【PR】難アリ?RAVPower RP-PB101(PB122)のレビュー!USB-C搭載、コンセント直挿しのモバイルバッテリーはANKER Fusion 5000を超えたのか

こんばんは。シュンスケです。

外出先で充電ができるモバイルバッテリー、今や必需品ですよね。

そんなモバイルバッテリーの中でも、コンセント直挿しができるモバイルバッテリーだと外出先にコンセントさえあれば実質容量が無限です。

私も超定番のANKER PowerCore Fusion 5000を旅行に使っているのですが、一度これに慣れると手放せません。

ただ、ANKER PowerCore FusionはUSB-Cの出力を備えていない弱点があります。

今回提供してもらってレビューするRP-PB101(PB-122)はコンセント直挿しができるのはもちろん、18Wの急速充電に対応したUSB-C出力を備えたモバイルバッテリーです。

こう書くと完璧に買いですが、実際に使うと問題もありました…。

RP-PB101(PB-122)は初期不良が多い?

RP-PB101(PB-122)のAmazonのレビューを見たらわかるのですが、☆1がかなりの割合を占めます

☆1の多くは、どうやら不良品に当たってしまった様子。

実は私も最初に送られてきたものが不良品でした。USB-C周りの動作が怪しく、Amazonの☆1レビュー同様の症状がありました。

  • USB-Cでの充電が途切れ途切れで不安定
  • 2週間ほど使うと壊れて充電されなくなる

こんな感じで、普通に初期不良。RAVPowerへ連絡し、交換をお願いしました。

保証は30ヶ月、交換品は好調?と思いきや…

RAVPowerの保証は、最大で30ヶ月という長い期間が設けてあります。

サポートの対応も親切で、交換品の手配も迅速でした。

新たに届いたRP-PB122(PB101)は、MacBook ProへのUSB-Cでの給電も途切れることなく好調…だったのですが1週間もしないうちに不調に。

前と同じく、充電が途切れ途切れになってしまいました。

うーん。これは製品の欠陥なのかもしれません。Amazonの販売ページを見てもディスコンになっています。

普通に使えれば、理想的なモバイルバッテリーだった

質感も良いし、バッテリー残量表示もあるし

もしちゃんと動く商品だったら、理想的でした。

普段はコンセントへ直挿して、USB-CとUSB-Aに対応した充電器として使用して、モバイルバッテリーとして使いたくなったらそのまま外して持っていく、という使い方をしたかったな〜。

RP-PB122(PB101)の18Wでの給電は、iPhone 11 Proへ急速充電が可能ですし、MacBook Proも、本来は30W以上の給電が欲しいところですが、緊急時にはそれなりに充電できます。

モバイルバッテリーとしてガッツリ使うには5000mAhという容量は心許ないですが、コンセントでの給電を前提に考えると十分。

正直RP-PB122(PB101)惜しい商品でしたね…。

まとめ

ということで、RAVPOWER RP-PB122(PB101)のレビューでした。

まとめると…。

  • コンセプトは最高
  • USB-C周りが不安定?
  • 不良の個体が多い?

RP-PB122(PB101)は商品のコンセプトは最高でしたが、どうにも不安定ですね。Amazonのレビューや、友人の所有者(故障したらしい)を見ても個体差というよりはなんらかの問題がありそうです。

というか、このレビューを書いている時点でそもそも売ってません

なので現状でお勧めできるのは、USB-CでなくUSB-Aに対応したRP-PB125です。こちらはAmazonでのレビューでもものすごく高評価です。

もしくはこちらもUSB-C非対応ですが、私も愛用しているANKER PowerCore Fusion 5000が無難そうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です