私がカメラに拘るようになったきっかけを語る

Pocket

こんばんは。Shunsukeです。

皆さんはどのような理由でカメラに拘るようになりましたか?

私は明確なきっかけがあったので、ここに書いてみたいと思います!

飼い猫

IMG_0004

D40 / AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II

20年くらい前の話です。夜の公園で猫を拾いました。

おそらく生後3ヶ月くらいの小さな、ネズミに似た子猫。

本当は拾うつもりなんてなかったんですが…。ダンボールが閉じられた状態で置いてあって、単なる好奇心で中を覗こうとちょっと開けたら、中からゆっくり小さい生き物が外に出てきてしまって。

「こんな小さいの、ほっといたら…死ぬよなぁ」

心を掴まれた私は、以後、猫の奴隷として生活することになりました。

猫は先に死ぬ

いろいろあって、その猫も14年生きて亡くなりました。(私の腕の中で。)

しばらくの間は、いわゆる”ペットロス”でしたね。

亡くなったら、写真を見返すんですよ。

写真、数は撮ってたんですよ。でも、使っていたのがD40とキットレンズで、何も考えずオートで撮っていたので、屋内の写真は手振れで全滅。綺麗に撮れたのは、数える程でした。

当時は屋内でも綺麗に撮れる、明るい単焦点レンズがあるなんて知りませんでした。

手振れだらけの残念な失敗写真を、”ペットロス”な気持ちで見返したので、本当に後悔しました。「もっと綺麗に撮りたかったなぁ」と、強く思いました。

綺麗な写真を残したい

IMG_2148

D40 / AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II

綺麗な写真を残したい

私のカメラ機材に拘るきっかけはこれです。

今という、かけがえのない瞬間を、綺麗に残したい。

富士フイルムのカメラを使い出して、ようやく機材には満足するようになりました!

これからはどう撮るか、です。勉強しよう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Pocket

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です