2018年、買って良かったものベスト10!

こんばんは!シュンスケです。

2018年もあとわずかですね。今年も思えばアレコレと買い物しました!

今回は私が心から今年買って良かった〜と思うものを、5つのジャンルから10個紹介させてください!

カメラバッグ

まずはカメラバッグです。今年買って良かったのはこの2つ。

ONA Leather Clifton

ONA Leather Clifton。(オーナ、クリフトン)

お気に入りのONAっていうブランドの、カメラ用のバックパックです。

オールブラックで、しっかりした厚みの革で、内部もカメラをバッチリ守ってくれる信頼できるクッション付き。

革の質感や手触りも最高です。その分重いけど、そこはバックパックなので軽く感じますし安心です。

お気に入りすぎて、最近はこればかり使ってます。2〜3泊くらいの旅行でも、このバックパックに着替えからカメラやレンズまで全部詰め込んでます。

冬は、バックパックがあると背中が暖かいのも助かる。買って良かった〜!

ONA Bond Street

同じくONAのカメラバッグ、ONA The Leather Bond Street。こちらはかなり小型のショルダーバッグです。

今年はこれにX-Pro2を入れてお出掛けするパターンが多かったです。

革の品質も、使い勝手も、Xシリーズにぴったりのサイズ感も満足できるバッグです。

ファッション

今年後半はファッションに興味が出ました。お気に入りの小物を紹介します。

ホワイトハウスコックスのベルト

今思うと「革製品が好きなのになんでベルトはユニクロなんだろう?」と疑問を持った事が、ファッションへの入り口だったように思います。

品質の良さそうなベルトをネットで調べて買ったのがこのホワイトハウスコックスのベルトです。

ホワイトハウスコックスはイギリスで手作りで作られる有名な老舗のブランドなんですけど、有名だろうがそうでなかろうが、やっぱり良いものは良いですね。

以前使っていたユニクロのベルトと比べると、細部まで手作業でしっかりと作ってあるのが分かります。特に1枚革だとわかる剣先にはうっとり。

ベルトは常に身につける事ができるので、多少高くても無料な感じで、買って良かったです。

イノウエブラザーズのマフラー

デザインの国デンマークに生まれた日本人兄弟が興したブランドで、最高品質のアルパカの毛を使ったファッションが売りのイノウエブラザーズ。

肌の色で差別を受けて育ったという彼らは、同じく不利な立場に居たアルパカの毛の生産者の生活達を助けたい思いが強く、そのために奮闘しているとのこと。

興味深いのは、そういうお涙頂戴フェアトレードだけで終わらないところですね。あくまでイノウエブラザーズの製品は最高品質で、かつ手が届く価格を目指しているらしい。

ファッションで、全員を幸せにしたいらしいです。なんか良いよなーって思っちゃいますね。

私が買ったのは3万円のマフラー。マフラーに3万円は、ちょっと意味が分からないけど、買ってみました。

似たようなマフラーはあれど、よく見ると全然品質が違う。正直、大好きです。

ギター

今年は念願の良いギターを手に入れました。2本紹介します!

Baby Taylor BT2

テイラーのミニギター、Baby Taylor BT2です。

リビングに置いて、いつでも気軽に弾いて楽しんでいます。

ミニギターとはいえ、精密な機械で作られるテイラー製。音程の狂いもなく、弾きやすいギターです。さらに小さいギターならではの独特の素朴さがあってたまらないです。買って良かった!

Taylor 314ce

同じくテイラーのギター、314ceです。こちらはグランドオーディトリアム(GA)サイズという、テイラーのギターで一番人気のボディシェイプ(形状)。

エレアコ(アンプにつなげるアコースティックギター)ながら、とにかく音が良くて、一度弾き始めるといつの間にか夜になるほどに気持ちいいギターです。

これも買って良かった!

カメラ

自称カメラブロガーなので、カメラは外せません。今年買ったカメラは富士フイルムばかり6台なのですが、その中から2台を選びました。

FUJIFILM X-H1

FUJIFILM X-H1。今年3月発売のカメラです。

5段のボディ内手ぶれ補正と持ちやすい大型グリップ、従来の2倍の強度を誇るボディを備えたフラッグシップモデル(かっこいい〜)です。

最高級のズームレンズ、XF16-55mmのために作られたボディなのでは?という感じくらいにマッチします。うーん、最高。

X-H1はストロボを使ったブツ撮りや、失敗したくない、ここぞという撮影にも頼れるカメラです。買って良かった!

今ならキャッシュバックもあるしオススメ!

FUJIFILM X-T3

9月発売のX-T3も、X-H1と同じくらいお気に入りです。

第4世代のX-Trans CMOSは素晴らしい出来で、高速なAF、シリーズ最高の動画性能を持っています。絵作りも余裕すら感じる綺麗さに進化している印象です。それでいて価格はこれまでよりも安価。

買ってよかったし、みんなにもオススメしたいカメラです。

時短家電

今年2人目の子供が生まれたので、時短家電に感謝、感謝の1年でした。

その時短家電の中でも、これを買えば家庭内のストレスも減って、より平和になるんじゃないかと思えるのがこの2台です。

シャープ ヘルシオホットクック、調理家電

 

シャープから、ヘルシオホットクックです。

ホットクックは、材料を切って入れてボタンを押すだけで料理が出来上がるという、ドラえもんの道具見たいな家電です。

普通の料理は火を使うので、赤ちゃんのおむつ変えたりしてるうちに焦がした〜(てんやわんや)みたいなことが起きがちですけど、ホットクックだと完全放置で自由時間になります。身も心も自由です。

そして、ホットクックは、野菜がうまい。

基本、水を使わない無水調理なので、野菜のうまみや甘みが閉じ込められまくりなんですよ。

カレーにしても、野菜の甘みがあまりに旨くて、狂ったように食べてしまいます。野菜には中毒になるような麻薬成分が入っているとしか思えません…。人類は本当に野菜を食べてしまっても良いんでしょうか…?そんな不安になるくらいに美味い。買って良かった。

パナソニック NP-TH1、食洗機

パナソニックの食洗機、NP-TH1です。

今までなぜこれを買わずに生きてこれたのか?不思議なほどです。

この食洗機は、食器を完璧に洗ってくれます。手洗いの時みたく、食器をコスったりしないので、痛まないし、割れません。

食器の手洗い用洗剤は、人間の手に触れるため、食器洗いだけに最適化されたものは使えませんよね。でも、食洗機専用の洗剤は食器がちゃんと綺麗になる思い切った成分を使うことができます。なので、食器が本当に、完璧にピカピカになります。最高なんです。

そして何と言っても、時短です。毎日毎日食器洗いのために台所に立つ時間って、人生の無駄じゃないですか?冬だと手荒れも激しくなるし…。

「食器洗い大好き!一生洗ってられる!」って人は居ないと思います。

物事は適材適所。なんでもそれが得意な人に任せるべきです。食器洗いは、食洗機に任せた方がみんな幸せです。

食洗機を買うのは、たったの数万円で、今後何年間も、何百何千何万枚の食器を文句ひとつ言わず洗ってくれる人を雇うのと同じです。もしまだお持ちじゃない人がいたら今すぐ買うべきです。早く買えば買うほどお得ですから。

まとめ

以上、2018年の買って良かったもの10個でした!

家族が増えた今年は、時短家電のありがたみをひしひしと感じました。こういったものを世に出してくださる方には感謝しかないですね…。来年には自動で洗濯物を畳む家電や、自動で稼いでくれる家電なんかが出たら良いなーと思ってます。

それにしても1年が経つのは早いですね!風邪など引かれませんように、鼻呼吸テープを使ったりしてどうぞ元気で新しい年をお迎えください!

2018年買って失敗したもの

こっそり発表します。

Yashica Y35

クラファンで買ってしまったカメラ。というかトイカメラ。

届いたら不良品だし、うわー騙されたっていうのが正直な感想でした。

最近もちょくちょくクラファンで売ってるけど、おすすめはできないです。

Yashica Y35レビュー

投稿者プロフィール

シュンスケ自称写真家
熊本在住。お気に入りの富士フイルムのカメラで、息子の写真を撮っています。

詳しいプロフィールはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でシュンスケ@Cola Blogをフォローしよう!

お好みのカメラの記事へ: X-H1 / X-T3 / X-T2 / X-Pro2 / X100F / XF10

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です