かっこいいゲーミングPC、Lenovo T750i レビュー!第10世代Core i9とRTX 3080でフォトナの快適さは?

こんにちは。シュンスケです。

私は普段、AMDのCPUとグラボで組んだ自作PCを使っています。そして今回、IntelのCPUとnVidiaのグラボの組み合わせのLenovo T750iを試用する機会をいただきました。

せっかくなのでこの2台のPCを並べて、いつも遊ぶフォートナイトがどの程度快適なのか?の比較を簡単ですがしてみました。

目次

Lenovo T750iの外観とスペック

ミドルタワーなので、割とでかい

Lenovo T750iはメーカー製のゲーミングPCだけあって洗練された印象です。

メーカーのロゴといい、ライティングといい整っています。正直これだけで欲しくなりますね。

CPUCore i9 10900K
グラフィックRTX 3080
メモリ32GB (16GB x 2)
ストレージ512GB SSD + 2TB HDD
電源850W 80PLUS Gold

Lenovo T750iのスペックはこんな感じです。CPUは2世代前ですが、ハイエンドなCore i9 10900K。グラボも4K、レイトレーシングもイケるRTX 3080が採用されています。

比較する私の自作PCのスペックはRyzen 7 5800X3DとRadeon 6800 XTという組み合わせ。詳しいパーツ構成は↓こちらのページにあります。

お値段はLenovo T750i、自作PCもどちらも同じ25万円位です。

あわせて読みたい
5800X3Dと6800XTで、フォートナイトを240FPS張り付きで遊べる、静音ゲーミングPCを組んでみた! こんばんは。シュンスケです。 以前フォートナイトで遊ぶために組んだゲーミングPCも快適だったのですが、より上を目指して再度ゲーミングPCを組んでみました。目指すと...

フォートナイトでFPSを比較

早速いつも遊んでいるフォートナイトでベンチマークです。比較的負荷の軽めのゲームです。

フルHD、競技設定、リミットは240FPSに設定して、平均FPS、1% Low、0.1% Lowの数字を測ってみました。同じリプレイファイルを3分間ほど再生した数値です。

この場合、Lenovo T750iと、私の自作PCではあまり差がないという結果でした。全体的に自作PCが上回っていますが、実際にどちらで遊んでも体感で分かるほどの大きな差は感じませんでした。

正直なところ、最低FPSでCPUのシングル性能に優れた5800X3Dが載った自作PCの圧勝を想像していたのですが、その予想は外れました。AMDの方はGPU使用率があまり上がらず、せっかくの性能が最低FPSにあんまり効いていない感じでした。実使用時の快適さは、やはりLenovo T750iの、IntelとnVidiaの組み合わせに部があるのかもしれません。

おまけでCyberpunk 2077で遊んでみると…

CyberPunk 2077でも比較してみました。こちらはAAAゲームと呼ばれる、負荷の高いタイトルです。

この場合、ベンチマークでのFPSの比較以前に、正直レイトレーシングウルトラでも快適に遊べるLenovo T750iの美しい映像を見た後だと、自作PCの方では遊ぶ気が起きません。ひと世代昔のゲームに見えます。やはりLenovo T750iの、特にRTX 3080はゲームに強いですね。

ゲーム中の消費電力を比較

Lenovo T750iと自作PCでゲーム中の消費電力を比較してみました。

それぞれWindows起動直後のIdle時、フォートナイトで遊んでいる時、そしてCyberPunk 2077のプレイ時です。

全体的に、Lenovo T750iより自作PCが省電力という結果でした。こちらは思ったよりも差がありますね。AMDはワットパフォーマンスに優れているようです。

その他、Lenovo T750iと自作PCを使って感じたこと

Lenovo T750iと自作PC、短期間ですが使ってみて感じたことをざっと書いてみます。

メーカー製PCはなんだかんだ言って安心感が違う

中身まで美しいLenovo T750i

Lenovo T750iの、ワンパッケージでまとまりのあるルックス。自作PCではありがちなそれぞれのパーツ間の相性問題もクリアされたメーカー製PCの安心感はやはり素晴らしいです。買っていきなり何も気にせずに使えますからね。

私は自作PCが好きですが、もし他の人に勧めるなら100%、自作ではなくこちらのメーカー製PCです。(自作だと、例えば何か問題が起きた時に、わざわざ自力で解決する必要がありますが、正直余程のモノ好きじゃないとやってられないですから。)

特に今回のLenovo T750iは、ケースの作りから明らかに堅牢で、電源(FSP製)などのパーツも抜かりありません。個人的にLenovoのPCは何度か買いましたが、毎回作りの良さに感心してます。おすすめできるメーカーです。

自作PCは、こだわりを詰め込むことができる

逆に自作PCは、自分がああしたい、こうしたいという部分にこだわることが出来ます。私の場合は、動作音が静かでフォートナイトが快適なPCを作りたい、というのがあったので、ケース、クーラー、グラボなどをそれに沿った選択にしました。結果、静かで省電力で動作も高速、という理想通りのものが作れました。

とはいえ、そこに行き着くまでの支払った時間と労力、そしてお金を考えると、よっぽどの人以外は今回のLenovo T750iのような完成度の高いメーカー製PCを買う方が幸せになれる気がします。シンプルに手短に、快適にゲームをするというゴールにたどり着けますからね。

あわせて読みたい
5800X3Dと6800XTで、フォートナイトを240FPS張り付きで遊べる、静音ゲーミングPCを組んでみた! こんばんは。シュンスケです。 以前フォートナイトで遊ぶために組んだゲーミングPCも快適だったのですが、より上を目指して再度ゲーミングPCを組んでみました。目指すと...

まとめ 

ということで、Lenovo T750iを使ってみた感想でした。

Lenovo T750iは外観から中身まで、魅力たっぷりです。正直返却するのが惜しい位でした。

スペックが2世代型落ちのCPUと、1世代型落ちのグラボなので、ぶっちゃけこの機種を今買うのはどうなのかな…?という気持ちもありましたが、実際に使ってみると、フォートナイトやCyberPunk 2077で遊んでみた限り全然快適で、しばらくは一線級で行けるスペックを持っているという印象を持ちました。

ゲーミングPCの価格は最近では落ち着いてきましたし、今が買い時な気がします。メーカーは今回紹介したLenovoは間違いないと思うので、是非選択肢に入れてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる