RX100シリーズの純正保護フィルター「PCK- LM15」をオススメする理由!絶対貼るのに失敗しません!

Pocket

Shunsukeです。

先日、RX100に他社製の保護フィルターを貼って大失敗した私です。

でもそんな不器用な私でも、純正の保護フィルターなら絶対失敗しないんですよ!

これでも失敗する人が居たら、ご連絡ください。

ソニー純正の保護フィルターPCK-LM15は、不器用の味方!

DSCF4744

不器用な私は、保護フィルムを貼るとなぜか変なホコリが入ってしまいます。かといって、静電気防止のためにお風呂で貼れとか言われても面倒です。

DSCF4745

なので今回もこんな感じでホコリが入りました。(うーん、本当になんでだろうか?)

でも平気なんですよねー。純正だから。

え?ホコリが入っても平気?なぜ?

DSCF4746

右下のホコリは上に乗ってます

なぜなら、貼りなおせるからです。こんな感じで。ホコリはもうありません。

その理由は、構造です。

wakariyasui

上の分かりやすい図を見てください。純正保護フィルターのPCK-LM15は、黒い枠だけが粘着部で、透明の部分は浮いている状態になっています。これはRX100シリーズがタッチパネルに対応していないからできることですね。

なので仮にホコリが入ってしまっても、一度剥がして、ブロワーなんかで軽く飛ばしてまた貼り直せば大丈夫なんです。

他社製のものは液晶面も粘着部なので、構造上どうしてもホコリもくっついてしまいます。貼り直しなんかたら、それはもう悲惨なことになります。

純正を使う方が安心な、もう一つの理由

RX100シリーズって、いろんなところで液晶のコーティングが剥げたっていう話を聞きます。購入時に貼った他社製の保護フィルムを、中古屋さんに持って行く時剥がしたら、コーティングも一緒に剥がれたっていう口コミもありました。

この液晶面に触れない構造の純正PCK-LM15は、弱いコーティング面を守るっていう役割もありそうです。

他社製ガラスフィルムを比較

純正PCK-LM15他社製ガラスフィルム
保護面の素材ポリカーボネートガラス
貼りなおせるか何度でも大丈夫一度で貼る必要がある
液晶の見やすさ透明度が少し下がるとても見やすい
その他液晶面に触れない構造剥がす時にコーティングに負担がかかる(かも?)

ワンランク上の見やすさは他社製のガラスフィルム。

安心なのは純正ですね。

まとめ 純正は鉄板

やはり純正PCK-LM15はよく考えられて作ってあるなーって感じですね!

純正保護フィルターと他社製のフィルターで悩んでる方はぜひ参考にしてみてください。

 

投稿者プロフィール

Shunsuke自称パパカメラマン
30代の自称パパカメラマン。熊本在住。コンデジやミラーレスを次々買い換えながら、2歳の息子を撮りまくっている。カメラのほかはギターとゴルフ、あとブログが趣味。

詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です