富士フイルム Photokina(フォトキナ) 2018での発表をまとめた!GFX 50R!GF50mmF3.5!GFX100メガピクセル!(GFX 100S)

9月25日、日本時間20時半から行われた富士フイルムのフォトキナ2018発表会(プレスイベント)の様子です。

かねてより噂だった、5000万画素のレンジファインダータイプの中判ミラーレスGFX 50R、1億画素の中判ミラーレスGFX 100などが発表されました。

GマウントはSuper Full Frame

中判センサーをスーパーフルフレームと呼ぶそうですw

GFX 50R

5000万画素の中判ミラーレス、GFX 50R。

トラディショナルな中判フィルムカメラと比較。(奥がGFX 50R)

かっこいい。

本体800g切ってます。

GFX 50Sより、145g軽く、25mmも薄い。

このサイズ感はフォトウォーク行ける。

GFX 50Rの詳細な画像

  

価格は4,499.95ドル。発売は2018年11月。

GFX 50Rのスペック

  • 5140万画素(GFX 50Sと同じ)
  • X-Prosessor Pro(GFX 50Sと同じ)
  • 236万ドットのタッチパネル背面液晶
  • 369万ドット電子ビューファインダー
  • 3D電子水準器

(詳しくは別ページにまとめます)

参考リンク

新しいGFレンズ

GFX 50Rに合わせて、小型のレンズGF50mmF3.5も発表。

ほしいこれ。

ズームレンズ2本も発表。

  • GF45-100mmF4 R LM OIS WR
  • GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR
  • GF35mmF3.5 R LM OIS WR

Gマウントレンズロードマップ

公式でGマウントレンズのロードマップも。

Capture Oneに対応

Phase Oneが作るプロ用のRAW現像ソフト「Capture One」に対応。

RAW現像、ティーザー撮影、フィルムシミュレーションにも可能。

GFX 100メガピクセルス

「誰も見たことのないカメラ」

1億画素のGFXきました!

名前はGFX 100メガピクセル!

  • 中判サイズセンサー(スーパーフルフレーム!)
  • ボディ内手ぶれ補正入り
  • 位相差AF
  • 1億画素
  • 4Kムービー撮れる
  • 1万ドル
  • 2019年発売

たかい。ほしい。

ください。

そのほか

SQ20と、超近くででかい画面を写すプロジェクターの発表も。

近いのにでかい。フジノンレンズを使われているそう。

まとめ

GFX 100メガピクセルが強烈なインパクトを残す発表でした。

GFX 50Rはあのサイズ感で中判というのは正直買えるなら買いたいです。

スーパーフルフレーム、日本でもスーパーフルサイズとか言っちゃうのかな…(こわい)。

発表された製品など

  • X-T3 9月20日に発売済みのXマウントミラーレス
  • XF200mmF2
  • XF33mmF1
  • XF16-80mmF4
  • Capture Oneに対応
  • GFX 50R 5000万画素の中判ミラーレス
  • GF50mmF3.5
  • GFX 100メガピクセル 1億画素の中判ミラーレス
  • Instax SQ20

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です