えんとつ町のプペル展に行ってきた!その感想は…

Pocket

こんにちは。シュンスケ(@shunsuke333)です。

イオンモール熊本で行われている「プペル展」を体験して来ました。

プペル展の開催場所は、イオンモール熊本の2階イオンホール

プペル展が行われている場所はイオンモール熊本、2Fイオンホール。

期間は3月19日までなので今週末まで。

こんな感じで、奥まった場所にイオンホールはありました。

えんとつ町のプペル、資料の展示

入場料は高校生以上が500円。それ以下無料。

受付を済ませて、資料を見てみました。

本編には登場しない、設定の資料。これはルビッチの家。

街並みのラフスケッチ。

上空から見た図も。周りは崖になっていますね。

いくつかのスケッチと、「えんとつ町のプペル」ができるまでのストーリー。

マコーレカルキン君だったのか…。

光る絵本、プペル展

ということで、展示室に足を踏み入れてみました。

大きい空間というよりは、こじんまりとした部屋です。

60cm四方に引き伸ばされた光る絵は綺麗で、それでいて独特の存在感を放っています。

プペルだ。これちゃんと写真ですよ。光ってました。

0.03ミリのペンで書き込まれたという絵。この存在感は西野さんそのもの?!

光ってる。

もくもく。

これらの光る絵は、木の額縁に収められています。

会場の中心には、「ほし」が展示されていました。

全部じっくり見ても、一方通行なので10分かからないくらいで終了でした。

まとめ

ということで、話題のプペル展の様子はこんな感じでした。

「プペル」のファンなら一度は足を運ぶと良いかも…。

投稿者プロフィール

シュンスケ自称写真家
30代、熊本在住。カメラが趣味。最近、息子(4)にカメラを向けると顔を背けられるのが悩み。

詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Pocket

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です