Audioengine A2+ レビュー 俺の人生には気持ちいい音が必要だ

こんばんは。シュンスケです。

今年の6月に購入した、Audioengine A2+というスピーカーがかなりいい感じなのでレビューしてみます。

小型のスピーカーで、パソコンのモニターの横に置いて使うような使い方も出来るやつです。

見た目

スピーカーは音を出すものなので、見た目なんか関係ないといえばそうなのかもしれませんが、目の前に鎮座し、目に入るものなので好みのルックスであればプラス要素なはずです。

Audioengine A2+は、鏡面仕上げのシンプルな見た目。カラーは白、黒、そして赤がラインナップされています。

私が購入したものは赤です。

一度でもオーディオ(病気)にハマった人は、表面の仕上げが音に影響している(気がする)ということを知っているかと思います。

丁寧な表面処理がされたスピーカーは、丁寧な音がする(気がする)ものです。

Audioengine A2+は値段の割にかなりいい感じの見た目のスピーカーだと思います。

赤という浮いてしまいそうなカラーも、深みがある飽きがこない雰囲気があり、気に入ってしまいました。

機能

Audioengine A2+は、USB入力、アナログ入力を備えています。

A2+のUSB入力のDACチップはPCM2704です。
バーブラウンの結構古めのものが載っています。

なお最新モデルのA2+ WirelessにはBluetoothが内蔵されているので、スマホから無線で音楽を再生することもできます。

アナログ入力はRCA端子と、ステレオミニ が1系統ずつ。

スピーカー端子はバナナプラグ対応のもの。

アナログのロータリー式のボリュームが背面についています。どの入力でもこのボリュームを通る仕様です。

音質

音質についての印象です。

はじめにRCA入力を、Audient EVO 4というオーディオインターフェースからの出力で聞いてみました。

滑らかで、穏やか、柔らかい音です。低音は大人しめな印象ですがバランスが良く、解像感が高いです。かなり気持ちの良い音がします。

正直購入価格から想像するより遥かに高いクオリティの音だと感じました。

モニター用に使えるクセのなさでありながら、眠くなりそうな安心感もあります。私がカナレGS-6という、ハイ落ちすると言われている楽器用ケーブルをラインケーブルにしてるのでこう言う傾向なのかも

ツイーターとコーンに分かれている2ウェイスピーカーなのですが、音の出る感じはフルレンジ(音が出るところがひとつ)のような自然さ。

音の指向性が強く、一番いい感じで聞こえる位置が狭かったり、音量を上げるとある程度のボリュームまでは破綻せずにリニアに音のスケールが大きくなったりします。確実に品質の高いスピーカーです。

ただ音質の評価は、音の良し悪しというより、個人の趣味嗜好がとても大きいと思います。食べ物の好き嫌いに似ています。(生音より電子音が好きな人は大勢居ますからね。)

それでいうと、このAudioengine A2+は個人的な好みの音にとても近く、アタリでした。

USB入力でも聞いてみました。先の項目にも書きましたが、PCM2704というUSB DACの最初期の頃のDACチップが搭載されています。実際に音を聞いてみると普通に良いですが、EVO 4で聞いた印象と比べると、若干雑味のようなものがあり、音場が狭く、ボーカルの口元が大きくなる感じがします。

比較したスピーカー

Audioengine A2+に決めるまで、いくつかのスピーカーを試しました。それらの簡単な印象を書きます。どれもパソコンの横に置いて使ってみました。

Fostex PM0.1 … 厚みがある良い音だけどもう少し解像感が欲しい

Bose Companion 20、2 … ドンシャリ傾向で良い音だけどとても主張が強い、曲によって向き不向きが激しい

Apple HomePod … 帯域バランスの良い音で最高だけど、パソコンの横に置いて近くで聴くには音のスケールが大きすぎるし、AirPlayの遅延がリアルタイム性が要求される使い方に向いてない

ここに挙げたスピーカーはどれも一度はこのまま使おうと思う程度には気に入りました。Audioengine A2+が全ての面で良いというよりは、自分にとって好みだったって感じです。

こんな人におすすめできる

Audioengine A2+はどんな人におすすめか?

お勧めできる人

  • この見た目が好きで、2〜3万円くらいでデスクトップスピーカーを探してる人

お勧めしにくい人

  • ドンシャリ傾向の楽しい音で音楽を聴きたい人

まとめ 耳に心地の良いスピーカー

Audioengine A2+のレビューでした。

現行品はAudioengine A2+ Wirelessですが、たぶん、似たような音だと思います。もしかすると私の中古のA2+だけが特別良い音な可能性も否定できませんけども…。

良いスピーカーです。厚みのある丁寧な塗装のルックスも自分にとって好みですし、なにより音が心地いいです。眠くなるくらい。今聴きながら寝そうですもん。

繰り返すけどクセのない音質でありながら聴きやすい、っていうのがすごいと思います。

こういう、気持ちいいアイテムって人生において大事だよなあ、って思いました。

Audioengine A2+、おすすめです。

↓なぜかAmazonに並行輸入品のページしかなかったので貼りましたが、ここから買うと高いです…。正規代理店品だと3万円くらいで買えます。本国でも269ドルなので3万円は良心的かも。
ちなみに中古だと2万円〜くらいなのでよりおすすめ。

↓エラストマー製の純正のスピーカースタンド。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です