Eufy HomeVac Duoを買ってみたのでレビュー!ElectroluxやDyson V6、Dibea C17とも比較

こんにちは。シュンスケ(@shunsuke333)です。

超コスパがいいモバイルバッテリーで有名な俺たちのANKERが、家電業界に参入!?

最初に投入されたのは、ロボット掃除機、コードレス掃除機、アロマデフューザーの3つの製品。

私はコードレス掃除機、HomeVac Duoを買ってみました。

ANKERの家電?きになる!

届いたので開封!

DSCF5081

箱。でかい。左下はモバイルバッテリーの箱です。

DSCF5088

中に特大なモバイルバッテリーが入っている予感がします…が、ちゃんと掃除機が入っていました。

外観

jiritsu

早速内容物を取り出してみました。

掃除機本体はこのように自立します。

handy1

取り外しスイッチを押すと、ハンディ用の掃除機にも。

DSCF5186

充電用クレイドルには、ハンディ用のノズル2種が収納可能。これなら失くさないかも?

使ってみる

DSCF5180

スイッチは手元に。2段間で吸引力を変更可能!音は気持ち大きめかな?

DSCF5183

ヘッドがピカッ!進行方向のホコリを照らして逃しません!このギミックのおかげで延々掃除しちゃう。

nozuru

ハンディに変身すると吸引力は1段階だけ。その代わりノズルが2種から選べます。

バッテリーの持ちはさすがANKER!24分〜60分(エコモード)持つのでしっかり使えます!

メンテナンス

DSCF5190

メンテナンスは、基本はこうやって外して、中のゴミを捨てるだけ。

フィルターユニットは、分解して丸ごと水洗いも可能です。

しかしこれがけっこう大変です。ゴミが捨てにくいしフィルターすぐ詰まるし、面倒。

女性にも使いやすいのか?

数字で見ると本体重量が2.8kgとそこそこありますが、重量バランスが下部に集中しておりヘッドがスムーズに動くので、体感ではそこまで重いと感じることはありませんでした。

妻も非常に気に入って使っているので、非力な女性にもオススメできます。

吸引力は?

しっかり吸うのか?気になりますよね。

スペック的には、コードレス掃除機としてはこの価格ではあり得ないほどの、他社では上位機にあたる強力な仕様(モーターヘッドと、バッテリー電圧21.6V)を誇っています。

実際に使っていても、不満はありません。

例えば子供が固形の食べ物をこぼした時、ささっと取り出して掃除機を掛ける、といった用途ではHomeVac Duoは期待以上の吸引力を発揮してくれます。

Electroluxと比較してみる

家電屋さんにもよくある、似た仕様のElectroluxのエルゴラピードZB3006と比較してみます。

 ANKER HomeVac Duo
Anker HomeVac Duo (2-in-1 コードレスサイクロン掃除機) 【スティック型&ハンド型の2-in-1 / サイクロンシステム搭載 / 直立型充電台付属】
Electrolux ZB3006
Electrolux サイクロン式スティック&ハンディクリーナー(パープル) エルゴラピード ZB3006
本体サイズ
260x1170x190 mm263×1070×150 mm
本体重量2.8 kg2.7kg
連続使用時間エコモード60分、通常24分通常モード25分、最大モード13分
充電時間4〜5時間16時間
価格

少しANKERの方が大柄のようです。似たようなサイズ感。

大きな違いは、充電時間と連続使用時間ではないでしょうか。特に充電時間の、4〜5時間と16時間の違いは大きいと思います。

実際に、私が使っているANKER HomeVac Duoは、バッテリーが本当に持つ印象です。家中掃除しても余裕があり、しかも充電がすぐに終わるため全く不安を感じません。

Dyson V6と比べると…

後日、天下のDysonのワイヤレス掃除機を買いました。V6 Slimというモデルです。

正直に書きます。比較にならないほどDysonが素晴らしいです。

とにかく、よく吸う。Dyson V6 Slimを使うと、見えない細かいホコリまで部屋から綺麗さっぱり無くなるので、掃除の後実にすっきりします。

ヘッドの動きもDyson V6 Slimは快適だし、なんで最初からこっち買わなかったかと思うほどでした。

このV6 Slim、今は2万円台で買えるし、お得だと思う。

でも実家の60代の両親に言わせると「Dyson V6は煩すぎて無理」らしい。好みかな?

Dibea C17と比べると…

Dibea C17というワイヤレス掃除機も手に入れました。当レビューを見たGearBestというところから提供を受けました。

Dibeaは、聞き慣れないメーカーだけど、中国のコピー?ジェネリック?家電メーカーみたいです。

Dibea C17の価格はこのレビューで紹介したEufy HomeVac Duoと変わりません。

Dibea C17がEufy HomeCacDuoより優れている点は、ヘッドの動きがスムーズで、軽く、音も静かです。

Eufy Home VacDuoがDibea C17より優れている点は、全体的な造りの良さ、吸引力です。

どちらがおすすめかと言われると、Dibea C17の方です。吸引力は物足りないけど、使いやすいです。

感想とまとめ! はじめてのコードレス掃除機としてならありだと思う

jiritsu

ANKERの家電製品、どんな感じなのか期待半分、不安半分だったんですけど、単体ではじめてのコードレス掃除機としては満足できる製品でした。

特にバッテリーが長持ちで短時間で充電できることと、価格の割に強力なバッテリー21.6Vの仕様は嬉しい点です。

ですが、他社メーカーと比べるとあまり良いとは言い難い部分もあったりします。ヘッドの動きがスムーズでないし、ゴミ捨てのメンテナンスが面倒。結局評判も微妙で、ディスコンになっちゃったみたいですね。

同価格帯なら私が使った限りではDibea C17のほうが良いかな、という印象でした。

そして限られる予算で探している方には申し訳ないのですが、もう少しお金を出して、Dysonを買ったほうが満足度が高いかもと思います。

投稿者プロフィール

シュンスケ自称写真家
熊本在住。お気に入りの富士フイルムのカメラで、息子の写真を撮っています。

詳しいプロフィールはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!