【PR】インナーイヤーなのに音が良い。完全ワイヤレスイヤホン、TaoTronics SoundLiberty 88のレビュー!

こんにちは。シュンスケです。

今回は、

シュンスケ

これ音いい…。

と、思わず呟いちゃったくらい音が良い、8月7日発売のワイヤレスイヤホンTaoTronics SoundLiberty 88をレビューします。

前回レビューしたSoundLiberty 92の上位機って位置付けみたいです。

当記事は、RAVPOWERから提供された商品をレビューしています。

外観

SoundLiberty 88の外観からです。

カラーは黒で、マットな質感のケース。

イヤホン込みで51.8g。

しばらく使ってみているのですが、いつのまにか結構傷が入ってますね。あまり表面処理が強くないのかも?

USB-Cによる充電が可能です。

ケースを開けると、ワイヤレスイヤホン本体があります。

イヤホン本体です。重さは4.6g。

見た目は、ほぼほぼAirPodsといってもいいかも。いわゆるインナーイヤー型で付け心地を良くすると、この形になるのかな。

実物を比べてみても似ています。

装着感、使用感

SoundLiberty 88の装着感は快適です。やはり形状が近いAirPodsにも似ています。違いは表面処理で、 AirPodsはツルツルした感じで、SoundLibery 88のほうはマットなのでそのへんの細かい違いは感じます。

使用感も、AirPodsと全く遜色ありません。ケースから出すと接続され、装着と共に音楽が再生されて、外したら止まるといった感じです。このへんは下位機種のSoundLiberty 92では対応していなかったので差があります。

音質

SoundLiberty 88の音質は、解像感が高めで低音が控えめな印象です。

インナーイヤー型の開放感と、付け心地の良さなのに、カナル型のような解像感の高い音が聞こえてくるので正直驚きました。

AirPodsと聴き比べると、音楽を楽しめるバランスの良さはAirPodsに軍配が上がりますが、生々しさだったり、細かい音が聞こえるという印象はSoundLibery 88の方でした。

動画で音がズレる?

SoundLibery 88で気になるのは、動画視聴時の音ズレです。

SoundLibery 88とiPhone 11 Proとの組み合わせで、YouTubeアプリで動画を見ていると音がズレます。映像に音が遅れて付いてくる感じですね。

ちなみにですけど、前回レビューしたSoundLibery 92も同環境で同じように動画で音ズレがありました。(今確認して気付きました)これってアップデートだとかで改善されたりするのかな…?もしされなかったら困りそうです。

ここが良い、ここが気になる

SoundLibery 88を使ってみて、ここが良いってとこと気になる点です。

ここが良い

  • 安価で音が良い
  • インナーイヤー型
  • 快適な使用感

ここが気になる

  • 動画視聴時に音がズレる

スペック

  • 高音質10mmドライバー
  • AIノイズキャンセリング機能(通話時のみ)
  • 左右同時伝送MCSync、AAC対応
  • 快適なインナーイヤー型
  • タッチコントロール
  • 連続使用4時間、ケース込み25時間
  • USB Type-C急速充電に対応
  • IPX7の防水性能

通話時のノイズキャンセリング機能は嬉しい。

まとめ

ということで、SoundLibery 88のレビューでした。

前回のSoundLibery 92に引き続き、コスパが良いイヤホンだという印象です。

AirPods基準でみても、音質、使用感、装着感など全く負けていないですし、価格は半額以下ですからね。

とはいえ私のiPhone 11 Proの環境で、動画の音ズレがあるのが気になります。アップデートで早めに解消していただきたいところ。(そしたら完璧)

クーポンコード: BH088KOL
割引率: 20%オフ
金額: 7,599円→6,079円
期間: 8/8(土) - 8/10(月)

↑クーポンがあるので使ってください!

下位機SoundLiberty 92のレビューもしたよ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です