FUJIFILM X-H1のボディ内手ぶれ補正の威力が半端ない。買うしかない!

こんにちは。シュンスケです。

本日2月15日、富士フイルムのミラーレス一眼、X-H1が正式発表されました。

5軸手ぶれ補正、剛性を増したボディ、369万画素のEVF、新フィルムシミュレーションETERNA(エテルナ)。

これはやばいやつ来ましたよ!

速攻で情報をまとめました!!

X-H1正式発表!

富士フイルム初のボディ内手ぶれ補正を搭載した、X-H1がとうとう発表されました。

5軸のボディ内手ぶれ補正は、最大で5.5段分。これで既存のOISがないレンズも5段の手ぶれ補正に対応です。すげえ!俺たちの単焦点がすべて5段手ぶれ補正になる。

位相差センサーの対応照度が1.5段分拡張!暗くても位相差AFがビシバシ決まる

ボディはマグネシウム合金の厚みが25%向上。コレまで以上に強靭に。強そうだぜ!

バッテリーグリップももちろんあり!型番はVP-XH1。X-T2と同様にバッテリーを2個搭載可能で、ブーストモードもあり。また、これを着けることで4Kの撮影時間が30分に伸びる。(無しの場合15分まで)

369万画素、0.75倍、100FPSの高スペックなEVF。

そして動画用の新フィルムシミュレーションETERNAが追加。

サイズは(幅)139.8mm×(高さ)97.3mm×(奥行き)85.5mm (最薄部39.5mm)。重さはX-T2より167g重くなって673g。バッテリーはX-T2と同じNP-W126SでX-T2から30枚減って撮影枚数は310枚。

発売日は3月1日!すぐじゃん!絶対買う!

手ぶれ補正まじすごい

静止画の手ぶれ補正。すごっ。

動画での手ぶれ補正。手持ちもいけちゃう!

とりあえず、公式動画を見ましょう

かっこいいぞ!

手ぶれ補正ここまですごいの?!静止画も動画もここまでとは。しかもスタビライザーとの組み合わせもすごい!

これが動画用のMKXレンズ…!

フィルムシミュレーションETERNA(エテルナ)を使ったショートフィルム。このクオリティで撮れちゃうなんて…!買うしかない!

公式サイト

公式サイトも見ましょう。

X-H1の情報

Fuji Guysによる実機テスト動画!

Cinema5Dによるレビュー動画!

DPReviewによるフィルムシミュレーションエテルナのサンプル動画

X-T2とのスペック比較

予約も開始された!

Amazonで予約も開始!

今回のまとめ

本日14時正式発表されたX-H1の情報でした!

上の公式動画、エテルナで撮ってるのアツイですね!!

見た目がX-Pro2とは全く違う方向でカッコいい!!手ぶれ補正があそこまで効くなんて!動画性能がとんでもねーことになってて撮りたくなった!!俺エテルナで撮んだ!!予約せねば!!

次の記事は、X-H1の購入レビュー!

買っちゃいましたよ、X-H1。実際に使って、早速記事を書いてみました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!