【発売中止】ニコンDLシリーズが、1インチコンデジのシェアを掻っ攫う可能性があった件

Pocket

こんにちは。Shunsukeです。

これまでずっと”1インチのコンデジ”に面白さを感じていた私ですが、最近発表されたニコンDLシリーズが、後発の強みを生かして完成度抜群なものを出すようで、これ一強になったらどうしようと恐怖(?)しています…。

追記:2017/2

なんと発売中止が発表されました…。とても残念です。

まさかの発売中止。DL18-50をずっと待ってた人も居るんですよ…!
DL18-50をずっと待ってたIさん
シクシク…

※以下、この記事の内容は2016年3月当時のものです。

Nikon DLの恐怖1 一挙に3種類をラインナップ

main_02

なんて自信満々なんでしょう。

普通、新しいジャンルに参入するときは1機種だけで売り出すじゃないですか。一番注目されそうなやつ、一番売れそうなやつ、一番高価なもの、などを。

そして市場の評価を見ながら2番手3番手を投入して、1番手との比較などでもう一度売り上げを伸ばすっていうのがマーケティングの常套手段です。

それをDLシリーズときたら、一挙にラインナップですよ。

こんなこと、商品の出来に自信満々じゃないとできませんよ!!

Nikon DLの恐怖2 ニコンは1インチセンサーを知り尽くしてる

nikon1

1インチセンサーを知り尽くしてる、と言えるのってソニー以外はニコンしか無いと思うんです。

というのも、1インチセンサー搭載コンデジって、ニコン以外全部ソニー製センサーだから。ニコンは、NIkon 1っていう1インチのミラーレスを長年やってきています。一眼レフと被らない、コンパクト&ハイスピードに特化して。

そんなニコンが、1インチのコンデジを作るってことは、UFCに全盛期のカレリンが参戦しちゃうくらいの恐怖ですよ!!

Nikon DLの恐怖3 かっこいい

どうせお前らこういうのが欲しいんだろ?っていうのがバレてるような、かっこいい見た目。

動画で見た感じだと、この重厚感って、RX1並かも?!マグネシウム合金だったらなおさら嬉しかったのですが…。

あと型番が割り切ってて、分かってる人が買えばいい感もかっこいい。

Nikon DLのスペックは?これまでの1インチコンデジとの差は?

ざっと3機種のスペックを並べてみます。

 Nikon DL18-50Nikon DL24-85Nikon DL24-500
センサー1インチ
裏面照射2081万画素
1インチ
裏面照射2081万画素
1インチ
裏面照射2081万画素
レンズ18-50mm f/1.8-2.824-8mm5 f/1.8-2.824-500mm f/2.8-5.6
レンズ構成8群11枚
(EDレンズ1枚、ED非球面レンズ1枚)
9群11枚
(EDレンズ1枚)
11群15枚
(EDレンズ3枚、ED非球面レンズ1枚)
動画4k 30p4k 30p4k 30p
液晶パネル3インチ有機EL
約104万ドット
タッチパネル
チルト式
3インチ有機EL
約104万ドット
タッチパネル
チルト式
3インチ有機EL
約104万ドット
タッチパネル
バリアングル式
サイズ
106.0×63.0×57.5mm104.9×61.3×49.8mm122.5×89.9×138.8mm
重量
359g345g780g
価格


3つのカメラすべてに位相差とコントラストのハイブリッドAF、4k動画撮影機能、タッチ対応で自分撮りできる可動有機ELモニターが装備。

隙なさすぎじゃないですか?!

DL24-85を、RX100M4とG7X Mark IIと比較してみます

 DL24-85 f/1.8-2.8RX100M4G7X Mark II
センサー1インチCMOS
(裏面照射型)
1インチCMOS
(積層型)
1インチCMOS
(裏面照射型)
レンズ24-85mm F1.8-2.824-70mm F1.8-2.824-100mm F1.8-2.8
動画4k 30p
FHD 60p
4k 30p
FHD 60p
-
FHD 60p
液晶3インチ、3:2、104万ドット有機EL
-
チルト式
下45度(?)、上180度
3インチ、4:3、123万ドット液晶
-
チルト式
下45度、上180度
3インチ、3:2、104万ドット液晶
タッチパネル
チルト式
下45度、上180度
サイズ104.9 × 61.3 × 49.8 mm101.6 x 58.1 x 41.0 mm105.5 × 60.9 × 42.2mm
重量
345g298g319g
発売日2016年6月30日2015年7月31日2016年4月30日
価格


Nikon DLが採用している有機ELモニターは、表示が非常に綺麗なので撮影時にテンションが上がりそうです。アスペクト比もセンサーと同じ3:2なので表示にムダなしです。

レンズも、風景からポートレートまで対応できる丁度いい24-85mmという画角。

重量が約350g、サイズを見ると奥行き約5cmと、ライバルのRX100M4やG7X Mark IIより少しだけ重く、大きめです。この差は、ポケットに入れない限り気にならないと思います。

あと個人的にですが、RX100M4を使っていてもファインダーの存在を忘れるくらいなのでこのサイズのコンデジに内蔵ファインダーは無くてもいいかなと思っています。

正直かなりツボってます。

CP+で実機を触った方の感想

メチャク速い。チャを抜かすほどの速度。

これは期待大です。

まとめ どう考えても売れる気しかしない

nikon-dl-premium-compacts-17

まず普通に考えて、ニコンの一眼レフのユーザーの方はサブに買うでしょう。

さらに新しく1インチコンデジを検討するとしたら、機能といい、AF速度といい、予算に合えば買わない理由が見当たりません。

特にDL18−50mmに至っては、マニアが泣いて喜ぶナノクリスタルコート。しかもやたら高額なレンズしか存在しない18mm F1.8の世界が撮れちゃう。

Nikon DLシリーズの発売日は6月30日としばらく先ですが、とても楽しみなカメラですね!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Pocket

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です