本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

子供用のゲーミングPCを3台自作してみた【5700X3Dと6700XT】

フォートナイト、マインクラフト…。小さい子供にゲームは大人気です。

ほっといてもニンテンドースイッチなどの何らかのゲームで遊ぶ子供達を見て、私は「どうせ遊ぶなら幼い頃からキーボードに慣らすのも良いかも?」と考え、試しに子供用のゲーミングPC環境を整えてみることにしました。

ということで、自作した子供用のゲーミングPCと、その周辺機器を紹介します。

目次

全体像

全体を見るとこんな感じ。3人で遊べるようにしました。

かかったお金の総額は…

種類名前参考価格(3つ分)
ゲーミングPC自作PC450,000
デスクFantoni GT60,000
チェア関家具タップ30,000
モニターDell S2522HG90,000
モニターアームグリーンハウス10,000
マウスLogicool G703h20,000
マウスパッドLogicool G84015,000
キーボードDucky One 2 mini30,000
コントローラーXbox Controller10,000
ヘッドセットLogicool E43520,000
スピーカーCreative Pebble5,000
合計750,000

ゲーミングPCと周辺機器を3台分の合計額は75万円。1人分あたり25万円です。

子供のおもちゃと考えると高価ですが、教育も兼ねていると考えるとアリかな…?

ゲーミングPC

ゲーミングPCは自作です。

CPUにRyzen 7 5700X3DとグラボにRadeon 6700XTを使ったミドルクラス。フルHDで大抵のゲームが快適に遊べるスペックです。

使ったパーツの詳細は、このページの後半に書きます。

デスク Fantoni GT

デスクはFantoni GT。非常にしっかりした作りです。

本来はL字用のデスクを連結して、計200cm x 60cmにして使っています。

チェア 関家具タップ

チェアは関家具のタップというモデルです。

子供用の学習椅子で、好みのルックスでかつお手頃でした。座面にモールドウレタンを採用していて、座り心地も良い感じです。

そういえばこの関家具のタップ、カラーリングがエンボディチェアと似てて親子モデルみたいです。

モニター Dell S2522HG

モニターは、DellのS2522HGです。

240Hzに対応したIPSモニターで、発色も良いゲーミングモデルです。価格も3万円程とコスパ良好。

モニターアーム グリーンハウスガス圧式

モニターアームは、グリーンハウスのガス圧式です。

台座の部分が小さく、デスクを広く使うことが出来ます。

マウス Logicool G703h

マウスはG703hです。

軽量で高性能なワイヤレスマウスです。

マウスパッド Logicool G840

マウスパッドです。Logicool G840でデスク全体を覆うようなサイズ感にしました。

厚みのあるファブリック製で、適度な滑りやすさとグリップ性能を持ちます。

マウスのクリック音も抑えられ、静音性が増すのも◎。

キーボード Ducky One 2 Mini

キーボードです。小型で60%サイズのDucky One 2 Miniです。銀軸のものを選びました。

ゲームパッド Xbox Controller

ゲームパッドはXbox Controllerです。

定番だけあって使いやすいです。

マイクロソフト
¥4,406 (2024/07/24 17:31:59時点 Amazon調べ-詳細)

ヘッドセット Logicool G435

ヘッドセットは、Logicool G435です。

165gという超軽量で、低遅延なLIGHTSPEEDに対応したワイヤレス・ヘッドセットです。

子供にも最適なサイズ感で、おすすめの製品です。

スピーカー Creative Pebble

スピーカーはCreative Pebble。

安価ながら、音質もPCスピーカーとして十分なクオリティを持つ定番品です。小型で設置に困らないのもポイント。

ゲーミングPCについて

種類名前参考価格
CPUAMD Ryzen 7 5700X3D30,000
グラボAMD Radeon RX 6700 XT50,000
メモリBallistix DDR4-3200 CL16 32GB10,000
SSDCrucial P5 Plus 500GB10,000
M/BAsRock B550M Steel Legend15,000
PSUDeepCool PQ750M10,000
ケースCoolerMaster TD300 Mesh10,000
OSWindows 1015,000
合計150,000

ゲーミングPCはこちらのパーツで組みました。フォートナイトがフルHD・240Hzで遊べるスペックを目安にしました。

3台ともケースとメモリーのブランドが違うくらいで、同じような構成にしました。

実際に使ってみて思うのは、同じ中身のPCが3台あると、不具合があった場合に問題の切り分けがしやすいので楽です。

CPU Ryzen 7 5700X3D

CPUはRyzen 7 5700X3Dです。

2024年に5600Xからアップグレードしました。 3D V-Cacheの恩恵でFPSが一回り上がります。特に高FPSで遊ぶゲームに最適です。

5700X3Dのゲーム性能はAM5の7600Xに近いです。

あわせて読みたい
5600Xから5700X3Dに換装したらフォートナイトのFPSはどうなるのか 2024年2月にひっそりと発売されたRyzen 7 5700X3D。 Ryzen 5 5600Xから載せ替えてみて、フォートナイトのFPSがどうなったかのメモです。 【ベンチマークの条件】 フォー...

CPUクーラー Cooler Master Hyper 212

CPUクーラーはTDP130Wまで対応のHyper 212。5700X3Dは低発熱でTDP105Wと扱いやすいCPUです。

グラボ Radeon RX 6700 XT

グラボは6700XTです。GeForce RTX 3070に近い性能を持ち、メモリが12GBあります。

6700XTは発売から約3年経った2024年でも1080pで遊ぶなら余裕の性能を持ちます。ドライバーも成熟し安定しています。良いグラボ。

なおnVidiaのミドルクラスはコスパが悪いのでAMDをチョイスしました。

メモリ Ballisitx DDR4-3200 CL16 32GB

メモリはBallistixにしました。Micron製チップです。

CL16で若干、オーバークロックメモリです。安定動作しています。

ストレージ Crucial P5 Plus NVMe SSD 500GB

ストレージはCrucialのP5 Plus 500GBです。

6,600MB/sの速度を持ちゲームも快適です。少なめな容量ですが、決まったゲームでのみ遊ぶので今のところ足りてる様子。

マザーボード AsRock B550M Steel Legend

マザーボードはAsRock B550M Steel Legendです。

電源は10フェーズ。大型のヒートシンクと凝った意匠。有線LANは2.5Gbpsの低遅延なものでゲーム向き。

安定志向で安心して使える、お気に入りです。

電源 Deep Cool PQ750M

750W、80PLUS Gold電源。

SeasonicのOEMで、10年保証。ハイクオリティな電源ですがドスパラで安く買えます。

Deepcool PQ750M PC電源ユニット 750W 80PLUS Gold R-PQ750M-FA0B-JP PS1155
DEEPCOOL

ケース Cooler Master TD300 Mesh

ケースはCoolerMasterのTD300 Meshです。

特徴的なメッシュデザインと、鋼板に厚みのあるしっかりした作り。内部のゆとりのあるサイズ感が組み立てもメンテもしやすい、とても良いケースだと思います。安価なのも高ポイントです。

顔が見たいので…

ゲームに夢中な子供たちの顔を見て会話もしたいので、スイッチボットのカメラを備えています。外出先からもチェック可能。

これも楽しい!

子供にPCを持たせることの是非

子供専用のPC、無いよりはあったほうが良いと思う。

参考: 世界で唯一、日本の子どものパソコン使用率が低下している

さいごに やっぱりゲーミングPCは楽しい

ということで、兄弟3人で遊ぶゲーミングPC環境の紹介でした。

実際に子供たちに使ってもらうと、どんな感じだったか?…想像通り楽しそうです。最近はみんなでマイクラやテラテック、ARBSというゲームをしている様子。

たまに私や妻も一緒になって、フォートナイトやフォールガイズといったゲームを遊んでいます。

コロナ禍ということもあって、こういった屋内での遊びの環境を充実させてみたのですが、休日に家族みんなでゲーミングPCを楽しむと、しみじみ「やってよかったなぁ…」なんて思います。

これ一辺倒になると問題ですが、ほどほどに使ってもらって、遊びも勉強も充実してもらえたらと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次