Peak Design エブリデイバックパック 20Lのレビュー!

Pocket

こんばんは。Shunsukeです。

Peak Design EVERYDAY BACKPACK 20Lが届いたのでレビューします!

Peak Designとは?

Peak Designはクラウドファンディング、Kicksterterで大成功したカメラアクセサリー専門のメーカーです。

Peak Designの最初の商品「Capture Pro」が、スキーをしながら写真を撮りたいという創業者の目的で発明されたものからも分かるように、同社は基本、アウトドアでカメラを使うことを想定しており、便利で素早く撮れるようなアイテムが揃っています。

Peak Designの新しいバッグ

そんなPeak Designが今年夏、新しく複数のカメラバッグを作ると発表しました。

2つのサイズのバックパック、トートバッグ、スリングの計4種類です。

丁度カメラバッグ難民だった私も買ってみることにしました。選んだのは小さい方の容量20Lのバックパックです。

EVERYDAY BACKPACK 20L

dscf1025

ということで届きました!むちゃくちゃ造りがいいです。すべての素材は耐水性があり、厚みもあり、とにかく丈夫な印象です。

dscf1335

EVERYDAY BACKPACK(右)を、いままで愛用していた、INCASE CITY COMPACT BACKPACK(左)と比べてみました。正面から見ると似た感じのサイズです。

dscf1337

厚みは全然違います。

dscf1035

EVERYDAY BACKPACKの大きな特徴は、両サイドが開くということ。

dscf1002

間仕切りの素材は3つあり…。

dscf1003

それぞれ3つに仕切ることができます。

dscf1038

開いたサイドにはジッパーがあり、開けると内ポケットがたくさん。SDカード、バッテリーや小物を入れることができます。

dscf1006

両サイドのジッパーには…。

dscf1008

ループを固定することができ、盗難対策が可能。

dscf1018

三脚も、

dscf1326

左右どちらでも、ストラップでしっかり固定できます。

dscf1012

上から開くと一番上の部屋にアクセスできます。

dscf1015

留め具の位置で、容量を最大8リットル拡張可能。こちらは最大の状態。

dscf1016

最小の状態です。

dscf1010

背面にはMacbook(15インチまで)、iPadなどを入れる場所が用意されています。

EVERYDAY BACKPACK 20Lには、実際にどれくらい入るのか?

dscf1334

私の持っているカメラ(富士フイルムのミラーレス)を入れてみます。

dscf1338

左から、

  • 望遠ズームレンズ XF50-140mm F2.8
  • 広角ズームレンズ XF10-24mm F4
  • 標準ズームレンズ XF16-55mm F2.8 + X-T2

dscf1340

反対側には、

  • ストロボ ニッシン i4
  • 単焦点レンズ XF35mmF2

dscf1341

さらに仕切りを利用して、

  • コンデジ X70

も入れました。

dscf1018

さらに、

  • 三脚 Manfrotto BeFree
  • Macbook Pro Retina 13
  • タブレット iPad Pro 9.7
  • その他小物

などなどを追加。

8Lの拡張が可能なので、これに加えて小型三脚を追加したり、カメラボディとストロボの予備を入れることもできました。

ミラーレスを使うのなら20Lの容量で十分、という印象です。

EVERYDAY BACKPACK 20Lの使用感は?

dscf1259

Peak DesignのストラップSlide Liteも超便利。

短時間ですが、上記の物を入れてEVERYDAY BACKPACK 20Lを外に持ち出してみました。

さすがよくできたバックパックです。重い(8〜9kgくらい?)荷物にもかかわらず、背負ってタイトにストラップの長さを調整すれば、重さはほとんど気になりません。その調整もただ引っ張るだけ。

レンズなど内容物の取り出しについても、ジッパーも滑らかで非常にスムーズにできました。

特にこのEVERYDAY BACKPACKらしい使い方といえば、ストラップを片方の肩に掛けたまま、メッセンジャータイプのバッグのように体の前にバッグを持ってきて、そのままレンズ交換というスタイルです。が、これは個人的には重くて大変でした。要練習ですね。

いまのところ不満という不満はありませんが、唯一不安なのはサイドのジッパーを閉め忘れたら中身落ちそう…、というもの。これはバッグというよりは個人的な問題なので気を付けようと思います。

まとめ 外に持ち出したいカメラバッグ

dscf0944-1

Peak Designの最新のプロダクトなだけあって、至れり尽くせりの内容でした。もはや使いやすいを通り越して、使うのが楽しい、気持ちいいカメラバッグです。デザインや質感も非常に美しく、所有欲を満たしてくれます。

私はこれまで、あまりカメラを外に持ち出す気がしなかったのですが、このバッグなら外に持ち出したくなります。今からでも外に行きたくてうずうずしてしまいます(夜)。

これからどうやって使い倒してやろうかな〜!

フォトウォークで使ってみました!

一日中背負ってみました。丈夫で頼りになるバックパックでした。超気に入りました!

複数人で写真を撮り歩くツアー「フォトウォーク」なるものに参加してみた!
こんばんは。Shunsukeです。こないだですねー、富士フイルムのイベントに出たんですけど、そこで知ったんですよ。フォトウォークという単語を。それで家に帰って「フォトウォーク」ってググったら、私の地元熊本で近々開催されるものがあったので参加してみました。...

スリングも追加購入

気に入りすぎて斜め掛けのスリングも追加購入しました。これに、X-T2とXF10-24、XF16-55、XF50-140が収まります!便利。

投稿者プロフィール

Shunsuke自称パパカメラマン
自称写真家。30代。熊本在住。お気に入りの富士フイルムのカメラで、3歳の息子を撮って遊んでる。カメラの他は、ギター、ゴルフ、あとブログが趣味。

詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です