Bowers & Wilkins(B&W)のAirPlayスピーカー、A5のレビュー

Apple製品から音楽を高品質のままスピーカーにワイヤレスで送る、AirPlayという技術。

そのAirPlayに対応したスピーカーは、便利でありながらもBluetooth接続のものと比べて高音質なことが特徴です。

今回紹介するスピーカー、Bowers & Wilkins A5は、老舗オーディオブランドの高級な逸品。音の良さもさることながら、工業製品としてのデザインにも長けています。

Bowers & Wilkins A5の外観

非常にシンプルでミニマルなデザインのBowers & Wilkins A5。サイズは幅300×高さ180×奥行き120mmと、コンパクトなサイズ感。

同社のMM-1にもそっくりな見た目です。

使用感

はじめのセットアップはB&W専用のアプリがあるので、手順に従って行います。

セットアップが終わると、あとはiOSデバイス、MacからAirPlayで音楽を再生するだけです。

何の問題もなく、はじめからそこにあったかのように馴染む使用感です。

サウンド

A5のサウンドは、一体型のコンパクトスピーカーとは思えないほどの高解像度さ。データの欠損がないAirPlayなだけあり、とてもピュアな音が聞けます。

低音は量感が少なく締まっています。同社のZ2が緩めで量感のある低音なのと比べると差があります。

生音、アコースティック系のサウンドや、声が素晴らしく生々しい音で再生されます。スケールが大きい音楽は苦手かもしれません。

総じて、コストに見合うパフォーマンスのスピーカーです。

スペック

  • 25mm ノーチラスチューブツイーター アルミ
  • 100mm ミッド/ウーハー グラスファイバー(MM-1と同様)
  • アンプはクラスDのバイアンプ合計80W
  • バスレフポート Flowport
  • サイズ幅300×高さ180×奥行き120mm
  • 重量3.6kg
  • AUX入力(3.5mm)
  • 有線LAN入力

まとめ

Bowers & Wilkinsの一体型スピーカーは、Zeppelinから始まり、Zeppelin Mini、そしてこのA5などがあります。私も一通り使ってみましたが、どれを選んでもルックス・音のバランスが大変優れています。

A5は、サイズから考えられないほどの本格的な音がするスピーカーです。Bluetooth接続のものと比べても圧倒的なクリーンかつピュアな音は、きっと気にいるはずです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です