私が富士フイルムのミラーレス一眼を選ぶ理由

こんにちは。シュンスケです。

私は趣味で写真を撮っています。かわいい息子を撮りたいだけのパパです。

そんな私はこれまで、ニコンの一眼レフ、ソニーのコンデジ、オリンパスやパナソニックのミラーレスなどを使ってきました。その中でも一番しっくり来たのは富士フイルムでした。

今回は、なぜ私が富士フイルムのミラーレスを選んだのか?その理由を書いていきます!よかったらお付き合いください!

元はソニー信者でした

妻がRX1で撮ったつむじ。俺はRX100M3で撮ってる。

私は20年来のパソコンオタクなので、カメラも小型高性能なものが一番良いという思い込みがありました。(今もある)

そんな私にとって、ソニーのカメラは素晴らしく見えました。特にRX1が私の中では金字塔です。

RX1は、レンズ込みで500gを切っているのに、フルサイズセンサーと高精度で組み合わされたレンズで、それはもう生々しい写真が撮れます。しかもレンズシャッターなので、子供の寝顔の写真なんかも静かに撮る事ができます。

今写真を見返しても、RX1で0歳〜1歳の息子の写真撮ってた私自身を褒めたくなるほどです。やっぱり大センサー最高。ソニー最高!

富士フイルムの作例を見て驚く

フジで撮ったつむじ。

RX1最高!と思ってた頃の、私がAPS-Cというサイズのセンサーに対して描いていたイメージは、全体的に滲んだような写真だったり、ボケ量も少なくて硬いというかとろけないというか、そんなネガティブなものでした。

正直なところ、当時私が使っていたNIKON D7000ではそんな写真が撮れていました。今思うと、カメラのせいというより、絞りやISO感度なんかを私があんまり気にしてなかったせいかも…。(ごめんなさい)

そんなタイミングで、富士フイルムの作例を見て驚きました。確か、ネコが写ってたと思うのですが、毛の一本一本までパリッと解像しているし、ボケもいい感じ。これなら、RX1から移行してもいいんじゃ…なんて思いました。

ただ、価格を見たら中古のRX1が買えるくらいだったので見送りましたが…。

迷走する

RX1で立った!ピンボケ。

そんな感じで月日が流れ、息子が育ってきました。するとひとつの問題が。

RX1の初代はオートフォーカスが遅かったため、立って歩くようになった息子を上手く撮る事ができなくなったんです。なのでその当時、併用していたRX100M3を主に使うようになったのですが、今度はRX1に目が慣れていたので画質が悪く感じました。←あるあるですね。

一度はニコンのD600にも手を伸ばしましたが、ちょっと私には大き過ぎて…。

そこでRX1くらい小型でオートフォーカスが早く、しかも画質が良いというカメラを探す旅に出ました。オリンパス、パナソニック、そして富士フイルムと使いました。

ちなみにオリンパスの手ぶれ補正は最高だと思ってたし、パナソニックのDFDによるAF速度も動画の綺麗さもやっぱり最高でした。

富士フイルムを選んだ理由

フジで撮ったフジ。かっこいいでしょ?

そんな流れで、富士フイルムを使うようになりました。

本当は富士フイルムの後に、ソニーのミラーレスを試そうと思っていたんですけど、結局富士フイルムで止まってます。

思い返すと2016年の3月に買ったX70から、丸2年間は富士フイルムを主に使っています。

 

ということで、なぜ富士フイルムを選んだのか?あくまで私視点ですが、いくつか挙げてみます。

ちょうどいいサイズと、価格

富士フイルムのカメラのサイズが、私にとってはちょうどいいと感じます。大きすぎず、小さすぎず。持つのにちょうどいいのは、ある程度のサイズが必要ですが、かといって大きすぎるのも違います。

持ち運べるX100Fといい、ストリートスナップに使うために最適なX-Pro2といい、そのサイズ感が用途にしっくりときます。

そして価格。私でも、頑張ればなんとか買えます。

APS-Cだけど、本気

富士フイルムXシリーズのカメラは、本気のクオリティです。カメラの造りも、写真の品質もです。

センサーサイズはAPS-Cなので、もっと大きなセンサーの余裕のある絵とは少し違います。でも、APS-Cなことを生かした一切の手抜きのない高品質なレンズとカメラのセンサーだということは、使えばわかります。

かっこいい

見た目。これは外せません。

私にとって富士フイルムのカメラは、積極的に使いたいほどにかっこいいカメラです。これは選びます。

作ってる人たちがアツイ

私は基本引きこもりなのですが、富士フイルム関連のイベントにはホイホイ顔を出します。そこで富士フイルムの中の人と話したりする事があるのですが、みんな自社のカメラのことを本当に愛している事が伝わってくるんですよ。

正直いつもフジのことをブログに書いてる私がちょっと引くくらいです…笑。

次のオリンピックで使われるようになる、だとかシェア1位を目指す、だとかフジ信者目線でもちょっと無茶な感じのことを目標にしたりするのもまた楽しいですね。

楽しいから、お金出して買って応援したくなるんです。

撮って出しの画質も良い

基本的に私が撮るのは家族の日常、みたいなものばかりです。特に加工もせず、撮って出しのJPEGばかり。

私は富士フイルムのJPEG、いわゆる撮って出しの写真がとにかく好きなんです。

過去、ソニーのRX1で撮った写真を今見返しても、スゲエ…ってなります。息子のよだれや毛穴、部屋の散らかり具合まで克明に記録されている感じです。これはこれで素晴らしいと思います。

それと比べると、富士フイルムのカメラで撮った写真はサラッと見れるし、何を撮ろうとしていたかがわかる。でもよだれや毛穴は気にならない。ちょっと美化した世界ですね。

これはもう完全に好みですが、私は写真として残すなら、すこし美化した方がいいんじゃないかって思いました。だって思い出って脳内で美化されるじゃないですか。

後で見返すと、その美化したイメージに近いのは富士フイルムの写真だなと思っちゃったんです。ソニーすげーけど。

あるべき姿のカメラ

俺たちの KenRockwell.com. より

いつもはフジのカメラ(主にX-Pro2とX100F)のことを、見た目がかっこいいなんて言ってますけど、正直言うとカメラはこうあるべきだって思います。

持ちやすいサイズ。絞り、ISO、シャッター速度は物理ダイヤルがある。必要最低限の機能。

フィルムカメラの全盛期のものを完成型として、普通(普通って大変だよね)にデジタルカメラを作るとこーなったという感じ。

信者丸出しだけど、本当にこう思ってるから仕方ない!許して。

他のカメラを否定するわけじゃないよ

叩かれたりが怖いから補足すると、上で挙げたのはあくまで私が個人的に富士フイルムを選ぶ理由なので、10人いれば10通りの選択肢があるのは当たり前だと思ってます。(でもなんでみんな富士フイルム買わないの?)

例えば風景撮影なら大センサーのものがより良いだろうし(GFX 50Sとかね)、失敗したくないスポーツ撮影だったらやっぱり一眼レフは必須だと思うし(最近はα9の方が良いの?)。エクストリームな場所や戦場とかに行くなら何度落としても壊れないくらい頑丈なカメラ(ニコンって丈夫らしいね)じゃないといけないだろうし。シグマのフォビオンの解像感すげーなあって思うし。あと自分可愛いって思ってる女子は絶対大きめの一眼レフ使うと思う(あざとかわいい)。

とにかく(Anyway)、好きなカメラ見つければ幸せになれると思う。そのために、カメラをいっぱい買えば良いと思う。

今回のまとめ

ということで、私が富士フイルムを選ぶ理由でした。

完全に自分視点で語ってみました。

簡単にまとめると、

  • ソニーが気になるけど、富士フイルム最高。
  • オリ、パナも気になるけど、富士フイルム最高。
  • ライカM3はフィルムカメラなので大丈夫。

こんな感じです。

富士フイルムのミラーレスはちょうど良いサイズで、見た目と質感が良くて、価格も…ぼちぼち買えるくらいで、操作感も良くて写真までいい感じで撮れるんだから、そりゃ使うでしょ!

次の記事はこちら

「富士フイルムを愛すべき3つの理由」というタイトルで書いた記事です。X-T10を使っていた一昨年に書きましたが、今見てもほぼ同じ気持ちです。

フォローで更新情報をお届け!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です