GR IIを買ったのでレビュー。AWBがすごく進化してる。

Pocket

こんにちは。Shunsukeです。

ポケットに入るガチの高画質カメラ、GRIIを買ってみました。

前作GRからのAWBの進化がやばい!

GRIIのファーストインプレッションを。

GRIIは、本当のポケットサイズ

マグネシウム合金製のGR IIのボディは、手に取ると軽量ながら堅牢性を感じさせるものです。一世代前のGRより頑丈になった印象を受けました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さすがに小さい。そして軽い、本当のポケットサイズカメラです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これより厚みがあると、ポケットに入れる気がしない本当にちょうどいい感じのサイズ感です。

GR IIとRX100M4のサイズ比較

GR IIは、横幅はちょい大きめですが薄くて軽いので持ち運びが楽です。

GR II vs RX100M4

GR II vs RX100M4 正面

GR II vs RX100M4

GR II vs RX100M4 横

 GR IIRX100M4
重量
(SD/バッテリー込)
253g298g
サイズ
(W x H x D)
117 x 62.8 x 34.7 mm101.6 x 58.1 x 41 mm

 

GR IIで試しに撮ってみた感想

bagel bark, harlem meer, central park

Photographer: Charley Lhasa

早速GRIIを持って、家族で近所の公園へ行ってみました。

撮ってても思った。やっぱりポケットに入るって素晴らしい

さっと取り出せるだけで、こうも沢山撮るようになるんだな、と。

気がついたら、短時間で100枚以上シャッターを切っていました。

やっぱり、小さいカメラが一番ですわ。

GRIIが苦手っぽいこと

  • AFはやっぱり早くはない。遅くもないけど。2年半で進化無し。
  • 動画は…。相変わらずノイズが多いし、AFも遅いです。
  • 夜間のスナップ撮影は苦手かも。暗所AFには弱く、F2.8で手ブレ補正無しだから。

画質面では、AWBが格段に進化してる

the lake, central park

Photographer: Charley Lhasa

AWBが進化していて、派手でも地味でもなく、本当に目で見たままに近い写りをします。

最初撮った写真をMacBook Pro Retinaで見たとき、あまりに見たまんまで、脳が写真が本物だと錯覚する感じを受けてしまい、軽いショックを覚えました。←疲れてるだけかも(笑)

初代は、主観ですがどういう場面で撮ってもどこか似た雰囲気に写っていた印象でしたが、GRIIのAWBはそれぞれの場面の違いを目で見たままに的確に描き分けてくれる気がします。

でもここまで変わると初代の色の方が好きという人も居そうです。

あと高感度も良くなったらしい。ISO3200もいけるノイズ感の少なさだとか…。

まとめ、GR IIを使ってみて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「真を写す」

これ、GRIIのキャッチコピーです。使う前はカッコつけてるな(笑)、でしたが、使ってみた今は、誇張でもなんでもないGRIIをあらわすコピーだと、素直にそう思えちゃいます。

そのくらい撮れる写真に説得力がありますね。

正直、ズーム出来ないし動画ダメ、手振れ補正なくて、AFも…、と見ようによっては欠点だらけのカメラです。でも、単純に、ポケットサイズでガチの高画質ってGRII以外にほぼ選択肢はありません。

出かけるときには、サイズと画質でLX100よりGRIIに手が伸びちゃいます…。

GRIIの魅力やばい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Pocket

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です