Xシリーズのメジャーアップデートについて。エテルナはX-H1のみ!

Pocket

こんばんは。シュンスケです。

Xシリーズのメジャーアップデートについて、詳細をまとめてみました。

追記: X-T20のファームウェアは公開済みです。

X-H1 ファームウェア Ver.1.10 5月公開

  • フォーカスブラケットが追加される。1回のシャッターで最大999枚まで、フォーカスステップは1〜10まで選べる。
  • シネレンズMKX18-55、MKX50-135に対応。
  • 動画の位相差AFを強化。
  • 写真撮影時にシングルポイントで最小サイズでもの位相差AFを使える。全てのAFエリアアサイズで位相差AFが使える。
  • FUJIFILM Camera Remote appを強化。
  • “ボディ内手ぶれ補正モード”をFnボタンで選択できるようになる。
  • EVF/LCDの情報表示を拡大できるようになる。情報表示の場所もカスタマイズできる。

X-Pro2 ファームウェア Ver.5.00 5月公開

  • 位相差AFを強化(X-H1並に)
  • フリッカー低減撮影機能を追加。
  • フォルダの選択とフォルダの作成を追加。新しいフォルダを作って写真を保存可能。
  • EVF/LCDの情報表示を拡大できるようになる。情報表示の場所もカスタマイズできる。

X-T2 ファームウェア Ver.4.00 5月公開

  • フォーカスブラケットが追加される。1回のシャッターで最大999枚まで、フォーカスステップは1〜10まで選べる。
  • シネレンズMKX18-55、MKX50-135に対応。
  • F-LogをSDカードに記録できるようになる。
  • 1080/120Pのハイスピード動画が撮影可能になる。
  • 位相差AFを強化(X-H1並に)
  • フリッカー低減撮影機能を追加。
  • フォルダの選択とフォルダの作成を追加。新しいフォルダを作って写真を保存可能。
  • EVF/LCDの情報表示を拡大できるようになる。情報表示の場所もカスタマイズできる。

X-E3 ファームウェア Ver.1.20  4月公開

  • FUJIFILM X RAW STUDIOがサポートされる。
  • FUJIFILM X Acquireで、カメラの設定の保存と復元ができるようになる。
  • XC15-45mmに対応。
  • サードパーティ製のフラッシュに対応。
  • FUJIFILM Camera Remote appを強化。
  • EVF/LCDの情報表示を拡大できるようになる。情報表示の場所もカスタマイズできる。

X100F ファームウェア Ver.2.10 4月公開

  • EVF/LCDの情報表示を拡大できるようになる。情報表示の場所もカスタマイズできる。

X-T20 ファームウェア Ver.2.00 公開済み

公開済みです。http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/download/finepix/xt20firmware/download001.html

  1. 動く被写体への追従性を強化
    画像認識アルゴリズムの改善により、従来に比べ、被写体への追従性が向上。被写体の動く速度が2倍、サイズが1/2になっても捕捉します。
  2. タッチパネル操作性の向上
    1)撮影モード時の拡大表示中に、フリック操作によるAFエリア位置の移動
    2)再生モード時のピンチイン/ピンチアウト操作による、再生コマの表示数の変更。(1コマ⇔9コマ⇔100コマ)
    3)9コマ、100コマ再生時に、タッチ、ドラッグ操作によるコマ選択とダブルタップによる1コマ再生への遷移
    4)Qメニュー内のタッチパネル操作
    5)文字入力がタッチ操作で行える(*1)
    *1:一部機能(セットアップメニュー>接続設定>PC保存先設定>手動設定>SSID入力)を除く
  3. RAW現像ソフト「FUJIFILM X RAW STUDIO」に対応
    パソコンとデジタルカメラをUSBケーブルで接続することで、デジタルカメラに搭載している画像処理エンジン「X Processor Pro」を使用したRAW現像が可能になります。現像設定の素早いプレビューや、バッチ処理による高速RAW現像ができます。
    ※RAW現像ソフト「FUJIFILM X RAW STUDIO」は下記よりダウンロードしてご使用ください。

  4. PCソフトウエア「FUJIFILM X Acquire」を使用したカメラ設定の保存・読み出しに対応
    パソコンとX-T20をUSBケーブルで接続することで、カメラ設定の保存・読込みが、無償ソフトウエア「FUJIFILM XAcquire」Ver.1.7を介してご利用いただけます。撮影条件を瞬時に切り替えたり、複数の「X-T20」間で設定をコピーする際に便利です。
    ※「FUJIFILM X Acquire」Ver.1.7は下記よりダウンロードしてご使用ください。

  5. フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZに対応
    新「フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」に対応し、以下の機能を使うことができます。
    1)フォーカスモード(AF/MF)変更時に、フォーカスリングの機能(ズーム微調整、マニュアルフォーカス)が自動で切り替わり、快適に操作できます。
    ・フォーカスモード切換レバーがSまたはCのときのフォーカスリングの機能:ズーム微調整
    ・フォーカスモード切換レバーがMのときのフォーカスリングの機能:マニュアルフォーカス
    2)電源ON時に、前回電源OFF時のズーム位置に復帰するため、インターバル撮影などで便利です。
    3)再生モード時にレンズが沈動せず、次回撮影時のインターバルが短縮できます。
    注:フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZをご使用になる場合は、レンズのファームウエアを最新にしてからご使用ください。

  6. フラッシュの無線コントローラー制御に対応
    他社製スタジオフラッシュの無線コントローラー制御に対応します。当社カメラシステムに対応した他社製スタジオフラッシュでハイスピードシンクロや、TTL撮影がご利用いただけます。
  7. RGBヒストグラム表示、ライブビューハイライト警告表示機能追加
    撮影時にヒストグラムを割り当てたファンクションボタンを押すと、RGBヒストグラムとライブビューハイライト警告表示(高輝度部分が点滅)になります。
  8. 撮影モード時の情報表示内容の拡大表示とカスタマイズ設定
    撮影モード時に表示されるGUIアイコンや情報表示をLCD、電子ビューファインダーそれぞれで拡大表示できます。拡大表示時に撮影モード画面内に表示する情報をカスタム設定することができます。
    なお、拡大表示ONのときは、以下の表示など一部のアイコンが表示されません。
    ※距離指標バー、合焦マーク、フォーカスモード、ブレ防止、マイク/リモートレリーズ、AF+MF、ボタンロック、/電子音&フラッシュ
  9. 顔検出時の露出最適化
    顔検出時のAEを最適化しました。

http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/download/finepix/xt20firmware/download001.html より

 

まとめ

ということで、アップデートの内容をまとめてみました。

  • X-H1は動画の位相差AFが向上。これは嬉しい。
  • X-H1とX-T2には新機能のフォーカスブラケットが追加されます。これで被写界深度合成でブツ撮りも捗りそうです。
  • X-T2は動画性能のアップデートも含めた盛りだくさんの内容です。
  • X-T2とX-Pro2は、AFアルゴリズムがX-H1並みに強化されます。
  • X-T20とX-E3は、FUJIFILM X RAW STUDIOに対応。X-T20にはX-E3同等のAF強化も。

全てのカメラが進化しますね。ありがてぇ。

4月から順次アップデートが予定されています。

なおフィルムシミュレーションのエテルナはX-H1専用で、他の機種には今回のアップデートでは追加されないようです。エテルナ貴重だ…。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Pocket

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です