富士フイルムXF23mmF1.4 Rのレビュー

昔はよく、”標準”レンズは35mmか50mmのどっちか?なんてことが話題になったそうです。

ですが最近のiPhoneは28mmくらいの画角ですよね。ということは28mmが標準では?

…関係ない話を書いてしまいました。

この記事では富士フイルムの換算35mm”標準”単焦点レンズ、XF23mmF1.4 Rのレビューをします

大口径レンズ楽しい!

XF23mmF1.4 Rのスペック

発売は2013年とXマウントではわりと古い方のレンズ。

  • 発売日: 2013年10月13日
  • 焦点距離: 23mm (35mm相当)
  • 最大撮影倍率: 0.1倍
  • 最小撮影距離: 28cm
  • 最大径: 72mm
  • 長さ: 63mm
  • 重量: 300g
  • フィルター径: 62mm

外観

外観です。冷たい金属の質感がたまりません。

X-Pro2に装着。

かっこいいでしょう。

少し大きめのレンズですが、X-Pro系とも、これがまたしっくりくるんです。

別売りの角型フードLH-XF23を付けていますが、これがかなりゴツい造りでかっこいいです。XF56mmF1.2 Rにも使用可能です。

もしレンズをお持ちでなくても、これだけは買いましょう。(うそ)

XF23mmF1.4 Rのクラッチ機構

XF23mmF1.4 Rは、クラッチ機構が採用されています。

ピントリングを上下にスライドさせることで、AF/MFを切り替えることができます。

MF時には距離が刻んであるため、より一層フィルムライクな操作感で撮影を楽しめます。

XF23mmF1.4 Rで撮った作例

f/1.4, ASTIA, WB太陽光

開放でねこを撮ってみました。

ねこかわいい。

(上の写真の等倍画像)

等倍までトリミングしてみました。優しい、柔らかい雰囲気です。

レンズの構成が似ているXF35mmF1.4に近い感じです。

f/1.4, VELVIA

美味しいビール。

f/5.6, PROVIA

F5.6。隅々までクッキリと描写。

お高いレンズなだけあります。

f/8, PROVIA

F8まで絞りました。

フィルムシミュレーションのプロビアで無加工でも良い雰囲気。

f/2, PROVIA, WB太陽光

太陽光でフレア。(あんまりやるとセンサー焼けそう。)

f/1.4, Classic Crome, WB太陽光

手がパーだったので撮ってみました。好きな感じ。

f/1.4, Eterna, WB太陽光

シートベルトと玉ボケ。

f/5.6, Classic Crome, WB太陽光

ピントが手前になりました。けど好きな感じ。

f/5.6, Classic Crome, WB太陽光

影の感じがすき。

f/1.4, PROVIA

基本的には子供撮ってます。

XF23mmF1.4 Rは寄れない?ボケがざわつく?

このレンズのネガティブな評判として、寄れないということと、ボケがざわつくというのがあります。

寄れない、こともない

f/1.4, PROVIA, もう少し寄りたい

XF23mmF1.4Rの最短撮影距離が28cm。これは同じ換算35mmのX100シリーズの10cmや、XF23mmF2の20cmと比べると寄れません。

実際に使っていても、特に屋内のテーブルフォトなんかでもう少し寄りたいと思うことがあります。

f/1.4, PROVIA, WB太陽光

ただ、屋外だと距離感が変わるからか、十分に寄れるイメージになります。

ボケはざわつくこともある

f/1.4, VELVIA, WB太陽光

条件によってはざわついたボケ方になることがあります。

f/1.8, PROVIA, WB太陽光

基本的にはボケはキレイだと思います。

ピント面が浮き立つ感じで写ります。

XF35mmF1.4 Rとどっちが良いか?

XF35mmF1.4 Rは小型

たまに「XF23mmF1.4 Rと、XF35mmF1.4 Rのどっちを買えばいいか?」という質問を受けます。

この2つ、画角は違うけど、描写は似た雰囲気を持っています。ですが、2つの理由で実は使い勝手はかなり違います。

どちらも最短撮影距離は28cm。

ひとつは寄れるor寄れないという点。どちらのレンズも同じ最短撮影距離28cmというスペックですが…。

最大撮影倍率は、それぞれ0.1倍、0.17倍。

XF23mmF1.4の最大撮影倍率は0.1倍。一方のXF35mmF1.4 Rは0.17倍です。つまりXF35mmF1.4 Rのほうが被写体を1.7倍大きく撮ることができる、ということです。どうせなら大きく撮りたいですよね。

もうひとつは、サイズと重さの違い。XF23mF1.4 Rは300gですが、XF35mmF1.4 Rは187gという軽さです。軽くて小さいと気軽に使えます。

この2つに加えて、価格が安いという点でXF35mmF1.4 Rの方がおすすめしやすいレンズです。

ただし、AF速度はXF23mmF1.4 Rの方が少し早いです。あと、フードがかっこいい。あとはストリートスナップに使いやすい画角。

どっちもいっときます?

まとめ XF23mmF1.4 Rは楽しさと描写の美しさを持つ、愛すべきレンズ

ということで、XF23mmF1.4 Rについて書いてみました。

買ってから暫く経つのですが、最近やっとこのレンズの良さが分かってきました。XF35mmF1.4Rと同様に、「近距離〜中距離の立体感」が突出しているように思えます。(One Lens One Story #2に書いてあったし。)


ところで、フジの35mm単焦点レンズって、実は3つあるんですよ。

ひとつは今回紹介した、大口径XF23mmF1.4 R。F1.4の開放値と、魅力的な描写が特徴です。

ふたつめはX100シリーズに使われている柔らかい描写の薄型レンズ。

みっつめは防塵防滴・小型・解像感が揃った高コスパのXF23F2 R WRです。

それぞれに強みはありますけど、やはり画質で選ぶならXF23mmF1.4 Rです。柔らかさと、ピリッとした芯のある描写は他のレンズでは得られません。さらにMFが楽しいクラッチ機構もあり、使い込むとどんどん愛着が湧くレンズです。

ストリートスナップに特に向いているレンズですが、人肌の描写も良いので家族の日常や、大好きな人を撮るのにもぴったり。おすすめのレンズです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です