本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ASUSのゲーミングノートPC、ROG Strix G15 G512LU (G512LU-I7G1660T)のレビュー【i7 10750H/16GB/512GB/1660Ti/144Hz】

第10世代Core i7と1660 Tiで快適なゲームを楽しめるASUSのゲーミングノートPC、ROG Strix G15を買ってみたのでレビューします。

目次

ROG Strix G15は手頃で高性能な15インチのゲーミングノートPC

コンパクトサイズで本格的なゲームを遊べるゲーミングノートPC。

私が今回入手したROG Strix G15は、ひと世代前のスペックのゲーミングPCで、Amazonのセールで10万円台とかなりお手頃でした。

世代落ちとは言ってもi7 10750Hと1660 Tiと定評のある組み合わせなので、パフォーマンスにも期待できます。

外観

ロゴ入りの箱です。この時点でテンションが上がります。

ゲーミングPCらしい、かっこいい見た目です。

キーボードも光ります。

暗いとより映えますね。

ROG Strix G15 G512LU (G512LU-I7G1660T)のスペック

スペックはこんな感じ。

CPU インテル Core i7-10750H

メモリ 16GB

SSD 512GB (PCI Express 3.0 x2)

GPU 1660 Ti

ディスプレイ 1920×1080 IPS 144Hz

サイズ 360mm x 275mm x 25.8mm

重量 2.32kg

ゲームのパフォーマンスと使用感

ROG Strix G15をしばらく使ってみました。

普段よく遊ぶフォートナイトは、競技用設定でモニターの144Hzの上限近くが出る感じでした。終盤や撃ち合いでは2桁まで下がることもあります。

かなり軽いゲームでフルHDの144Hz、軽めのゲームのフルHD60Hzなら遊べるかなーくらいのスペックですね。

熱には弱い?マイニングを試した

購入した時期にマイニングが流行っていたので試してみたところ、一晩使う前にフリーズしていました。温度をモニターすると100度に張り付いていました。当たり前かもしれませんけども、ゲーミングノートPCはマイニングに向いていませんね。

まとめ

ASUS ROG Strix G512LU (G512LU-I7G1660T)のレビューでした。

ASUSのROGシリーズなだけあって、カッコ良いデザインと期待通りのパフォーマンスを見せてくれました。ただマイニングに使うと、私の個体はフリーズしてしまいました。他のゲーミングノートPCは使ったことがないので分かりませんが、この製品はパフォーマンスの割に薄型軽量なので、熱設計は結構シビアなところで調整されているのかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次