TP-Linkの高性能LEDテープライト、Tapo L920-5をテレビの裏に貼り付けて使ってみた結果…【PR】

こんにちは。LEDのテープライトでピカピカさせたいお年頃のシュンスケです。

TP-Linkから発売された、スマホでコントロールできる高性能なLEDテープライトTapo L920-5をご提供いただいたのでレビューしてみます。

結論から言うと、一度使うと戻れない楽しさと美しさがありました。

目次

Tapo L920-5はLEDにコーティング保護がされていて、見るからに安心

Tapo L920-5は、Wi-Fiでつながるスマホでコントロール可能なLEDテープライトなんですけど、私がこれまで使ってきた5mで1,000円台の安価なものとは、パッと見でわかるほどクオリティが違いました

それはしっかりした表面のコーティングです。ICチップとLEDは、分厚い透明な樹脂で守られています。見るからに長く使えそう。

Tapo L920-5を、早速テレビの裏に貼ってみる

私は昔からテレビの裏を光らせたくて仕方なかったので、迷うことなく貼りました。

Tapo L920-5は、裏面が3m製の両面テープになっており剥離紙を剥がすだけで楽々貼り進めることが出来ます。

テレビの裏に一周針終えたら、使わない所はLEDテープの点線の部分で切ることが出来ます。

ハサミを入れる時、本当に大丈夫かな…?みたいな気持ちになりますが、大丈夫です。

切った部分と、貼り始めの部分を隣接させると光が綺麗にリンクするのでおすすめ。

Tapo L920-5を使ってみる

早速Tapo L920-5の電源をオンにしてみました。プリセットはレインボーです。第一印象は、発色の良さです。綺麗。

美しく色が移り変わっていく様子は、癒されます。

明るさも十分

Tapo L920-5は、明るさもバッチリです。こちらは日中で外の光が差し込む状態。

部屋が暗いと眩しいくらい明るいです。100段階で調整可能なので、好きな明るさにもできます。

アプリや、アレクサで自由自在にコントロール可能

Tapo L920-5は専用のアプリで操作可能。

明るさ・色の変更はもちろん、さまざまな動的なプリセットがあり、光を楽しめます。スケジュールの設定で、例えば暗い時間は暗くする、なんてことも自由自在です。

もちろんアレクサのスキルにも対応しているので、音声によるコントロールや他の照明デバイスとの連携など、考えられることは大体できます。

音楽やリズムに合わせた光を楽しむ

Tapo L920-5で楽しみにしていたのが、音楽に合わせて光ってくれる機能。…ですがここだけは個人的にはちょっと期待はずれでした。

再生する音楽に合わせて光ってくれれば良かったのですが、スマホのマイクで拾った音声に合わせて光るので、音楽と同時に人の声や物音にも反応しちゃいます。私の家には小さな子供が3人いるので、はしゃぎ声に合わせてピッカピカに光るんですよね…。それはそれで楽しいんですけども、音楽…。

耐久性や、発熱など

設置して約3ヶ月間使っていますが、その間一度も「光らない」「Wi-Fiが切れる」などのトラブル無し。

発熱も指で触れても全くと言って良いほど気になりません。いい感じです。

良いところ、気になるところ

LEDテープライトTapo L920-5の良いところと、気になるところはこんな感じ。

  • 作りが良い
  • 発色が綺麗
  • アプリが使いやすい
  • アレクサとの連携も可能
  • 耐久性も問題なし
  • 子供にも大人気
  • 音楽に合わせて光る機能は、思ってたんと違う

まとめ

ということで、Tapo L920-5のレビューでした。

実際に使ってみて、作りの良さ、使いやすさ、そして発色の美しさでとても満足できる製品だと感じました。

今回私がやった「LEDテープでテレビの裏を光らせる」というのは、テレビの画面と壁との明暗差を減らし、目への負担を減らす効果もあります。見た目にも美しいですし、おすすめの使い方です。

他にも様々な使い方が考えられるLEDテープ。家の中を見渡してみて、こんなところを光らせてみたいな、なんて場所があったらぜひ高性能なTapo L920-5を買ってみてください。私も他にも使いたい場所があるので追加で購入したいと思っています。

ブラックフライデーでセール中だし、今のうちに…。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる