレス一眼ではじめたい!

そんなカメラ入門者のあなたにおすすめな、ミラーレス一眼のレンズキットを5つ選んでみました!

それにプラス、最初の追加レンズに最適な「ボカして撮れる」標準50mm単焦点レンズもチョイスしました!

広告




パナソニック GX7 MK2

ファミリー向けならこれ!

PANASONIC DMC-GX7MK2。

小型で軽く扱いやすいボディ、写真も画質も高画質で撮れる、その上強力な手ぶれ補正で失敗知らず。

しかも今なら価格も安い。このカメラをおすすめせずして、なにをおすすめする?という絶対におすすめなカメラです。

スペック

  • センサー マイクロフォーサーズ
  • 画素数 約1,600万画素
  • ファインダー ○ 約236万ドットOLED
  • Wi-Fi ○
  • サイズ 約 125 x 85 x 77 mm
  • 重量 360g
  • 発売日 2015年6月25日

G7におすすめのレンズはこれ!

ボカして撮るためのレンズはLUMIX G 25mm F1.7です。価格も安いのでぜひおひとつ。

ニコン J5

いつも持ち歩くならこれ!

NIKON J5。

このレトロで渋いデザインのカメラの最大の利点は、とにかく小さいサイズで、いつも持ち運ぶことができます

得意な撮影もはっきりしていています。ピント合わせがとにかく早いため、動き回る相手にめっぽう強いカメラです。

唯一苦手な点は、小型高性能は反面、画質は少し他のカメラに劣ります。でもスマホと比べるとめっちゃ綺麗ですよ!

スペック

  • センサー 1インチ
  • 画素数 約2,081万画素
  • ファインダー ー
  • Wi-Fi ○
  • サイズ 約 98 x 60 x 32 mm
  • 重量 231g
  • 発売日 2015年4月23日

J5におすすめのレンズ

ニコン1で最初に選ぶべきレンズはNIKKOR 18.5mm f/1.8。ボカして撮るのもお手の物。

オリンパス E-PL8

気軽にいい写真を撮りたいならこれ!

OLYMPUS PEN E-PL8。

宮崎あおいのCMでもお馴染みなオリンパス、ペンです。

おしゃれカメラとして女子に根強い人気を誇ります。

このカメラを使うと、手ぶれ失敗写真とは無縁です。なぜかというと、カメラ本体に手振れ補正の機能を内蔵しているからです。

デザインが良くて、しかも手持ちでピントがしっかりあった写真をたくさん撮ることができるカメラ。それがこのオリンパス、ペンです。

スペック

  • センサー マイクロフォーサーズ
  • 画素数 約1,605万画素
  • ファインダー ー
  • Wi-Fi ○
  • サイズ 約 117 x 68 x38 mm
  • 重量 372g
  • 発売日 2016年11月

E-PL8におすすめのレンズ

オリンパスで、ボカした写真をとるならM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

ソニー α5100

ハイスペックなミラーレスならこれ!

SONY α5100。

このカメラはとても軽量で小型ながら、高性能で高画質と、ソニーらしい特徴を持っています。

じゃあ完全無欠のカメラなのか?というとそういうわけでもなく、デザインや質感はプラスチックを多用しているため、他社のカメラからすると劣ります。

操作方法が、コンデジと似た感じなのは、人によってはメリットだったりデメリットだったりするかもしれません。

スペック

  • センサー APS-C
  • 画素数 約1,605万画素
  • ファインダー ー
  • Wi-Fi ○
  • サイズ 約 110 x 63 x 36 mm
  • 重量 224g
  • 発売日 2014年9月

α5100におすすめのレンズ

最初の単焦点レンズはE 35mm F1.8がおすすめ。

レンズの中に手ぶれ補正が内蔵されており、失敗を防いでくれます。

富士フイルム X-T20

写真を趣味にするならこれ!

FUJIFILM X-T20。

1枚の写真に魅了されたことってありますか?そんな写真を撮りたいですか?富士フイルムX-T20を使えばきっと可能です!

アナログのダイヤルを動かし、シャッターを押す楽しみ。

出てくる写真には、80年のフィルム製造の経験を持つ富士フイルムらしい、フィルムのような味があります。

ただし性能は写真の絵作りに極振りなので、それ以外は微妙なのが富士フイルムのカメラだと思ってください。

ピント合わせは遅く、動画も微妙。便利なボディ内手ぶれ補正はありません…。

それでも写真を撮る楽しさと、独特の画質は魅力だと思います。とにかく1枚の写真にこだわるなら、富士フイルムがオススメです!

スペック

  • センサー APS-C
  • 画素数 約2,430万画素
  • ファインダー 約236万ドットOLED
  • Wi-Fi ○
  • サイズ 約 118 x 83 x 41 mm
  • 重量 331g
  • 発売日 2017年1月

X-T10に、おすすめのレンズ

通称「魔法のレンズ」、XF35mm F1.4

なんでもない場面が絵になってしまう恐るべきレンズです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

この5つ、価格帯は似ていても、まったく違うカメラなんです。

それぞれの機種を一言でおすすめするならば…。

  • 写真も動画も撮るなら、パナソニック GX7 MK2。
  • いつも持ち歩くなら、ニコンJ5。
  • 手ぶれしがちなアナタには、オリンパス E-PL8。
  • 小型高性能なら、ソニーα5100。
  • 1枚の写真にこだわるなら、富士フイルム X-T20。

ぜひお気に入りの1台を見つけてください!!

個人的に一番のおすすめは…

これらのカメラの中で、一番のおすすめは私も使っているお気に入りのメーカー、富士フイルムのX-T20です。所有欲を満たすデザインや、使いこなせばいい写真が撮れる作りなど、ぜひぜひ長く使っていただきたいと思える、奥の深いカメラです。

他のおすすめカメラ記事を見る…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
広告