富士フイルム Photokina (フォトキナ) 2018での新情報、X-H1の手ぶれ補正ファームウェア、XF33mmF1のモックアップなど

ドイツのケルンで9月26日からはじまった「フォトキナ2018」。

先日の発表会に続き、様々な新情報が出ています。

海外メディアePHOTOzinetと、optyczne.plから引用してご紹介します。

FUJIFILM X-H1のボディ内手ぶれ補正が、さらに強くなるファームウェアが来る

ePHOTOzine より

FUJIFILM X-H1のボディ内手ぶれ補正の性能が、2018年のファームウェアアップデートでさらに向上します。

対象は、6本のズームレンズ。

  • XF10-24mm 3段→5.5段へ
  • XC15-45mm 3.5段→5.5段へ
  • XC16-50mm 3段→5.5段へ
  • XF18-55mm 3.5段→5.5段へ
  • XF55-200mm 4.5段→5段へ
  • XF50-230mm 3.5段→5段へ

これまでは、元々手ぶれ補正が備わったズームレンズの一部で、X-H1と組み合わせると効きが弱いものがありました。今回のアップデートはそれを解消するものです。

(細かく言うと、これまでもレンズ2軸とボディ3軸で5軸の連動はできてたんですけど、段数の方はレンズが優先されていました。)

X-H1、ますます買いですね。キャッシュバックは今月末までですよ!

→X-H1は最高です!の記事をどうぞ

XF33mmF1 R WR

XF33mmF1 R WR。F1の明るさでAFが使える世界初のレンズとして開発されています。

写真はモックですが、その大きさが確認できますね。

フィルター径は77mmで、XF16-55mmF2.8と同じです。

X-H1や、グリップ付きのX-T3でバランスよく使えそうなサイズ感ですね。お値段が気になるところです。

XF16mmF2.8R WR

XF16mmF2.8 R WR。さきほどとはうって変わって小型なレンズです。

F2三兄弟(23,35,50)と同じようなデザインですが、こちらはF2.8とやや暗め。フィルター径の49mmは、X100F用と同じです。

換算24mmと広角で小型、従来のこのカタチのレンズ同様に価格も安いとしたら、かなりの人気のレンズになりそう。

X-Pro2やX-E3、X-T20と組み合わせたいですね。

XF16-80mmF4 OIS WR

XF16-80mmF4 R OIS WR。待望の換算24-120mmの便利ズームです。小型さと高画質さの両立を目指して作られているとのこと。

手ぶれ補正、防塵防滴にも対応していてとても使いやすそうです。

個人的に特に嬉しいのは、絞りリングがあるという点です。

X-T3と一緒に使いたいレンズです。というか出たら絶対買います。笑

→ついでにX-T3を買ったよの記事見ていきませんか?


optyczne.plにレンズのモックの様々な画像があります。見ながら色々と想像をめぐらせてみてください!

まとめ

X-H1のアップデートは嬉しいですね。これからもどんどん強化していただきたいです。

XF33mmF1、XF16mmF2,8、XF16-80mmという3本のレンズも、それぞれ特徴がはっきりしており、あっさり買ってしまいそうな魅力的なものばかりです。

みなさんどれを買いますか?

シュンスケ
XF16-80は買うでしょ、XF33mmF1も値段次第だけど買うと思うし…XF16mmも試したいよなぁ…。全部ほしい。

先日の富士フイルムの発表会の様子はこちら

→フォトキナ2018の富士フイルムの発表会の様子です。コンセプトモデルGFX 100メガピクセルや、レンジファインダースタイルの中判ミラーレスGFX 50Rが登場しました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です