【熊本】ブルーインパルスの迫力はヤバい。絶対に見るべき!

Pocket

こんにちは。Shunsukeです。

今日熊本市上空を、ブルーインパルスが飛びまくりでした。これすごい。興奮を覚えてるうちに書きます。

人出がヤバい

Shot on X100F

日中、みんなが空を見上げてるんですよ。こんな状況、ハリウッド映画で宇宙人が来るってとき以外まず見ないじゃないですか。この時点で既にヤバい。もう楽しい。

音がヤバい

Shot on X-T2

ジェット機の音ってとんでもない轟音じゃないですか。数字にすると120デシベルで、もはや珍走団(90デシベル)なんて目じゃないです。そんなの轟音を轟かせるヒコーキが5機、縦横無尽に空を飛ぶんですから、もうこんなの経験したことないレベルです。雷か?ってくらいの音ですからね。

スピードがヤバい

Shot on X-T2

当たり前ですけど、速い。もうめっちゃ速い。時速800kmで飛びながらショーをするワケです。わかりますか?時速800km!

あ、見えた!と思ったらもうモクモクだけ残して居なくなるくらいのスピードですよ。今のシーン撮りたかったっていうのが多すぎた!

美しさがヤバい

Shot on X100F

轟音で、超スピードなのに、ありえないくらい揃った編隊飛行を見せてくれるわけです。

一体どれだけの血が滲むほどの訓練をしてきたのか。今回は、熊本復興の願いを乗せて、熊本市街地上空を飛んでくれました。技術も、想いも、晴れ渡った青い空も、なにもかも、とにかく美しかったぞー!

まとめ 贅沢すぎるショー

Shot on X100F

航空自衛隊による、ブルーインパレスの飛行展示。

正直に言います、3日前まで全く興味ありませんでした。「ヒコーキが並んで空飛ぶの?ふ〜ん。事故って落ちてきたらヤダな〜」くらいに思ってました。本当にすみませんでした。

でも調べてみると、ブルーインパルスって存在自体がカッコいい。パイロットの任期はたったの3年。全国から選ばれたエリート達が、本当に純粋に「夢・感動」のためにアクロバット飛行を披露する…。その歴史は既に50年以上。幾人も、何代にも渡って思いを託されてきた。

そして今回は、「熊本復興」のために、市街地上空を飛行展示するという。

もう感動ですよ!

ありがとうございました!人類さいこー!

使ったカメラとレンズ

カメラは、富士フイルムのX100FX-T2を、レンズはXF50-140を使いました。これらはコンデジやミラーレスですが、近年はオートフォーカス性能も上がっておりストレス無く撮れました!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Pocket

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です