Macbook Pro Retinaの分解清掃をしてみた!

Pocket

こんにちは。Shunsukeです。

最近私のMacbookがやたらと熱を持つ気がする…。

ってことで、Macbook Pro Retina (Late 2013)の分解と清掃をしてみました!

途中でホコリ画像が出てくるので、お食事中の方は注意!

分解には、Macbook Pro/Air専用のドライバーが必要

dscf0137

Macbook Proの背面のネジを見ると、星型のトルクスネジってやつに見えます。でもこれ、iPhoneとかと共通のやつかと思いきや、なんとMacbook Pro/Air専用の規格だそうです。

↑その専用規格、「ペンタローブ1.2mm」に対応したこのドライバーを購入してみました。レビューも高評価で作りが良さそうです。

↑200円くらいの安いドライバーもあるのですが、レビューを見ると、「すぐネジが舐める」とか書いてあってちょっと怖いので避けました…。

早速背面のネジを外す

dscf0138

おもむろにネジを外します。合計10箇所です。

超ちっさいネジなので無くさないようにしなきゃですね。

dscf0163

ちなみにネジは2種類あります。

背面の”Macbook Pro”の文字に近い2箇所が、短い方のネジです。

清掃前、ホコリ多め

dscf0143

遠目にはわかりにくいですね。

dscf0145

よく見ると、ホコリが溜まってます。

dscf0146

冷却ファンにもホコリが…。

綺麗にしたらよく冷えるかも?

dscf0142

蓋にもホコリあり。

ちなみにこの蓋、薄いので取り扱い注意です。指が切れそうになります。

清掃後

dscf0153

清掃してみました。

私の清掃方法は、臆することなく掃除機とスーパーはぼきを使ったり(←非推奨)、ブロワーでホコリを飛ばしたりしました。

dscf0155

1分くらいの簡単な清掃で、かなり綺麗になったと思います。

dscf0156

ファンもブロワーでホコリがブワッと出て、綺麗になりました。

※ファンは軸がぶれることがあるので、ブロワーやエアダスターの使用は特に注意が必要です。

dscf0154

蓋も綺麗になりました。

後はネジ留めして元どおりにするだけ!

まとめ

dscf0136

ってことでMacbook Pro Retina (Late 2013)の分解清掃でした!

清掃した結果、発熱が減ったかと言われると…ぜんぜん変わらない気が…。(えっ)

 

今回の分解での注意点としては、

  • 専用のドライバーが必要
  • ネジは長さが2種類ある
  • 蓋が薄くて指が切れそう
  • 精密機器なので可能な限り丁寧に…
  • 分解は自己責任で!ぶっ壊れても責任持てません。

という感じでしょうか。

 

最近熱持つなー、ファンの音うるさいなーって人は試して見るといいかも?(効果は保証できません。)

以上、参考になったら幸いです!

投稿者プロフィール

Shunsuke自称パパカメラマン
自称写真家。30代。熊本在住。お気に入りの富士フイルムのカメラで、3歳の息子を撮って遊んでる。カメラの他は、ギター、ゴルフ、あとブログが趣味。

詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です