2021年、買ってよかったものベスト10!

気がつけば今年も12月。12月といえば、今年買ってよかったものをブログに書ける季節です。

今年は私にとって、人生で一番お金を使った年だったので、ベスト10を何にするかかなり迷いました。迷いましたって書いたらもう決めてるみたいですけど、まだ何も考えてません。今から考えます。

ということで今年の買ってよかったものベスト10です。

10位 DELL U4021QW

10位はデルのウルトラワイドディスプレイU4021QWです。

私はiMac 27インチを手放してからディスプレイ・ジプシー状態でした。人知れず、DELL U2720QW、DELL U3219Q、LG UltraFine 5Kと買い換えていました。

前者2つは色域の狭さが気になり、UltraFineは先にDELLを使ったせいでベゼルとグレア液晶の反射が気になってしまいました。

最終的に買ったのがこのU4021QWです。40インチ5K2Kの広大な画面、P3 Display対応の広い色域、低反射なアンチグレアが手に入りました。

サイズ
U2720QM惜しい普通5万
U3219QM惜しいおっきぃ10万
UltraFine 5K良い普通15万
U4021QW良いクソデカ20万

↑わかりやすい比較表↑

画素密度と60Hzのリフレッシュレートに不満があるので、なんかの弾みでPro Display XDRが手に入ったり、次のiMac 27がそれと同等の映像美を持つものなら乗り換えたいという気持ちです。

9位 Apple AirPods 3

今年出たばかりのノイキャン非対応インナーイヤー型イヤホン、AirPods 3です。

AppleのAirPodsシリーズは全て使ってきましたが、このAirPods 3が私にとって最高でした。

初代AirPodsは縦に長いバッテリー部、AirPods Proはカナル型、AirPods Maxは装着感と重さ、という個人的に気になる点がありましたが、AirPods 3はほぼ完璧です。

ダメなところ
AirPods初代うどんわすれた
AirPods Proカナル3万くらい
AirPods Max重すぎ(380g)7万弱
AirPods 3特になし2万数千円

↑主観↑

若干、装着感の面で初代に劣る(耳に圧がかかる)と個人的には感じますが、音もかなり良く、他のAirPodsは全て使わなくなる程度に買ってよかったです。

8位 Universal Audio Apollo Twin X

8位はオーディオインターフェースの、Apollo Twin X

今年はオーディオインターフェースをいくつか試しました。

メーカー良いとこメインの価格帯
Audient単機能で質が良い1万円〜
Antelope高機能で安価6万円〜
Universal Audio安定感あり8万円〜

どのオーディオインターフェースもメリットとデメリットがありましたが、これから長く付き合うなら、Universal AudioのApolloシリーズが無難そうでした。

その理由は、UAD-2プラグインのライセンスの扱い、音質、動作の安定性といった重要な要素が「信頼できる」という感じ。

7位 Genelec 8010A

7位はモニタースピーカーです。

透明感の高い、非常に信頼できる正確な音を出してくれます。

小型なので、ある程度の低音からはスッパリ切ってある印象を受けますが、デスクで、ニアフィールド(スピーカーと近いってこと)で使うならこれくらいが丁度良い塩梅だと思います。

これを持っておくことで、自分の中で音についての一定の評価軸が出来るので買ってよかったです。

6位 Shure SM7B

6位はマイクです。Shure SM7B。

Shure SM7Bは、ダイナミック型では最高峰の一つに挙げられるマイクで、音を聞けばその理由がわかります。特に人の声は、バランスが良く、聞きやすい、完璧という単語が浮かぶような音で録れます。

感覚的に説明すると、他のダイナミック型マイクで録ると、棘があるというか荒いというかそういう印象を受ける部分がしっかり丸い感じです。

買ってよかったです。

今年はマイクも10種類くらいは試した記憶があります。

このSM7BとマイクアームのRode PSA-1を組み合わせてる人は多いと思うけど、そのまま使うとXLR端子がアームに干渉して満足に動かせないはず。

なので、この赤丸のとこのパーツ(Shure A26X)を追加購入するのをおすすめしたい。

これがあることでかなり自由に動かせるようになるから。まじおすすめ。

5位 HHKB Hybrid Type-S

キーボード。HHKB。

これはかなり特殊、特別なキーボードで、10年、20年と使い続けることができる耐久性を持つ、いわば人生を共にできるアイテムです。

昔10年ほどHHKBを使い続けていてMacに移るのを機にしばらくMagic Keyboardを愛用していたのですが、結局、ここに帰ってきた感じです。

キーボードの種類良いところ悪いところ
HHKBHHKBHHKB
HHKB以外HHKBじゃないHHKBじゃないの

4位 MacBook Pro 14インチ

4位は、MacBook Pro 14インチです。

8コアのM1 Pro搭載モデルで、SSD1TBの安価な方のモデルです。261,800円。

久しぶりにApple製品で大興奮しています。

私は今年、iPhoneやApple Watchも最新モデルにしたのですが、それらは順当なアップグレードで、特になんとも思わなかったのですが、このMacBook Pro 14は違いました。

デザインから全てが一新されたので、見て感動、触って感動です。

入出力端子が足りないとか不要なタッチバーの存在といった不満点も悉く潰されています。

もちろん処理能力・スピーカーにヘッドホン出力、液晶なども大きくスペックアップ。

文句の付けようがないほど、本当に素晴らしい製品になっています。

個人的に一番良かったのは、M1の時には出来なかった5K2Kディスプレイで3840×1620のスケーリング解像度表示が出来る事。

買ってよかった。

3位 ゲーミングPC

3位はゲーミングPC

息子と2台並べて、同じゲームを楽しんでいます。これがもう、本当に楽しくて。

ゲームを通じて息子を尊敬できたり、成長も感じられるのが本当に嬉しい。

買ってよかった。

リビングにも置いたので、今は計3つゲーミングPCがありますね…。

2位 ソファ

2位はソファです。

家族の憩いの場になっています。これはもう、シンプルに買ってよかった。

1位 家

1位は

今年の2月から住みはじめたのですが、季節問わず快適に過ごせています。12月の今も、エアコンを動かすことなく、生活スペースが20度を下回ることが無いです。

前に住んでいた家が、築50年の木造一戸建てだったため、今思うとキャンプ生活に近かったような気がします。外より寒いなんてこともありましたし、冬は全員風邪を引いて、しかも拗らせてましたからね…。

今年は、家族が健康的に過ごせる家が手に入って幸せです。本当に買ってよかった。

まとめ 理想のものは無いけども

今年は本当にいっぱい買いました。

しかも自分の中ではあまり妥協なく選んだ製品が多く、物欲に関してかなり満足できた1年でした。

とはいえ、ただ物を揃えただけではいたずらに自分の感覚を刺激するだけなので、これから先は何か志を持って使いこなしていければと考えています。

どちらにしても、物を買いすぎてお金が無いので、来年は仮想通貨で一発当てたい所存です。(大暴落中)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です