胸熱カメラ、X100Fの開封レビューとファーストインプレッション!

Pocket

こんばんは。Shunsukeです。

本日、富士フイルムのX100Fが届きました。

もともと期待していたカメラだったのですが、実際に手に入れると想像以上の出来でした。

ざっくりとしたファーストインプレッションと開封レビューです。

開封から…

黒箱です。

中にはXの文字が彫ってある白箱です。

保証書等があり、中身です。

付属品は右からストラップ、電源ケーブル、充電器、USBケーブル、バッテリー、三角環などです。

おお…。

中身

まだ出してませんw

取り出してみました。底部にシリアルのシールが無くてスッキリ…。

手に持ってみた。500g弱あるので、結構ずっしり。

レンズには絞り環と、フォーカス/デジタルテレコン兼用のリング。

フォーカスモードの選択は側面で。

前から。ああ、ほんとこのルックス好きです…。

背面。スッキリしとる…。

使用感

ほんの数時間の使用ですが、使って気づいた点を簡単に羅列します。

ファインダー

X100Fは、ファインダーを3通りの表示に切り替えることができます。ひとつは素通しのOVF、もうひとつはEVF、そして独自のERFというOVFの右下にEVFの小窓を表示するモードです。

素通しのファインダーは明るく、広く、実に良く相手が見えて思わずニヤけてしまうほどの楽しさです。

逆にEVFは、X-T2のような有機ELじゃなく液晶だからなのか、眩しいわりに黒が潰れているような見難さを感じました。

ERFは、おそらく便利なのでしょうけどまだ使っていません。

いまのところ好みなのは、圧倒的に素通しのOVFの方です。

フォーカスレバー

ファインダーを覗きながら、ダイレクト・直感的にAFポイントを動かすことができるフォーカスレバー。

X-T2やX-Pro2を使っている人の多くが「一度フォーカスレバーに慣れると戻れない」と感じておられると思うのですが、私もその一人です。実際、X-T2のフォーカスレバーに慣れると、それが付いていないカメラの使用頻度が減りました。

X100Fにはこのフォーカスレバーが存在します。そして意外にも、素通しのOVFとの相性も悪くない印象です。

ISO/シャッタースピードダイヤル

X-Pro2にも採用された、ISO/シャッタースピードが兼用のダイヤルです。美しいパーツです。ただ、個人的には持ち上げて回すのは、少し難しく感じました。X-T2のような独立したダイヤルの方がやはり操作は楽ですね。

ボタンレイアウト

右手だけで操作できるようなボタンとダイヤルレイアウトのX100F。これがとにかく快適で、プレビューボタンもすぐ押せてすごく便利です。

AF

AFは、最新のボディに、7年前のレンズを付けたものにしては高速だと思います。例えるなら、X-T2とXF35F1.4の組み合わせに近く、それよりも高速というくらいのスピードです。

動画モード

動画はドライブモードから動画モードを選び、シャッターボタンを押すことで録画が開始されるようになりました。動画はフルHDまでで4Kには対応していませんが、X-T2と比べても負けていないほど非常に綺麗に撮れます。

ただ、AFがすぐ外れるのと、あと気になったのは内蔵マイクの録音レベルが高いのか音声が割れやすく感じました。

バッテリー

X100Fのバッテリーは、Xマウントのミラーレスとも互換性のあるNP-W126Sが採用されています。これでX-T2やX-Pro2のサブカメラとしてX100Fを持つ理由が増えました。なお、X100FはUSBでの充電にも対応しています。

写真画質

X100F, F2, VELVIA

写真の画質が、良い意味で一番驚きました。

F2開放の写りが独特で美しく、魅力的です。

X100F, F2, PRO Neg.Std ブレてもピント合ってなくても可愛い…。

同じ画角とF値である、XF23mmF2と比べるとまったく違います。XF23mmF2は癖がなく、AFも高速で、失敗もなく、淡々と仕事をする優等生的なレンズです。

対してX100Fは癖も強いのですが、実に立体的で、美しい印象です。

正直なところ、圧倒的にX100Fが好みです。

X100F, F4, PROVIA

少し絞れば、近くもクッキリ。

X100F, F8, VELVIA

お外で撮っても、近くから遠くまで精細に写ります。

X100F, F2, ACROS

ISO6400。酔っ払ってバーで撮っても良い感じです。(撮影N氏)

まとめ

ということでX100Fを手にした初日のインプレッションでした。

できるだけ冷静に書こうと務めましたが、X100F、完全に惚れました。

X100Fは本当に独特の世界感を持ってます。

素通しのファインダーを覗いて、どのカメラよりも高速なレリーズタイムラグ0.01秒のシャッターを切る。それで息を飲むような写真が撮れる。

しかも、そんなカメラをいつものバッグに入れて肌身離さず持ち運べるワケです。最高だ!!

これまでX100シリーズを知らずにフジ信者名乗ってましたが、ちょっと甘かったですね。

X100F購入で迷っておられるなら…、これは早く買って楽しむべきカメラです。

ブラックもかっこいいよなぁ…。

Pocket

おすすめ関連記事

胸熱カメラ、X100Fの開封レビューとファーストインプレッション!” に対して 2 件のコメントがあります

  1. Damsel より:

    X100Fご購入
    おめでとうございます!

    先日
    ひと粒 ¥50の スーパーの棚のチョコレートと
    ひと粒 ¥500の 六本木のジャンポール・エヴァンのチョコレート
    食べ比べてみましたが  
    ?  でした。
    思うに
    ライカM10とX100Fも似たようなものだと思います。

    X100F
    私も 完全に惚れました。

    1. Shunsuke より:

      Damselさん、ありがとうございます!

      ?っていうの良いですね!
      似たようなもの…過去にライカで防湿庫を埋めていたDamselさんが言うと違います。

      惚れましたかー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です