ONAのカメラバッグ、THE LEATHER BRIXTONをレビュー!惚れ惚れします…。

ONAのバッグの一覧はこちら

こんにちは。シュンスケです。

今回は、ONAという名前のブランドのカメラバッグ、THE LEATHER BRIXTON(ザ・レザー・ブリクストン)をレビューします。

総革製で、お値段もかなりしてしまうバッグですが、ずっと使うつもりで購入しました。今では超お気に入りです!

ONA THE LEATHER BRTXTONの外観

まずは外観の写真からどうぞ。

このバッグを購入したのは去年の夏頃です。これまで約半年間使いました。

半年間…とはいえ、持ち出すのは週1回程度ですが。

かなり良い感じにエージングといいますか、くたびれてきました。

重厚な革、真鍮のパーツが使われており、質感はとても素晴らしいものがあります。

表面の仕上げは繊細で、爪でちょっとこするだけで、こんな傷が付いちゃいます。

傷はラナパーをヌリヌリしたら、簡単に目立たなくできたりします。

収納力

THE LEATHER BRIXTONには、どれくらい物が入るのか。

カメラ・レンズ・Mac、その他いろいろを詰め込んでいきます。

メインのとこ

バッグを開けると、大きなメインの収納部があります。

ここはカメラ本体や、レンズを入れるのに適した厚手のクッションに守られています。

もちろんこれらは取り外し可能です。

ここにはX-Pro2にXF35mmと、XF56mm、XF10-24mmを入れました。

空いたスペースには写ルンですも。

ノートPCが入るとこ

メインの後ろ側。ここはノートPCやタブレットを入れるのに適した場所です。

サイズは、13インチまでのノートPCなら余裕で入ります。

MacBook Proの13インチを入れてみました。左右にまだ余裕があります。

表のポケット2つ

バッグの表側にも、大きなポケットが2つあります。

マチが左右にあるため、かなり大きめの物も入る構造です。

ここにはINSTAX SHARE SP-2を入れてみました。

もう片方には、財布などを入れました。

サイドのポケット

バッグの両サイドには、小型のポケットがあります。

替えのバッテリーやSDカードを入れるのにも良さそうです。

背面のポケット

バッグの背面には、フラットなポケットが。書類を入れるのにちょうど良さそうです。iPadも入ります。

使用感、重さと高級感のトレードオフ

ONA Bags 公式サイトより

使用感です。

いきなりネガティブなことを書くと、非常に重いバッグです。本体のみで2kg近くあり、しかもメッセンジャーバッグなので中身を含めた、かなりの重みが片方の肩に掛かります。

そのため長時間このバッグを肩にかけて歩くと、肩が痛くなるばかりでなく、全身がかなり疲れてしまうという印象があります。

とはいえ、メッセンジャーバッグはカメラバッグとして非常に理想的な使い勝手だと思います。レンズ交換の際にも、肩にかけたままフラップを開けて、サッと取り出すことができます。これはバックパックタイプのカメラバッグには無い利点です。

また、THE LEATHER BRIXTONのビンテージ加工がされたイタリアンレザーや、真鍮のパーツなど、非常に高級感のある佇まいは良いものが欲しい、という所有欲を十分に満たしてくれます。

今回のまとめ

以上、ONAのカメラバッグ、THE LEATHER BRIXTONについてでした。

今回のまとめとしては、

  • 非常に高品質なバッグ
  • 収納力も問題なく使い勝手も良い
  • 総革製なので重い、値段も高い

こんな感じです。

このバッグを使った人は、口を揃えて「重い」と言うそうです。

ただ、ルックスや品質、使い勝手は非常に高く、長く愛用できるバッグだと思います。私も末長く愛用したいです。(フジのカメラと合うし!)

次の記事は、このカメラバッグの小型版、ONA Boweryについて。

次は普段使いにもバッチリな、ONAのThe Boweryのレビューです。

カメラバッグとしてもX-Pro2とレンズ2本が入っちゃう収納力。マストバイ!

フォローで更新情報をお届け!

質問待ってます!

富士フイルムのカメラ関連で知りたいことがあれば、記事でお答えしますのでぜひお気軽に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です