AirPods 長期使用レビュー!EarPodsから乗り換えるならこれしかない。

Appleが出している唯一の完全ワイヤレスイヤホン、AirPods。購入してから1年以上使っていますが、もはや無くてはならないものの一つになりました。

AirPodsへEarPodsから乗り換えてみて、どういった点が良かったか、またはそうでなかったか。レビューします。

AirPodsは、EarPodsからの乗り換えがストレスフリー

AirPodsの良いところを一言で言うと、iPhone標準のEarPodsからの乗り換えがストレスフリーだということです。

ストレスフリーだと言えるのには、いくつかの理由があります。

AirPodsは、インナーイヤー型イヤホン

左:インナーイヤー型 右:カナル型

この記事を見ている多くの方がEarPodsのユーザーだと思いますが、中でもカナル型イヤホン(耳栓タイプのイヤホン)が苦手な方も少なくないと思います。ですがいまや、市場に出回るイヤホンの多くがカナル型です。

そんな中、EarPods、そしてAirPodsはインナーイヤー型と呼ばれる耳にひっかけて使うタイプのイヤホンです。

インナーイヤー型は、外の音が入りやすいという欠点はありますが、耳に負担が掛からない、あるきながらでも自分の足音が気にならない、など利点もあります。

いずれにしても、あなたが普段使っているイヤホンがEarPodsなら、AirPodsに乗り換えてもインナーイヤー型/カナル型の違いから感じるストレスはありません

AirPodsは、ペアリングが簡単

一般的なワイヤレスイヤホンは、iPhoneとBluetoothでペアリングする際に少し面倒な作業が必要になります。たとえば、iPhoneのBluetoothメニューを開き、Bluetoothボタンを長押ししてペアリングモードにして…、などです。

AirPodsのペアリングは、iPhoneの近くでケースを開き、指示に従うだけです。これ以上ないほどのストレスフリーです。EarPodsを使う際に、iPhoneに挿すという手順と変わりないほどに。

AirPodsは、使用感がストレスフリー

一度ペアリングをしたiPhoneとAirPodsは、これまた最高に使い心地が良いです。

iPhoneを使いながら、ふとイヤホンで聞きたくなったら、ただ耳に装着するだけでOK。一瞬で再生がスピーカーからAirPodsに切り替わります。

逆に耳から外して聞くのをやめたら、その時点でiPhoneのスピーカーに切り替わります

あ、もちろん動画は止まりますし、外した瞬間にiPhoneのスピーカーから爆音、なんてことは無いのでご安心を。

こういったiPhoneとの密な連携によるストレスフリーさは、AirPods以外のワイヤレスイヤホンでは味わえません

AirPodsは、音質もストレスフリー

AirPodsの音質は、とてもバランスが良く、どれだけ長く聞いても嫌になったりしません

EarPodsに似た傾向の音です。世界中で最も標準的な音と言っても過言でないと思います。

世の中には「良い音」を追求したいマニアがいます。実は私もそうでした。

そういうマニアな聞き方をすると、もしかするとAirPodsの音質は物足りない、かもしれません。ですが、実はこの物足りないくらいが、長く使うのに適した音質だったりします。

AirPodsは、無線でストレスフリー

AirPodsは無線でストレスフリーです。ですが、ただ無線なだけじゃないというのが本当にストレスフリーの理由です。

たとえばEarPodsから他社の無線のイヤホンに乗り換えると、少なからず新しいストレスもついてきます。たとえばカナル型だったり、ペアリングが面倒だったり、音質がEarPodsと違う傾向だったり…。

AirPodsは、EarPodsの良さに加えて、ただ単純に無線のストレスフリーさだけを得ることができる唯一のイヤホンです。

AirPodsは、洗濯しても壊れない?

私は以前誤ってAirPodsを洗濯機で洗濯してしまいました。にもかかわらず、修理することなく今も使えています。

実は一度音が小さくなってしまい故障を疑ったのですが、自然と直ってしまいました。なのでかなりの防水性能、耐久性があるように思います。

AirPodsを洗濯した時の話はこちら

AirPodsで物足りないのは、ノイズキャンセリングか?

AirPodsには、最近の流行のノイズキャンセリング機能はありません。本体の形状もインナーイヤー型なので、外のノイズはほぼそのまま聞こえます。そのためうるさい場所では全く聞こえません。

うるさい場所では使えない、というのは弱点といえば弱点です。

同じ理由で、AirPodsは耳栓代わりにイヤホンを使いたい人にも向いていません

そういう場所でも使いたいなら、BOSE QC35をはじめとした高性能なノイズキャンセリング・ヘッドホンがおすすめです。私も使っていますが、たとえばコワーキングスペースで集中したいとき、航空機や新幹線での騒音ストレスを軽減したいときにとても有効です。

BOSE QC35のレビューはこちら

まとめ iPhoneユーザーなら、AirPodsは持っておくべき逸品

ということで、1年以上使っているAirPodsについて書いてみました。

とにかくストレスフリーです。有線LANに比べて、無線LANばり便利と歌いたくなるほどの便利さです。

線が邪魔じゃなくなりつつ、使い勝手も完璧です。2万円弱という価格から、気軽には買えない製品だとは思うのですが、それでもおすすめしたい逸品です。

ここまで読んで、もしAirPodsの購入に迷っているなら…、とりあえずポチっちゃいましょうApple公式で買えば、どうしても生活スタイルに合わなくて気に入らない場合、2週間以内なら無条件で返品できますよ。

どうせなら、Apple製品揃えてみません?

気が付けば増えるApple製品。一通り揃えた結果、こうなりました。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です